2017年12月19日

「ランチタイム・スタディ」の第54問です。

「ランチタイム・スタディ」の主旨については、10月1日の佐藤塾ブログの『「ランチタイム・スタディ2017」開始のお知らせ(ブログの記事のご案内)』をご覧ください。



さて、54問目は、択一式の労働安全衛生法です。

正答率62%の問題です。



<問題( 択一式 安衛 問9 )>

〔問〕 次に示す業態をとる株式会社についての安全衛生管理に関する記述のうち、正しいものはどれか。なお、衛生管理者及び産業医については、選任の特例(労働安全衛生規則第8条及び同規則第13条第3項))考えないものとする。

・Ⅹ市に本社を置き、人事、総務等の管理業務と営業活動を行っている。
・使用する労働者数 常時40人
・Y市に工場を置き、食料品を製造している。
・工場は24時間フル操業で、1グループ150人で構成する4つのグループ計600人の労働者が、1日を3つに区分した時間帯にそれぞれ順次交替で就業するいわゆる4直3交替で、業務に従事している。したがって、この600人の労働者は全て、1月に4回以上輪番で深夜業に従事している。をお、労働基準法第36条第1項ただし書きに規定する健康上特に有害な業務に従事する者はいない。
・Z市に2店舗を置き、自社製品を小売りしている。
・Z1店舗 使用する労働者数 常時15人
・Z2店舗 使用する労働者数 常時15人(ただし、この事業場のみ、うち12人は1日4時間労働の短時間労働者)


A X市にある本社には、総括安全衛生管理者、衛生管理者及び産業医を選任しなければならない。

B Y市にある工場には、安全委員会及び衛生委員会を設置しなければならず、それぞれの委員会の設置に代えて、安全衛生委員会を設置することができるが、産業医については、その工場に専属の者を選任しなければならない。

C Y市にある工場には衛生管理者を3人選任しなければならないが、そのうち少なくとも1人を衛生工学衛生管理者免許を受けた者のうちから選任しなければならない。

D X市にある本社に衛生管理者が選任されていれば、Z市にあるZ1店舗には衛生推進者を選任しなくてもよい。

E Z市にあるZ2店舗には衛生推進者の選任義務はない。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step1 正解は・・・


B


-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step2 解説

A ☓ (法10条、法12条、法13条) 常時使用労働者数40人であるX市の本社事業場(人事総務等の管理業務)については、総括安全衛生管理者、衛生管理者及び産業医の選任義務はない。

B 〇 (法13条、則13条1項2号、法17条1項、令8条、法18条1項、令9条) 本肢のとおりである。食品製造業であるY市の工場は、常時600人の労働者を使用する事業場であるため、安全委員会(製造業については、常時100人以上の労働者を使用する事業場ごとに設置義務がある)及び衛生委員会(業種を問わず、常時50人以上の労働者を使用する事業場ごとに設置義務がある)の設置が義務付けられている。また、一定の有害な業務に常時500人以上の労働者を従事させる事業場については、専属の産業医を選任しなければならないが、深夜業は、一定の有害な業務に含まれるため、本事業場は、専属の産業医の選任が必要とされる。

C ☓ (法12条、則7条1項4号・6号) 常時使用労働者数が500人を超え1,000人以下である事業場は、3人以上の衛生管理者を選任しなければならないが、Y市にある工場は、衛生工学衛生管理者免許を受けた者のうちから選任する必要はない。なお、少なくとも1人を衛生工学衛生管理者免許を受けた者のうちから選任しなければならないのは、常時500人を超える労働者を使用する事業場で、坑内業務等の一定の有害な業務に常時30人以上の労働者を従事させる場合である。深夜業は、ここでいう一定の有害な業務に含まれていない。

D ☓ (法12条の2、則12条の2) 常時10人以上50人未満の労働者を使用する小売業である事業場は、衛生推進者を選任しなければならない。本社に衛生管理者が選任されている場合であっても、衛生推進者の選任義務は免れない。

E ☓ (法12条の2、則12条の2、昭47.9.18基発602号) 常時10人以上50人未満の労働者を使用する小売業である事業場は、衛生推進者を選任しなければならないが、この「常時10人以上」とは、日雇労働者、パートタイマーなどの数を含めて、常態として使用する労働者が10人以上であることをいう。したがって、本事業場は衛生推進者の選任義務がある。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step3 コメント

・択一式の労働安全衛生法の問9は、安全衛生管理体制の事例問題でした。事例問題であるために、問題の設定を読み込むのにある程度時間がかかってしまいますが、落ち着いて考えることができれば正解できる問題です。安衛法で事例問題とは、思いもよらぬ事態に焦って解くような状態に陥ってしまうのであれば、いったん飛ばしてあとで落ち着いて解くなどの対処もひとつの方法です。



明日もがんばりましょう。




コメントする

名前
 
  絵文字