2017年12月20日

「ランチタイム・スタディ」の第55問です。

「ランチタイム・スタディ」の主旨については、10月1日の佐藤塾ブログの『「ランチタイム・スタディ2017」開始のお知らせ(ブログの記事のご案内)』をご覧ください。



さて、55問目は、選択式の雇用保険法です。

正答率61%の問題です。




<問題( 選択式 雇用 A )>

未支給の基本手当の請求手続に関する雇用保険法第31条第1項は、「第10条の3第1項の規定により、受給資格者が死亡したため失業の認定を受けることができなかった期間に係る基本手当の支給を請求する者は、厚生労働省令で定めるところにより、当該受給資格者について A の認定を受けなければならない。」と規定している。



step1 選択肢を見ない状態で、答を紙に書いてみてください。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step2 次の選択肢の中から答を選んでください。



① 失業 ② 死亡 
③ 未支給給付請求者 ④ 未支給の基本手当支給



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step3 正解は・・・



① 失業(法31条1項)



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step4 コメント


・選択式の雇用保険法のAについては、基本条文からの出題でしたが、④「未支給の基本手当支給」を選択した受験生も多く見受けられました。未支給の基本手当についても、「失業の認定」が必要であるという点は押さえておきたいところです。



明日もがんばりましょう。



コメントする

名前
 
  絵文字