2018年01月31日

「ランチタイム・スタディ」の第81問です。

「ランチタイム・スタディ」の主旨については、10月1日の佐藤塾ブログの『「ランチタイム・スタディ2017」開始のお知らせ(ブログの記事のご案内)』をご覧ください。



さて、81問目は、択一式の健康保険法です。

正答率43%の問題で、難問です。

※難問とは、合格者でも正答率が50%を割ってしまっている問題を指します。


<問題( 択一式 健保 問3)>

〔問〕 給付に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

A 傷病手当金の額の算定において、原則として、傷病手当金の支給を始める日の属する月以前の直近の継続した12か月間の各月の標準報酬月額(被保険者が現に属する保険者等により定められたものに限る。)の平均額を用いるが、その12か月間において、被保険者が現に属する保険者が管掌する健康保険の任意継続被保険者である期間が含まれるときは、当該任意継続被保険者である期間の標準報酬月額も当該平均額の算定に用いることとしている。

B 被保険者が死亡したとき、被保険者の高額療養費の請求に関する権利は、被保険者の相続人が有するが、診療日の属する月の翌月の1日から2年を経過したときは、時効により消滅する。なお、診療費の自己負担分は、診療日の属する月に支払済みのものとする。

C 健康保険組合は、規約で定めるところにより、被保険者が保険医療機関又は保険薬局に支払った一部負担金の一部を付加給付として被保険者に払い戻すことができる。

D 被保険者の標準報酬月額が200,000円で被保険者及びその被扶養者がともに72歳の場合、同一の月に、被保険者がA病院で受けた外来療養による一部負担金が20,000円、被扶養者がB病院で受けた外来療養による一部負担金が10,000円であるとき、被保険者及び被扶養者の外来療養に係る高額療養費は18,000円となる。

E 保険医療機関又は保険薬局の指定は、病院若しくは診療所又は薬局の開設者の申請により、厚生労働大臣が行い、指定の日から起算して6年を経過したときは、その効力を失う。




-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step1 正解は・・・


D


-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step2 解説

A 〇 (法99条2項、則84条の2第5項) 本肢のとおりである。傷病手当金の額の算定においては、同一の保険者の任意継続被保険者である期間の標準報酬月額も含めて算定することとなる。

B 〇 (法193条1項、平21.4.30保保発0430001号、昭48.11.7保険発99号、庁保険発21号) 本肢のとおりである。高額療養費に関する時効の起算日は、診療を受けた月の翌月の1日である。なお、診療費の自己負担分を、診療月の翌月以後に支払ったときは、支払った日の翌日が起算日となる。

C 〇 (法53条、健康保険組合事業運営指針) 本肢のとおりである。保険者が健康保険組合である場合においては、法定の保険給付に併せて、規約で定めるところにより、保険給付としてその他の給付を行うことができる。

D ☓ (令41条5項) 外来療養に係る高額療養費は、個人単位で計算するため、本肢の場合は、被保険者がA病院で受けた外来療養のみが対象とされ、20,000円-12,000円=8,000円が高額療養費の額となる。なお、被扶養者がB病院で受けた外来療養による一部負担金10,000円は、高額療養費算定基準額を超えていないため0円である。

E 〇 (法68条1項) 本肢のとおりである。保険医療機関又は保険薬局の指定の有効期間は6年である。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step3 コメント

・択一式の健康保険法の問3は、給付に関する問題でした。正解肢であるDが計算問題でしたので、ここを理解できている人にとっては割と楽に正解を導き出せる問題といえますが、多くの受験生は計算問題を苦手としていますので、正答率は低くなりました。今回は、高額療養費が改正されていますので、択一式に限らず計算問題が出題される可能性がありますから、確実に得点できるよう学習をしていってください。



明日もがんばりましょう。




コメントする

名前
URL
 
  絵文字