2018年02月07日

「ランチタイム・スタディ」の第86問です。

「ランチタイム・スタディ」の主旨については、10月1日の佐藤塾ブログの『「ランチタイム・スタディ2017」開始のお知らせ(ブログの記事のご案内)』をご覧ください。



さて、86問目は、選択式の国民年金法です。

正答率31%の問題で、難問です。

※約3人に1人が正解している問題です。



<問題( 選択式 国年 E )>

国民年金法第107条第1項では、厚生労働大臣は、必要があると認めるときは、受給権者に対して、その者の E その他受給権の消滅、年金額の改定若しくは支給の停止に係る事項に関する書類その他の物件を提出すべきことを命じ、又は当該職員をしてこれらの事項に関し受給権者に質問させることができると規定している。


-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step1 次の選択肢の中から答を選んでください。

⑪ 資産若しくは収入の状態
⑱ 届出事項の変更若しくは受給資格の変更
⑲ 被扶養者の状況、生計維持関係
⑳ 身分関係、障害の状態



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step2 正解は・・・



⑳ 身分関係、障害の状態 (法107条1項)



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step3 コメント

・選択式の国民年金法のEは、受給権者に関する調査に関する問題でした。細かい規定からの出題でしたので正答率は低く、「⑱届出事項の変更若しくは受給資格の変更」、「⑲被扶養者の状況、生計維持関係」を選んだ人が多く見受けられました。同様の規定は厚生年金保険法にもありますし、平成24年の択一式でも出題されていますので、今後、出題されたときには、正解できるようにしておきましょう。



明日もがんばりましょう。




コメントする

名前
URL
 
  絵文字