2021年08月

2021年08月29日

ご質問がありました。

佐藤塾の出している10年間分の過去問題集は、どのような特長がありますか。
誰でも購入できるものでしょうか。


[回答] (挨拶等は省略)

過去問題集は、4分冊となっています。
①労働法編・・・・労基、安衛、労一
②労働保険編・・・労災、雇用、徴収
③社会保険編・・・健保、社一
④年金編・・・・・国年、厚年


各編の構成としては、択一式と選択式に分かれています。

択一式は、ほぼ条文順に一問一答形式で掲載しており、選択式は、過去10年分を本試験出題年度順に掲載しています。

したがって、択一式の方はプレミアムテキストの項目の並びとほとんどいっしょですから、講義視聴後にスムーズに問題を解くことが可能になります。

また、たとえば、一言一句同じである択一式問題が過去10年以内に2回以上出題された場合であっても、ひとつにまとめたりせずに、1問1問掲載していますので、数回出題されたことがわかるようにしています。(それだけ狙われやすいことがわかります。)


10年間分の過去問題集の択一式の掲載ページでは、次の5つの特長があります。

特長1
左ページに「問題」、右ページに「解答・解説」を掲載しています。

問題と解答・解説の最初の行が横並びになっています(同じ行から始まっています)ので、問題を読んだ後に、すぐに解答・解説を確認することができます。

※右ページの解説を詰めて表示すると、解説の文章量は詰めた分、多くすることはできますが、問題を解いた後、解説に目を通そうとすると、再度、問題の番号を見直さなければならなくなりますので、割と面倒です。


見開き見本


特長2
難易度表示」がありますので、難易度ごとに攻略することも可能です。
・□□→基本問題・・・難易度は普通
・■□→応用問題・・・難易度がやや高い
・■■→発展問題・・・難易度が高い

特長3
5年以内表示」がありますので、直近5年の問題だけを拾い出し、解いていくことも可能です。

特長4
正解肢表示」があります(正解肢の問題には、問題番号を四角で囲っています。)ので、直前期には、正解肢だけを拾い出し、解いていくことも可能です。

なお、正解肢表示とは、正しいもの探しの問題では正しい肢、誤っているもの探しの問題では誤っている肢を指します。
個数問題や組合せ問題は含まれません。

正解肢とされる問題は、他の肢の4つの問題とは意味合いが違い、重きが置かれている問題であると考えられますので、正解肢だけに目を通していくことも、意味があることであると考えています。

過去問択一式特長
(これは2021年向けのものです。)


特長5
上下左右に余白が十分ありますので、問題を解いた日付や、解けたかどうかや、解説の追加等、自分なりの工夫で書き込むことが可能です。

なお、特長1で添付したテキスト見本画像は、余白をカットしていますので、見た感じは少なく感じると思いますが、実際は十分な余白があります。


自分なりの工夫で、ご自身の使い込んだ問題集にすることができます。

使い込んでいけばいくほど、問題集に親近感が生まれるのではないでしょうか。
(もちろん、理解も深まります。)

以前のブログでご紹介した「大学受験のセンター試験の世界史で満点をとった受験生の参考書 【やる気のスイッチ】」も、元は一問一答形式の問題集です。


なお、過去問題集の購入ですが、2022年向けパックコース等をお申込みいただいた方のみの限定となります。
ただし、2022年向けONEコイン模試やガイダンス(無料・有料とも)等は対象外です。

実は、過去問題集は経費の方が高くつき、赤字覚悟で取り扱っている商品ですので、講義を受講いただく方のみの販売とさせていただいております。

購入する際は、窓口で受講証をお見せいただくか、お申込み済である旨を伝えてください。



次のような質問がありました。

パンフレット11ページに「個別指導で勉強方法見直し」とありますが、どういうものですか?


個別相談


[回答]

佐藤塾のパックコース(フルパック☆プラス、フルパック、レクチャーパック等)をご利用いただくと、希望に応じて、個別相談を実施しています。

個別相談は、適宜、実施していきますので、節目節目で相談することが可能です。

たとえば、年内は走り出しの時期ですので、「1年間、どのような学習計画を立てていけばよいか。」とか、「2021年での学習方法を踏まえて、どのように修正していけばよいか。」「この勉強の仕方でいいかどうか。」などが、テーマとなることが多いです。

また、中間時点の1月~3月頃は、「年金を克服する方法」や、「ゴールデンウイーク前までの学習」などの話が多くなります。

そして、4月~7月については、「直前期の学習の仕方」や、「苦手科目の克服法」「遅れを取り戻すにはどうすればよいか。」などの話が中心です。

その時期に応じた疑問や不安を解消していくことで、少しでも多くの方に合格していただきたいために実施していますので、ぜひ、利用してください。

パンフレットに掲載されている方は、だいたいの方が、年間を通じて3回、個別相談を利用されています。

うまく活用していただき、少しでも効率的な学習をしていってください。



2021年08月26日

2022改正法特別セミナー


2022年本試験に向けて、一早く最新情報をつかみ、他の受験生と差をつける!

合格された方にとっても必要な情報です。

〇 大阪本校LIVE 9月23日(木・祝)11:00~12:00

 担当講師
木田麻弥講師写真
 木田 麻弥講師


・通信Webは、配信開始から1か月、無料で視聴できます。
・通信DVDは、2,000円

ぜひ、お越しください。



2021年08月24日

プラス



択一式20点台を50点に引き上げたい方のコース

プラス体系図


佐藤塾の一番お薦めの講座がこの「フルパック☆プラス」になり、次のような方が対象です。
①今年の本試験の択一式の得点より、「10点」以上、伸ばしたい
基礎からみっちり学習をしたい
③最近、自分の「記憶力」に自信が無いという方

得点状況でいうと、2021年本試験で、択一式の総得点がおおよそ45点に達しない方で、なんとしてでも択一式の得点アップを目指したい人向けです。

なお、2022年向けのフルパック☆プラスには、昨年同様、好評の「白書・統計数値解きまくり」が含まれています。


各講座の詳細や料金に関しましては、ホームページパンフレット等でご確認ください。

無料体験を実施いたします。
どのような講義か、どのようなテキストなのか、お知りになりたい方は、まず無料体験で実際に講義を受講してみてください。

9月19日(日)10:30~13:00「労基法①」、9月25日(土)10:30~13:00「労基法②」の無料体験を、辰已法律研究所東京本校で実施します。

また、お越しになれない方で、どんな講義をしているのかを知りたい方は、辰已法律研究所のホームページで動画配信していますので、そちらを視聴してみてください。



2021年08月23日

現在、佐藤としみ講師による本試験講評無料動画を配信しています。

配信時間は、約21分です。
本試験当日夜に収録したものとなります。

なお、早めに降ろしてしまうかもしれませんので、お早目にご覧ください。