2018年01月16日

「ランチタイム・スタディ」の第70問です。
新年最初の「ランチタイム・スタディ」になります。

「ランチタイム・スタディ」の主旨については、10月1日の佐藤塾ブログの『「ランチタイム・スタディ2017」開始のお知らせ(ブログの記事のご案内)』をご覧ください。



さて、70問目は、択一式の厚生年金保険法です。

正答率51%&合否を分けた問題です。

※「合否を分けた問題」とは、「合格者だけの正答率」と「全体の正答率(ただし、全体正答率65%未満)」とで、15%以上差が開いた問題です。


<問題( 択一式 厚年 問8)>

〔問〕 厚生年金保険法に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

A 2以上の種別の被保険者であった期間を有する者の脱退一時金は、それぞれの種別の被保険者であった期間ごとに6か月以上の期間がなければ受給資格を得ることはできない。

B 平成28年5月31日に育児休業を終えて同年6月1日に職場復帰した3歳に満たない子を養育する被保険者が、育児休業等終了時改定に該当した場合、その者の標準報酬月額は同年9月から改定される。また、当該被保険者を使用する事業主は、当該被保険者に対して同年10月に支給する報酬から改定後の標準報酬月額に基づく保険料を控除することができる。

C 第1号厚生年金被保険者に係る適用事業所の事業主は、被保険者が70歳に到達し、引き続き当該事業所に使用される場合、被保険者の資格喪失の届出にあわせて70歳以上の使用される者の該当の届出をしなければならないが、70歳以上の者(厚生年金保険法第12条各号に定める適用除外者に該当する者を除く。)を新たに雇い入れたときは、70歳以上の使用される者の該当の届出をすることを要しない。なお、本問の事業所は特定適用事業所とする。

D 障害等級1級又は2級の障害厚生年金の額は、受給権者によって生計を維持している子(18叢に達する日以後の最初の3月31日までの間にある子及び20歳未満で障害等級の1級又は2級に該当する障害の状態にある子に限る。)があるときは、当該子に係る加給年金額が加算された額とする。

E 被保険者の死亡の当時その者と生計を同じくしていたが、年収850万円以上の給与収入を将来にわたって有すると認められたため、遺族厚生年金の受給権を得られなかった配偶者について、その後、給与収入が年収850万円未満に減少した場合は、当該減少したと認められたときから遺族厚生年金の受給権を得ることができる。




-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step1 正解は・・・


B


-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step2 解説

A ☓ (法附則30条) 2以上の種別の被保険者であった期間を有する者に係る脱退一時金については、その者の2以上の被保険者の種別に係る被保険者であった期間に係る被保険者期間を「合算」して、6か月以上の期間があるかどうかを判定する。

B 〇 (法23条の2第2項、法84条) 本肢のとおりである。育児休業等終了時の改定は、育児休業等終了日の翌日から起算して2月を経過した日の属する月の翌月から改定されるため、本肢の場合は、9月からの改定となる。また、事業主は、被保険者に対して通貨をもって報酬を支払う場合には、被保険者の負担すべき前月の標準報酬月額に係る保険料を報酬から控除することができるため、10月に支給する報酬から控除することができる。

C ☓ (法27条、則15条の2) 70歳以上の者(厚生年金保険法第12条各号に定める適用除外者に該当する者を除く)を新たに雇い入れた場合についても、70歳以上の使用される者の該当の届出を提出する必要がある。

D ☓ (法50条の2) 障害等級1級又は2級に該当する者に支給する障害厚生年金の額は、受給権者によって生計を維持されているその者の「子」ではなく、「65歳未満の配偶者」があるときに、加給年金額が加算される。

E ☓ (法59条1項、令3条の10、平6.11.9庁保発36号、平6.11.9庁文発3235号) 遺族厚生年金の受給資格に係る生計維持の認定は、被保険者又は被保険者であった者の死亡当時の状態で判断される。したがって、年額850万円以上の給与収入を将来にわたって有すると認められたため、遺族厚生年金の受給権を得られなかった配偶者については、その後、給与収入が850万円未満に減少した場合であっても、遺族厚生年金の受給権を取得することはできない。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step3 コメント

・択一式の厚生年金保険法の問8の正解肢Bは、育児休業終了時改定iこ基づく標準報酬月額の改定等についての事例問題でした。事例問題での出題という点と、2文の構成で論点が2つ生じていることから難易度が高く、他の選択肢についても一元化の改正をも含む厚生年金の基本事項を明確に押さえていないとすべて誤りだと判断できませんから、正解することが難しかったのではないかと思われます。



明日もがんばりましょう。




コメントする

名前
 
  絵文字