2021年04月

2021年04月20日

「ランチタイム・スタディ 2021統計数値」の87日目は、「令和2年版高齢社会白書」から「高齢化の現状」の過去問焼き直し問題です。

<問題(高齢者の雇用の動向)>

〔問〕 高齢化の現状に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。なお、本問は「令和2年版高齢社会白書」を参照しており、当該調査による用語及び統計等を利用している。

A 日本の高齢化のスピードは、世界に例を見ないスピードで進行しており、高齢化率(総人口に占める65歳以上の者の割合)が7%を超えてからその倍の14%に達するまでの所要年数によって比較すると、フランスが115年、スウェーデンが85年、アメリカが72年、比較的短い英国が46年、ドイツが40年であるのに対し、日本はわずか24年しかかからなかった。

B 日常生活に制限のない期間(健康寿命)は、平成28(2016)年時点で男性が72.14年、女性が74.79年となっており、それぞれ平成22年(2010)年と比べて延びているが、同期間における健康寿命の延びは、平均寿命の延びを下回っている。

C 60歳以上の高齢者の経済的な暮らし向きについてみると、「心配ない」(「家計にゆとりがあり、まったく心配なく暮らしている」と「家計にあまりゆとりはないが、それほど心配なく暮らしている」の計)と感じている人の割合は全体で約4分の3になっている。

D 昭和55(1980)年では世帯構造の中で三世代世帯の割合が一番多く、全体の半数を占めていたが、平成29(2017)年では夫婦のみの世帯が一番多く約3割を占めており、単独世帯と合わせると半数を超える状況である。

E 現在仕事をしている高齢者の約4割が「働けるうちはいつまでも」働きたいと回答している。70歳くらいまでもしくはそれ以上との回答と合計すれば、約8割が高齢期にも高い就業意欲を持っている様子がうかがえる。




-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step1 正解は・・・


B


-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step2 解説

A 〇 (令和2年版高齢社会白書) 本肢のとおりである。高齢化の速度について、高齢化率が7%を超えてからその倍の14%に達するまでの所要年数(倍加年数)によって比較すると、フランスが115年、スウェーデンが85年、アメリカが72年、比較的短い英国が46年、ドイツが40年に対し、我が国は、昭和45(1970)年に7%を超えると、その24年後の平成6(1994)年には14%に達した。一方、アジア諸国に目を移すと、韓国が18年、シンガポールが20年など、今後、一部の国で、我が国を上回るスピードで高齢化が進むことが見込まれている。(H22-2E改)

B ☓ (令和2年版高齢社会白書) 日常生活に制限のない期間(健康寿命)は、平成28(2016)年時点で男性が72.14年、女性が74.79年となっており、それぞれ平成22年(2010)年と比べて延びている(平成22年→平成28年:男性1.72年、女性1.17年)。さらに、同期間における健康寿命の延びは、平均寿命の延び(平成22年→平成28年:男性1.43年、女性0.84年)を上回っている。(H25-4B改)

C 〇  (令和2年版高齢社会白書)  本肢のとおりである。(H25-4A改)

D 〇 (令和2年版高齢社会白書) 本肢のとおりである。(H29-5D改)

E 〇 (令和2年版高齢社会白書) 本肢のとおりである。(H25-4D改)


-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step3 コメント

・高齢化の現状からの出題です。Bについては、数年前までは、健康寿命の延びよりも、平均寿命の延びの方が大きかったのですが、逆転し、健康寿命の延びが平均寿命の延びを上回っています。昨今、病気についても介護や認知症等についても、予防することに行政が取り組んでいますので、一定の効果が得られたものと思われます。

・Cの高齢者の暮らし向きは約4分の3の人が心配していないという状況も押さえておきたいところですが、年金の受給開始年齢が遅くなってきていることや、年金額が減ってきていることなどから、ここも、数年後には変わってきそうなところです。

・過去問の出題年度をご覧いただくとわかる通り、平成22年、平成25年、平成29年と、このあたりの箇所はちょくちょく出題されていることがわかります。(問題文は令和2年版高齢社会白書の記載内容に変更していますので、出題された当時の問題文とは表現や文章が若干異なります。)



明日もがんばりましょう。




2021年04月19日

「ランチタイム・スタディ2021統計数値」の86日目は、「令和2年版高齢社会白書」から「高齢化の現状」の調査記載内容です。


高齢化の現状

【令和2年版高齢社会白書】

(5) 60歳以上の人の約4分の3が心配なく暮らしている

全国の60歳以上の男女に、現在の経済的な暮らし向きについて聞いたところ、「家計にゆとりがあり、まったく心配なく暮らしている」が20.1%、「家計にあまりゆとりはないが、それほど心配なく暮らしている」が54.0%となっており、合わせると約4分の3(74.1%)が心配なく暮らしている。

