2018年02月06日

「ランチタイム・スタディ」の第85問です。

「ランチタイム・スタディ」の主旨については、10月1日の佐藤塾ブログの『「ランチタイム・スタディ2017」開始のお知らせ(ブログの記事のご案内)』をご覧ください。


さて、85問目は、択一式の国民年金法です。

正答率33%の問題で、難問です。

※難問とは、合格者でも正答率が50%を割ってしまっている問題を指します。
※約3人に1人が正解している問題です。



<問題( 択一式 国年 問9)>

〔問〕 国民年金の給付に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

A 老齢基礎年金の支給を受けている者が平成29年2月27日に死亡した場合、未支給年金請求者は、死亡した者に支給すべき年金でまだその者に支給されていない同年1月分と2月分の年金を未支給年金として請求することができる。なお、死亡日前の直近の年金支払日において、当該受給権者に支払うべき年金で支払われていないものはないものとする。

B 障害等級3級の障害厚生年金の受給権者が65歳となり老齢基礎年金及び老齢厚生年金の受給権を取得した場合、この者は、障害等級3級の障害厚生年金と老齢基礎年金を併給して受けることを選択することができる。

C 夫婦ともに老齢基礎年金のみを受給していた世帯において、夫が死亡しその受給権が消滅したにもかかわらず、死亡した月の翌月以降の分として老齢基礎年金の過誤払が行われた場合、国民年金法第21条の2の規定により、死亡した夫と生計を同じくしていた妻に支払う老齢基礎年金の金額を当該過誤弘による返還金債権の金額に充当することができる。

D 遺族である子が2人で受給している遺族基礎年金において、1人が婚姻したことにより受給権が消滅したにもかかわらず、引き続き婚姻前と同額の遺族基礎年金が支払われた場合、国民年金法第21条の2の規定により、過誤払として、もう1人の遺族である子が受給する遺族基礎年金の支払金の金額を返還すべき年金額に充当することができる。

E 65歳に達したときに老齢基礎年金の受給資格を満たしていたが、裁定を受けていなかった68歳の夫が死亡した場合、生計を同じくしていた65歳の妻は、夫が受け取るはずであった老齢基礎年金を未支給年金として受給することができる。この場合、夫が受け取るはずであった老齢基礎年金は、妻自身の名で請求し、夫が65歳に達した日の属する月の翌月分から死亡月の分までの受け取るはずであった年金を受け取ることになる。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step1 正解は・・・


E


-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step2 解説

A  ☓ (法18条1項、3項、法19条) 死亡日が平成29年2月27日であるため、直近の年金支払日である平成29年2月15日には、既に平成28年12月分と平成29年1月分の年金が支払われている。したがって、本肢の場合、未支給年金として請求することができるのは、「2月分」のみである。

B ☓ (法20条、法附則9条の2の4) 受給権者の年齢にかかわらず、老齢基礎年金と障害厚生年金は併給されない。

C ☓ (法21条の2、則86条の2) 妻に支払う「老齢基礎年金」の金額を、当該過誤払による返還金債権の金額に充当することはできない。

D ☓ (法21条の2) 過誤払として、支払金の金額を返還すべき年金額に充当することができるのは、年金給付の受給権者が死亡したためその受給権が消滅したときだけである。本肢の場合は、「婚姻」による受給権の消滅であるため、過誤払による充当処理はできない。

E 〇 (法18条1項、法19条) 本肢のとおりである。死亡した夫が死亡前に裁定請求をしていない場合であっても、妻は、自己の名で、未支給年金を請求することができる。また、年金給付は、支給事由が生じた日の属する月の翌月から、その権利が消滅した日の属する月まで支給されるため、夫が65歳に達した日の属する月の翌月分から死亡月の分までの年金を受け取ることになる。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step3 コメント

・択一式の国民年金法の問9は、やや応用的な問題が多く、苦戦した方が多かったようです。A又はDを選んでいる方が多く見受けられましたが、Aは落ち着いて考えればわかるはずの問題です。DとEで最終的に迷った方が多かったのではないでしょうか。



明日もがんばりましょう。




コメントする

名前
 
  絵文字