2018年01月29日

「ランチタイム・スタディ」の第79問です。
少々、混乱してアップが遅くなりました。

「ランチタイム・スタディ」の主旨については、10月1日の佐藤塾ブログの『「ランチタイム・スタディ2017」開始のお知らせ(ブログの記事のご案内)』をご覧ください。



さて、79問目は、選択式の雇用保険法です。

正答率43&79%の問題です。

※選択式雇用D=43%、E=79%(Eは正答率がDより高いものの同じカテゴリーですので、Dの正答率に合わせここで掲載しています。)



<問題( 選択式 雇用 DE )>

雇用保険法第64条の2は、「雇用安定事業及び能力開発事業は、被保険者等の D を図るため、 E の向上に資するものとなるよう留意しつつ、行われるものとする。」と規定している。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step1 次の選択肢の中から答を選んでください。



Dの選択肢
① 雇用及び生活の安定 ② 職業生活の安定 
③ 職業の安定 ④ 生活の安定


Eの選択肢
① 経済的社会的地位 ② 地位 
③ 労働条件 ④ 労働生産性


-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step2 正解は・・・



D → ③ 職業の安定(法64条の2)

E → ④ 労働生産性(法64条の2)



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step3 コメント

・選択式の雇用保険法のD及びEについては、改正事項からの出題でしたので、改正点を学習していたか否かで差が付いたと思われます。特にDは、約4人に1人が「①雇用及び生活の安定」を選び、約3人に1人が「②職業生活の安定」を選んでいました。紛らわしい選択肢が多かったため、多くの受験生が迷ってしまったようです。選択式対策のためには条文を読むことが重要ですが、そこに出てくる単語を意識して読み込みをする必要があります。



明日もがんばりましょう。




コメントする

名前
URL
 
  絵文字