2018年01月12日

「ランチタイム・スタディ」の第68問です。

「ランチタイム・スタディ」の主旨については、10月1日の佐藤塾ブログの『「ランチタイム・スタディ2017」開始のお知らせ(ブログの記事のご案内)』をご覧ください。



さて、68問目は、択一式の労働者災害補償保険法です。

正答率52%の問題です。



<問題( 択一式 労災 問2)>

〔問〕 傷病補償年金に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

A 所轄労働基準監督署長は、業務上の事由により負傷し、又は疾病にかかった労働者が療養開始後1年6か月経過した日において治っていないときは、同日以降1か月以内に、当該労働者から「傷病の状態等に関する届」に医師又は歯科医師の診断書等の傷病の状態の立証に関し必要な資料を添えて提出させるものとしている。

B 傷病補償年金の支給要件について、障害の程度は、6か月以上の期間にわたって存する障害の状態により認定するものとされている。

C 傷病補償年金の受給者の障害の程度が軽くなり、厚生労働省令で定める傷病等級に該当しなくなった場合には、当該傷病補償年金の受給権は消滅するが、なお療養のため労働できず、賃金を受けられない場合には、労働者は休業補償給付を請求することができる。

D 傷病補償年金を受ける労働者の障害の程度に変更があり、新たに他の傷病等級に該当するに至った場合には、所轄労働基準監督署長は、裁量により、新たに該当するに至った傷病等級に応ずる傷病補償年金を支給する決定ができる。

E 業務上負傷し、又は疾病にかかった労働者が、当該負傷又は疾病に係る療養の開始後3年を経過した日において傷病補償年金を受けている場合には、労働基準法第19条第1項の規定の適用については、当該使用者は、当該3年を経過した日において同法第81条の規定による打切補償を支払ったものとみなされる。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step1 正解は・・・


D


-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step2 解説

A 〇 (法12条の8第3項、則18条の2第2項) 本肢のとおりである。なお、療養開始後1年6か月を経過した日において、傷病等級に該当しないため休業補償給付を引き続き支給されることとなった労働者は、毎年、1月1日から同月末日までのいずれか日の分の休業補償給付の請求書に添えて、「傷病の状態等に関する報告書」を提出することとなっている(則19条の2第1項)。

B 〇 (法12条の8第3項、則18条2項) 本肢のとおりである。

C 〇 (法12条の8第3項、法14条1項、法18条2項) 本肢のとおりである。傷病補償年金の支給を受けていた者が、傷病等級に該当しなくなった場合は、傷病補償年金の受給権は消滅し、他の支給要件を満たす場合には、その翌月から休業補償給付が支給される。

D ☓ (法18条の2、則18条の3) 傷病補償年金を受ける労働者の当該障害の程度に変更があった場合には、「所轄労働基準監督署長の裁量により、新たに該当するに至った傷病等級に応ずる傷病補償年金を支給する決定ができる」ではなく、「所轄労働基準監督署長は、当該労働者について傷病等級の変更による傷病補償年金の変更に関する決定をしなければならない」とされている。

E 〇 (法19条) 本肢のとおりである。なお、療養の開始後3年を経過した日後において傷病補償年金を受けることとなった場合には、傷病補償年金を受けることとなった日において打切補償を支払ったものとみなされる。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step3 コメント

・択一式の労働者災害補償保険法の問2の正解肢であるDは、語尾の違いによるものでしたから、注意深く問題文を読んでいないと、見落としてしまう場合もあるのではないでしょうか。一つ一つの肢は、学習した内容であること自体は自覚できるものだと思いますが、本試験前に再度の確認ができていたかで得点できるか否かが分かれるケースもあるように思います。



来週もがんばりましょう。




コメントする

名前
URL
 
  絵文字