2018年01月18日

「ランチタイム・スタディ」の第72問です。

「ランチタイム・スタディ」の主旨については、10月1日の佐藤塾ブログの『「ランチタイム・スタディ2017」開始のお知らせ(ブログの記事のご案内)』をご覧ください。



さて、72問目は、選択式の社会保険一般常識です。
※正答率58%の段階で社一Cを見落としていましたので、ここで掲載しておきます。

正答率58%の問題です。




<問題( 選択式 社一 C )>

介護保険法第4条第1項では、「国民は、自ら要介護状態となることを予防するため、加齢に伴って生ずる心身の変化を自覚して C とともに、要介護状態となった場合においても、進んでリハビリテーションその他の適切な保健医療サービス及び福祉サービスを利用することにより、その有する能力の維持向上に努めるものとする。」と規定している。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step1 次の選択肢の中から答を選んでください。



⑫ 住み慣れた地域で必要な援助を受ける
⑬ その有する能力に応じ自立した日常生活を営む
⑭ 常に健康の保持増進に努める
⑳ 要介護状態等の軽減又は悪化の防止に努める



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step2 正解は・・・



⑭ 常に健康の保持増進に努める(介護保険法4条1項)



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step3 コメント


・選択式の社会保険一般常識のCは、介護保険法第4条からの出題でした。「⑬その有する能力に応じ自立した日常生活を営む」を選んだ受験生も多く見受けられました。社一の法令は、目的条文はもとより、一桁条文(2条~9条)についても、紛らわしい選択肢があっても正解できるよう、十分な読み込みを行うようにしてください。



明日もがんばりましょう。



コメントする

名前
URL
 
  絵文字