なお、平成28年「高齢者の経済・生活環境に関する調査」(内閣府実施。以下「平成28年調査」という。)の結果では、心配なく暮らしているとする割合が6割強(64.6%)となっており、今回調査の方が心配なく暮らしている割合が高くなっている

性・年齢別に見ると、心配なく暮らしているとする割合が、各年齢階級で男性より女性の方で高く、特に女性の80歳以上では、8割以上(81.1%)が心配なく暮らしている。

未既婚別に見ると、結婚したことのない人や配偶者と離別した人は、心配なく暮らしているとする割合が低くなっている。


(6)働いている60歳以上の人の9割近くが70歳以上まで働きたいと考えている

全国の60歳以上の男女に、何歳ごろまで収入を伴う仕事をしたいか(又はしたかったか)を聞いたところ、「65歳くらいまで」(25.6%)、「70歳くらいまで」(21.7%)、「働けるうちはいつまでも」(20.6%)の順となっている。

このうち収入のある仕事をしている人は、「働けるうちはいつまでも」(36.7%)が最も多く、次いで「70歳くらいまで」(23.4%)、「75歳くらいまで」(19.3%)、の順となっており、9割近く(87.0%)の人が70歳以上まで働きたいと考えている



明日もがんばりましょう。



4月29日(木・祝)「個別相談」を実施いたします。

お一人様25分とさせていただきます。
対象となる方は、次の方です。


〇既に佐藤塾で2021年向けフルパック☆プラス、フルパック等のパックコースを受講いただいている方
学習の方法等で悩みや相談のある方
モチベーションを高めたい方
③ 直前期の学習で巻き返しを図りたい方

※7月上旬までに全3回をパック受講生お一人様の限度としています。1度、相談された場合には、次の個別相談までには50日以上はあけるようしていただいていますので、まだ、1度も相談されていない方は早めにぜひ利用してみてください。現在、2回目の相談の方が多くなってきています。
※既に佐藤塾で2021年向けフルパック☆プラス、フルパック等のパックコースを受講いただいている方の個別相談の「初回」は、事前に個別相談シートを記載してください。2回目以降は必要ないです。
☞「2021年向けパックコース受講生向け個別相談の初回の注意事項



〇2021年の本試験に向けて、佐藤塾の何らかの講座を利用しようと思っている方
直前講座等の佐藤塾の講座の特長を知りたい方(講座に関するご質問・ご相談
 (聞けばすぐに済むような些細なことでも構いません。)

本試験へ向けた弱点分野の補強をしたい方は、ぜひ、個別相談を利用してください。


東京本校に来所いただくか、電話でお話をするかのいずれでも結構ですので、予約をしてください。

時間割ですが、相談開始時刻で①~⑦の設定としています。(1枠25分)
①10:20~ ②10:55~ ③11:30~ 
④12:05~ ⑤12:40~ ⑥13:15~ ⑦13:50~

お越しいただける方は、できるだけお越しいただきたいのですが、コロナ対策として、次の点をご了承ください。
・3メートル程、離れて相談(ないしは、透明ボードでの仕切りを設置)
・マスク着用
・入室の際、手指の要消毒


[予約の手順]
・03-3360-3371(辰已法律研究所東京本校)に電話をしていただき、予約をしていただきます。
・「氏名、電話番号、来所か電話か、枠(①~⑦)の希望、該当する項目(2021向け講座検討、2021向けパック申込者のいずれであるか)」をお伝えください。
※辰已法律研究所東京本校窓口は、火曜日は終日定休で、火曜以外の日は12時~18時ですので、予約の電話はその時間帯にお願いします。


[予約日当日]
・東京本校にお越しいただける方は、その時刻までに東京本校へお越しください。
・電話の方は、その時刻に電話がかかってくるのをお待ちください。
 (3分過ぎても電話が無い場合はお手数ですが、東京本校に電話でその旨、連絡してください。)
 (非通知でかけることになりますので、非通知でも電話がつながるようにしておいてください。)



気軽に申し込んでみてください。
不安な気持ちが解消されたり、何か次につながることを見い出すことができるかもしれません。



2021年04月18日

総仕上げ講座

3日間の特訓で“一発逆転”を狙う
――毎年、大好評の集中特訓講座が今年も登場!

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

<こんな方は必須!>
●択一式20点台を、本試験までに合格ラインに引き上げたい!
●直前期に各科目の重要事項を総まとめし、知識の漏れを防ぎたい!
●ズバリ、今年の出題傾向をつかみたい!


