2018年02月05日

「ランチタイム・スタディ」の第84問です。

「ランチタイム・スタディ」の主旨については、10月1日の佐藤塾ブログの『「ランチタイム・スタディ2017」開始のお知らせ(ブログの記事のご案内)』をご覧ください。


さて、84問目は、択一式の社会保険一般常識です。

正答率37%の問題で、難問です。

※難問とは、合格者でも正答率が50%を割ってしまっている問題を指します。
※正答率が4割を切っています。



<問題( 択一式 社一 問6)>

〔問〕 次の記述のうち、正しいものはどれか。

A 社会保険審査官は、人格が高潔であって、社会保障に関する識見を有し、かつ、法律又は社会保険に関する学識経験を有する者のうちから、厚生労働大臣が任命することとされている。

B 国民健康保険の保険料に関する処分の取消しの訴えは、当該処分についての審査請求に対する裁決を経た後でなければ、提起することができない。

C 介護保険法の要介護認定に関する処分に不服がある者は、都道府県知事に審査請求をすることができる。

D 社会保険審査会の審理は、原則として非公開とされる。ただし、当事者の申立があったときは、公開することができる。

E 全国社会保険労務士会連合会が行う試験事務に係る処分又はその不作為について不服がある者は、地方厚生局長又は都道府県労働局長に対して審査請求をすることができる。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step1 正解は・・・


B


-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step2 解説

A ☓ (社会保険審査官及び社会保険審査法2条) 社会保険審査官は、厚生労働省の職員のうちから、厚生労働大臣が命ずるものとされている。なお、社会保険審査会の委員長及び委員は、人格が高潔であって、社会保障に関する識見を有し、かつ、法律又は社会保険に関する学識経験を有する者のうちから、両議院の同意を得て、厚生労働大臣が任命する(同法22条1項)。

B 〇 (国民健康保険法103条) 本肢のとおりである。保険給付に関する処分(被保険者証の交付の請求又は返還に関する処分を含む)又は保険料その他この法律の規定による徴収金に関する処分の取消しの訴えは、当該処分についての審査請求に対する裁決を経た後でなければ、提起することができない。

C ☓ (介護保険法183条1項) 本肢の処分に不服がある者は、各都道府県に置かれる「介護保険審査会」に審査請求をすることができる。

D ☓ (社会保険審査官及び社会保険審査法37条) 社会保険審査会の審理は、「公開」しなければならない。但し、当事者の申立があったときは、公開しないことができる。

E ☓ (社会保険労務士法13条の2) 全国社会保険労務士会連合会が行う試験事務に係る処分又はその不作為について不服がある者は、「厚生労働大臣」に対して審査請求をすることができる。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step3 コメント

・択一式の社会保険一般常識の問6は、不服申立てに関するでした。AやDを解答した人が多く見受けられました。不服申立ては、各科目を横断してまとめておくと理解しやすいです。



明日もがんばりましょう。




コメントする

名前
URL
 
  絵文字