2018年01月

2018年01月20日

健康保険法 保険給付らくらくマスター表題


療養の給付から難解な高額療養費まで、“ 理屈付け”“語呂合わせ”“短時間”で佐藤としみ講師が結果につなげる講義を展開!

10年分過去問題集を使って、“知識”を“得点”に結びつけるための実践テクニックを披露します。


●10年分過去問題集・社会保険編をお持ちください。

過去問③


<LIVE講義・同時放映講義日程>

・東京本校LIVE  2月12日(月・祝)11:00~12:30
 <大阪本校・京都本校同時放映>

・名古屋本校LIVE 4月1日(日)18:00~19:30

・東京本校LIVE 4月30日(月・祝)13:00~14:30
 <大阪本校・京都本校同時放映>

※通学LIVE講義・同時放映講義は無料でご受講いただけます


<VB、通信(Web、DVD)受講料>
・通学ビデオブース ¥500
・通信Web ¥3,200
・通信DVD ¥3,700


前回(一昨年)、実施した同タイトルの講義は、LIVE講義に参加された方が、「90分に凝縮された内容の充実ぶりに圧倒!」(某参加者のご意見)され、本試験前に2~3回は聴きなおしておきたいとのことで、DVDやWebを購入された方が多数いました。

保険給付を網羅・席巻できる驚愕の内容です。
特に、今年は、高額療養費が改正されていますので、試験対策としても重要な箇所となります。

フルパック☆プラスまたは、フルパックをご受講の方も、お時間に都合の付く方は、ぜひお集まりください。

お住まいが東京本校に近い方は、同じ講義になりますが、2月と4月に2度、お聴きいただいても損はありません。
そうお薦めできるほど、90分という短時間で、「健保の保険給付は攻略できた!」と思えるほどの実りある内容です。

なお、2月12日(月・祝)は、本講義終了後13:00~14:00に、早苗俊博講師による「過去問攻略のセオリー」(過去問☆解答力養成講座ガイダンス)も実施します。
合わせてご視聴ください。



2018年01月19日

こんな記事がありました。

「やる気が出るのはやり始めてから」 「やる気の出し方」をシンプルに説く漫画に納得する声 【ねとらぼ】

なかなか面白いマンガですし、その通りだなぁと思いました。
みなさんは、いかがですか?

タイトルの副題に、
「仕事に行き詰まったときも、作業用ファイルを開くなど姿勢だけでも作ると、案外進んだりするものです。」
とありますが、これを社労士の学習に当てはめますと、
学習に行き詰まったときも、過去問題集を開くなど姿勢だけでも作ると、案外進んだりするものです。
となりますね。

がんばってください。



「ランチタイム・スタディ」の第73問です。

「ランチタイム・スタディ」の主旨については、10月1日の佐藤塾ブログの『「ランチタイム・スタディ2017」開始のお知らせ(ブログの記事のご案内)』をご覧ください。



さて、73問目は、選択式の社会保険一般常識です。

正答率50&59%の問題です。

※選択式社一A=50%、B=59%(Bは正答率がAより高いものの同じカテゴリーですので、Aの正答率に合わせここで掲載しています。)



<問題( 選択式 社一 AB )>

国民健康保険法第1条では、「この法律は、国民健康保険事業の健全な運営を確保し、もって A に寄与することを目的とする。」としており、同法第2条では、「国民健康保険は、 B に関して必要な保険給付を行うものとする。」と規定している。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step1 次の選択肢の中から答を選んでください。


Aの選択肢
⑤ 医療の質の向上
⑥ 健全な国民生活の維持及び向上
⑨ 国民の生活の安定と福祉の向上
⑩ 社会保障及び国民保健の向上


Bの選択肢
⑧ 国民の疾病、負傷、出産又は死亡
⑰ 被保険者及び組合員の疾病、負傷又は死亡
⑱ 被保険者の業務災害以外の疾病、負傷、出産又は死亡
⑲ 被保険者の疾病、負傷、出産又は死亡




-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step2 正解は・・・



A → ⑩ 社会保障及び国民保健の向上 (国民健康保険法1条)

B → ⑲ 被保険者の疾病、負傷、出産又は死亡 (国民健康保険法2条)



