2018年01月06日

このところ、年金アドバイザー2級講座のご質問が多くよせられていますので、特長をもう少し詳しくお伝えいたします。

1 考え抜かれた11個の要素で構成

年アド2級は、考え抜かれた11個の要素で構成されています。
その11個の要素をそれぞれ一つずつクリアしていってください。
(1コマ約60分設定(除:各自の演習時間))

[11個の要素]
1 老齢基礎年金
2 老齢厚生年金1
3 老齢厚生年金2
4 在職老齢年金
5 繰上げ・繰下げ
6 雇用保険との調整
7 障害給付
8 遺族給付
9 確定拠出年金・年金の請求
10 年金記録問題・税金等
11 法改正


2 標準的な講義受講の方法

上記11個の要素につき、ひとつずつ、次の①~④を繰り返します。

①早苗講師による各要素(タイトル)のポイント解説を聴く

②途中で「演習時間」を取る
=「一時停止」ボタンを押して画面を止めて、1問、代表的な問題を解いていただきます
=与えられた設定(時系列)を帯グラフに自力でまとめ(書き)、受給資格期間を確認したうえで、電卓をたたいて端数処理を行い、最終的な年金額を計算していきます。
=ここでは時間を気にせず、トコトン納得いくまで解いてください。
=この1問を解くときだけは、十分に自分の頭で考えてみることが重要で、合っているかどうかは二の次です。

③早苗講師の解説を最後まで聴く
=「一時停止ボタン」を解除していただき、講義終了まで聴きます。

④その項目の類題(おおよそ過去3年分程度=問題番号指定)を一気に解き、解放テクニックを習得
=理解できたところで類題を一気に片づけてしまいましょう。
=類題を解きこなす時間は人それぞれですが、ここは時間をかけてでも十分納得をしたうえで、次のステップに進んでいっていただきたいところです。



3 ここでいう「帯グラフ」とは何か


受給資格期間をつかむために必要な作業です。
設定に書かれた内容に即して作り上げます。
(結婚や20歳、60歳等の節目も重要です。)
受給資格期間を間違えると、当然のことながら、受給できる年金額は違ってきてしまいます。

[帯グラフの例]
帯グラフ
※早苗講師レジュメ(年アド3級)より抜粋


4 標準的な学習時間の確保


通常の社労士の学習時間を月60時間とし、年アドにかける学習時間を40時間とすれば、次の図のような時間確保が必要となります。

年アドオンの学習時間


5 最後に


年アド2級を取得することは、社労士試験にかなり役立ちます。
2級を取得できる実力が付くと、社労士試験の年金2法が完全制覇できたも同然です。

ただし、社労士試験には、年アドでは取り上げないような細かい国語的な暗記部分がありますが、中核を完全に押さえたことにはなりますし、自信も出てきます。

11の立ちはだかる壁を突き破るつもりで学習をしていきましょう。
案外、学習が楽しくなるのではないかと思います。
楽しくなったらしめたものです。


※『「年金アドバイザー試験対策講座(2級・3級)」の違いについて』はこちら



コメントする

名前
 
  絵文字