2017年12月06日

「ランチタイム・スタディ」の第45問です。

「ランチタイム・スタディ」の主旨については、10月1日の佐藤塾ブログの『「ランチタイム・スタディ2017」開始のお知らせ(ブログの記事のご案内)』をご覧ください。



さて、45問目は、択一式の国民年金法です。

正答率66%の問題です。
※正答率は7割を切っています。正答率50~70%位までの問題を、解けるかどうかが正念場です。



<問題( 択一式 国年 問3 )>

〔問〕 任意加入被保険者及び特例による任意加入被保険者の資格の取得及び喪失に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

A 日本国籍を有する者で、日本国内に住所を有しない65歳以上70歳未満の特例による任意加入被保険者は、日本国籍を有しなくなった日の翌日(その事実があった日に更に国民年金の被保険者資格を取得したときを除く。)に任意加入被保険者の資格を喪失する。

B 日本国内に住所を有する65歳以上70歳未満の特例による任意加入被保険者は、日本国内に住所を有しなくなった日の翌日(その事実があった日に更に国民年金の被保険者資格を取得したときを除く。)に任意加入被保険者の資格を喪失する。

C 日本国籍を有する者で、日本国内に住所を有しない20歳以上65歳未満の任意加入被保険者が、厚生年金保険の被保険者資格を取得したときは、当該取得日に任意加入被保険者の資格を喪失する。

D 日本国内に住所を有する65歳以上70歳未満の特例による任意加入被保険者が保険料を滞納し、その後、保険料を納付することなく2年間が経過したときは、その翌日に任意加入被保険者の資格を喪失する。

E 日本国籍を有する者で、日本国内に住所を有しない20歳以上65歳未満の者(第2号被保険者及び第3号被保険者を除く。)が任意加入被保険者の資格の取得の申出をしたときは、申出をした日に任意加入被保険者の資格を取得する。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step1 正解は・・・



D



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step2 解説

A 〇 (平6法附則11条9項、平16法附則23条9項) 本肢のとおりである。なお、その事実があった日に更に国民年金の被保険者の資格を取得したときは、その日に任意加入被保険者の資格を喪失する。

B 〇 (平6法附則11条9項、平16法附則23条9項) 本肢のとおりである。なお、その事実があった日に更に国民年金の被保険者の資格を取得したときは、その日に任意加入被保険者の資格を喪失する。

C 〇 (法附則5条6項2号) 本肢のとおりである。任意加入被保険者が、厚生年金保険の被保険者資格を取得したときは、その日に任意加入被保険者の資格を喪失する。

D ☓ (平6法附則11条8項、平16法附則23条8項) 保険料を滞納し、その後、保険料を納付することなく2年間が経過したときに被保険者の資格を喪失するのは、「日本国籍を有する者であって、日本国内に住所を有しない65歳以上70歳未満の特例任意加入被保険者」である。

E 〇 (法附則5条3項、平6法附則11条3項) 本肢のとおりである。任意加入被保険者は、厚生労働大臣に任意加入の申出をした日に、被保険者の資格を取得する。また、任意加入被保険者は、いつでも、厚生労働大臣に申し出て、被保険者の資格を喪失することができる(法附則5条5項)。




-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step3 コメント

・択一式の国民年金法の問3は、任意加入被保険者及び特例による任意加入被保険者の資格の取得及び喪失に関する問題でした。この辺りはうろ覚えだと解答に窮することになりますが、正解肢であるDについては、他の選択肢の解答があいまいであっても、誤りであることを気づくことができたのではないでしょうか。



明日もがんばりましょう。




コメントする

名前
 
  絵文字