2018年01月19日

「ランチタイム・スタディ」の第73問です。

「ランチタイム・スタディ」の主旨については、10月1日の佐藤塾ブログの『「ランチタイム・スタディ2017」開始のお知らせ(ブログの記事のご案内)』をご覧ください。



さて、73問目は、選択式の社会保険一般常識です。

正答率50&59%の問題です。

※選択式社一A=50%、B=59%(Bは正答率がAより高いものの同じカテゴリーですので、Aの正答率に合わせここで掲載しています。)



<問題( 選択式 社一 AB )>

国民健康保険法第1条では、「この法律は、国民健康保険事業の健全な運営を確保し、もって A に寄与することを目的とする。」としており、同法第2条では、「国民健康保険は、 B に関して必要な保険給付を行うものとする。」と規定している。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step1 次の選択肢の中から答を選んでください。


Aの選択肢
⑤ 医療の質の向上
⑥ 健全な国民生活の維持及び向上
⑨ 国民の生活の安定と福祉の向上
⑩ 社会保障及び国民保健の向上


Bの選択肢
⑧ 国民の疾病、負傷、出産又は死亡
⑰ 被保険者及び組合員の疾病、負傷又は死亡
⑱ 被保険者の業務災害以外の疾病、負傷、出産又は死亡
⑲ 被保険者の疾病、負傷、出産又は死亡




-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step2 正解は・・・



A → ⑩ 社会保障及び国民保健の向上 (国民健康保険法1条)

B → ⑲ 被保険者の疾病、負傷、出産又は死亡 (国民健康保険法2条)



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step3 コメント

・選択式の社会保険一般常識のA及びBについては、1条(目的)及び2条からの出題でした。近年の選択式では、目的条文からの出題が目立っていますが、目的条文については今後も出題が見込まれますので注意しておいてください。特に目的条文の出題の場合、ダミーの選択肢が紛らわしく、正確に押さえておかないと迷ってしまい失点につながります。今回も、Aに「⑨国民の生活の安定と福祉の向上」、Bに「⑧国民の疾病、負傷、出産又は死亡」と解答している受験生が多く見受けられました。



来週もがんばりましょう。



コメントする

名前
 
  絵文字