<本講座の特長>

「もっと時間があれば、確実だったのに・・」
「落ち着いて問題文を読んでいたら、こんな間違いはしなかったのに・・」

――本試験終了直後、このような感想を持つ受験生の方が、毎年、数多くいます。本講座は、ズバリ、その“後悔”を“未然に防止する”ための講座です。社労士試験は、難問の続出でまったく歯が立たなくてダメだった・・という人よりも、「取れる問題を取りそこなって悔しい思いをした」人の方が圧倒的に多くいる現状があります。

では、なぜ、取れる問題・取るべき問題を逃してしまうのか?

3時間半という長丁場で70問もの問題に取り組む社労士試験は、まさに“時間との闘い”であり、この闘いに勝利するには、実は知識量を増やすことよりも、“スピード力”、そして、“ミスを最小限にとどめる力(注意力)”を鍛える訓練が不可欠です。択一式70問を2時間半で解くことを目指し、少ない知識でも高得点をはじき出すことができるテクニックを身につけるための3日間の短期集中特訓講座――この3日間で、あなたの実力を大きく引き上げます。


<本講座の構成>

●1日目 : ウォーミングアップ編  現在の実力を測る!

●2日目 : 高地トレーニング編  改正・応用問題攻略!

●3日目 : 最終追い込み編  得点底上げテクニックの習得!


<日程・場所>

〇 東京本校LIVE講義
  8月7日(土)・8日(日)・9日(月・祝)
  ※Webフォローはありません。

 
〇 通信Web視聴開始日
  8月11日(水)・12日(木)・13日(金)
  ※通信Webでお申込みの場合には、東京本校のLIVE講義に予約なし・追加料金なしで参加できます。
                   

<タイムスケジュール>
・10:00~10:10 オリエンテーション
・10:10~13:00 演習
・14:00~16:20 解説&基礎マスター
・16:30~17:30 科目別集中特訓講義

※科目別集中特訓講義
 1日目 : 労働科目対策
 2日目 : 一般常識対策
 3日目 : 社会保険科目対策


<受講料>
・通学    34,000円
・通信Web     34,500円



<担当講師>

〇 1日目:ウォーミングアップ編  佐藤 としみ講師
〇 2日目:高地トレーニング編  木田 麻弥講師
  ※木田講師の東京本校での解説講義はビデオ放映となる場合があります。
〇 3日目:最終追い込み編  佐藤 としみ講師



一般常識☆厳選70問解きまくり

試験委員が考える“一般常識”とは何か。
膨大な学習範囲から“絶対に外せない”箇所はどこか。
苦手な一般常識の“壁”を突破するための、集中特訓講座ーーーベストプラクティス!
-------------------------------------------------------------------------------------------------------

●「苦手な一般常識で、いきなり問題演習と言われても解ける自信がない・・」
 「問題に対応できるほど力がついてないのに、演習講座を受けても意味がないと思う・・」
 ――そんなことはありません。

<講座概要>
複数の法令を広く網羅しなければならない一般常識科目は、受験生にとっては対策が立てづらい科目です。
また、自宅で、ひとりでテキストを読んでいても、なかなか知識として定着しにくいのもこの科目の大きな特徴と言えるでしょう。

一般常識を学習する際は、労働基準法や年金法などの主要科目とは異なる角度から取り組むことが不可欠であり、インプットよりもアウトプット形式からのアプローチが有効であると、佐藤塾は考えます。

本講座では、主要法令の“ここだけは外せない”“得点につながる”項目のみを抽出し、演習形式(択一式・選択式)で総まとめを行うことで、満点を狙うのではなく、確実に合格基準点を確保するためのワザを伝授します。

※本講座は膨大な一般常識の学習範囲の中で法令科目に特化した講座になります。白書・統計数値対策をご希望の方は「白書・統計数値対策講座」又は「白書・統計数値解きまくり」をご受講ください。

<こんな方は必須!>
●一般常識の学習が遅れている方・苦手な方
●「テキストを読んでいても、全然知識が身に付かない・・・」と、嘆いている方
●「一般常識ってどこまで学習すればいいの?」――学習範囲の絞り込みができない方

<受講料>
・通学     20,000円
・通信Web     23,500円
・通信DVD      26,000円

<日程>
〇LIVE講義 : 東京本校 7月11日(日) 10:30~17:30 (3時間×2コマ)
                                     7月22日(木・祝) 10:30~17:30 (3時間×2コマ)  
  ※Webフォローはありません。    
〇通信Web : 7月21日(水)・8月1日(日)配信開始
〇通信DVD : 7月19日(月)・7月30日(金)発送開始
  ※通信Web、通信DVDでお申込みの場合には、東京本校のLIVE講義に予約なし・追加料金なしで参加できます。 


<担当講師>


佐藤としみ講師写真

佐藤 としみ講師