2018年01月29日

「ランチタイム・スタディ」の第77問です。
(1月25日アップ分を再アップしてしまいました。すみません。本日分はこのあとアップします。)

「ランチタイム・スタディ」の主旨については、10月1日の佐藤塾ブログの『「ランチタイム・スタディ2017」開始のお知らせ(ブログの記事のご案内)』をご覧ください。



さて、77問目は、選択式の厚生年金保険法です。

正答率47&75%の問題です。

※選択式厚年D=47%、E=75%(Eは正答率がDより高いものの同じカテゴリーですので、Dの正答率に合わせここで掲載しています。)



<問題( 選択式 厚年 DE )>

厚生年金保険法第78条の2の規定によるいわゆる合意分割の請求は、離婚等をした日の翌日から起算して2年を経過したときは、原則として行うことはできないが、離婚等をした日の翌日から起算して2年を経過した日前に請求すべき按分割合に関する審判の申立てがあったときであって、当該按分割合を定めた審判が離婚等をしたときから2年を経過した後に確定したときは、当該確定した日 D を経過する日までは合意分割の請求を行うことができる。
また、合意分割で請求すべき按分割合は、当事者それぞれの対象期間標準報酬総額の合計額に対する、 E の範囲内で定められなければならない。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step1 次の選択肢の中から答を選んでください。



Dの選択肢
⑤ から起算して1か月 
⑥ から起算して3か月
⑮ の翌日から起算して1か月 
⑯ の翌日から起算して3か月


Eの選択肢
⑪ 第1号改定者の対象期間標準報酬総額の割合を超え2分の1以下
⑫ 第1号改定者の対象期間標準報酬総額の割合を超え第2号改定者の対象期間標準報酬総額の割合以下
⑬ 第2号改定者の対象期間標準報酬総額の割合を超え2分の1以下
⑭ 第2号改定者の対象期間標準報酬総額の割合を超え第1号改定者の対象期間標準報酬総額の割合以下



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step2 正解は・・・



D → ⑮ の翌日から起算して1か月 (法78条の2、則78条の3第2項)

E → ⑬ 第2号改定者の対象期間標準報酬総額の割合を超え2分の1以下 (法78条の3第1項)



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step3 コメント

・選択式の厚生年金保険法のD及びEについては、離婚時の年金分割の問題でした。選択式では初の出題でしたが、Eについては、択一式でも問われたことのある問題でしたので、正答率は比較的高くなりました。離婚時の年金分割については、合意分割と3号分割の共通点・相違点を整理しておくことが大切です。




明日もがんばりましょう。




コメントする

名前
 
  絵文字