2018年01月30日

「ランチタイム・スタディ」の第80問です。

「ランチタイム・スタディ」の主旨については、10月1日の佐藤塾ブログの『「ランチタイム・スタディ2017」開始のお知らせ(ブログの記事のご案内)』をご覧ください。



さて、80問目は、選択式の健康保険法です。

正答率70&43%の問題です。

※選択式健保B=70%、C=43%(Bは正答率がCより高いものの同じカテゴリーですので、Cの正答率に合わせここで掲載しています。)



<問題( 選択式 健保 BC )>

健康保険法第160条第4項の規定によると、全国健康保険協会(以下、本問において「協会」という。)は、都道府県別の支部被保険者及びその被扶養者の B と協会が管掌する健康保険の被保険者及びその被扶養者の B との差異によって生ずる療養の給付等に要する費用の額の負担の不均衡並びに支部被保険者の C と協会が管掌する健康保険の被保険者の C との差異によって生ずる財政力の不均衡を是正するため、政令で定めるところにより、支部被保険者を単位とする健康保険の財政の調整を行うものとされている。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step1 次の選択肢の中から答を選んでください。



B及びCの選択肢
⑤ 1人当たり保険給付費    ⑧ 財政収支
⑩ 所得階級別の分布状況   ⑪ 所要財源率
⑫ 総報酬額の平均額      ⑬ 年齢階級別の分布状況
⑯ 平均標準報酬月額      ⑲ 保険料率


-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step2 正解は・・・



B → ⑬ 年齢階級別の分布状況 (法160条4項)

C → ⑫ 総報酬額の平均額 (法160条4項)



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step3 コメント

・選択式の健康保険法のB及びCについては、都道府県単位保険料率の決定に係る財政の調整(法160条4項)からの出題でした。条文からの出題でしたが、学習を避けがちな細かい項目でしたので、条文内容が読み取れないなど、難易度は高かったようです。Bを「⑤1人当たり保険給付費」、Cを「⑩所得階級別の分布状況」としてしまった人が多く、選択肢に惑わされてしまったように思われます。



明日もがんばりましょう。




コメントする

名前
URL
 
  絵文字