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step3 コメント

・選択式の社会保険一般常識のA及びBについては、1条(目的)及び2条からの出題でした。近年の選択式では、目的条文からの出題が目立っていますが、目的条文については今後も出題が見込まれますので注意しておいてください。特に目的条文の出題の場合、ダミーの選択肢が紛らわしく、正確に押さえておかないと迷ってしまい失点につながります。今回も、Aに「⑨国民の生活の安定と福祉の向上」、Bに「⑧国民の疾病、負傷、出産又は死亡」と解答している受験生が多く見受けられました。



来週もがんばりましょう。



2018年01月18日

大学受験のセンター試験の世界史で満点をとった受験生の問題集が話題となっています。

「凄まじいオーラを放っている」 センター試験の世界史で満点をとった受験生の参考書がひと目見てわかるすごさ 【ねとらぼ】

センター試験の世界史で「100点満点」をとった生徒 問題集が話題に


赤・青ペンでの補足の書き込みや、1ページに何枚も貼られた付箋でのこれでもかという書き込み、マーカーでの着色、インデックスなど、使いこなし方に凄まじさが感じられますね。
原形をとどめていないこの問題集の写真を見るだけでも刺激を受けます。

元の書籍は、「世界史一問一答」ということですから、私たちが使っている過去問題集と同じ形式です。
最初、見たときには、インプット教材かと思ってしまいました。
一問一答を土台に自分なりのノートに仕上げたという感じすらします。

ぜひ、みなさんも、テキストや過去問には惜しまず書き込みなどをして、赤・青ペンやマーカー、附箋、インデックスなどを使い、手を加えて、自分なりのものにしていってください。

ただし、ペンやマーカー、附箋、インデックスなどをいろいろ駆使しても、結局は頭に入れるためのものですから、自分が覚えるための最善の方法にすべきです。

世界史で満点をとった受験生のものと同じようにしたところで、作業をすることで満足してしまって、肝心の理解することを置き去りにしないように心がけるべきでしょう。

何かの参考になればと思い、ご案内させていただきました。




みなさん、こんにちは。
佐藤としみです。

こんな方、いらっしゃいませんか?

「年末年始も終わり、1月ももう半分過ぎてしまった・・・。昨年の暮れには、年末年始の休みに一気に学習を進めてしまおうと意気込んでいたのに、ほとんどなんにも手つかずのまま、今日という日を迎えてしまった。あー、どうしよう!」

悔 後 省 (-"-)

私は今まで何人もの受験生を見てきましたが、年末年始で学習がはかどらなかったと嘆いている方が、実は大半なんです。

年末年始って、やることが多いじゃないですか。
忘年会、クリスマス、大掃除、年賀状、買い出し、帰省、親戚周り、初詣、新年会・・・等々

まとまった休みがあるとはいっても、たいていの人はそれに追われて、結局、思ったほど、学習できないのが普通です。
ですから、あまり落ち込んだり、自分を責めたりしないでくださいね。

むしろ、これからが勝負です。
学習は、休日よりも仕事のある平日にどれだけこま切れ時間を有効に活用できるかにかかっています。
休日は平日よりも多くの時間を費やすことができますが、日々、コンスタントに学習をしていくことが肝心です。

たとえば、1週間に15時間の学習時間を確保できるとします。

①「土日にそれぞれ7.5時間ずつやって、平日は全く学習しない。」という人と、②「平日は1.5時間ずつ、土日で合計7.5時間学習をする。」という人では、同じ週15時間でも、②の人の方が圧倒的に成績が良くなります。

ただ、仕事が忙しい人にとっては、それほど平日にまとまった学習時間は取れませんよね。

なので、仕事の合間の休憩時間や手待ち時間、通勤時間、昼休み等の時間を有効に活用できるかどうかが決め手になります。

そうなると、そんなふとした際に、何をやるかですよね。

テキストを広げて、じっくり学習をすることはできないわけですから、インプットものより、むしろ、過去問をちゃっちゃかちゃっちゃかやるようなアウトプットの方が向いています。

過去問は持ち運びが便利です。
(大きさ的にも厚さ的にも重さ的にも)
ぜひ、ぼろぼろになるくらいに活用してみてくださいね。

年末年始に思ったほどはかどらなくて自責の念にかられている人は、あなただけではありません。
ライバルである他の受験生も同じ状況でしょう。
いかに気持ちを切り替え、コンスタントに学習できるかにかかっています。

できれば、次の2つを実践してみてください。
・実践1 学習しない日を無くす。 → どんなに忙しくても、5分でも10分でも学習する。
・実践2 週15時間の学習時間の確保を最低限ととらえる。 → どんなに忙しくても、最低週15時間の学習時間を確保する。(ちなみに、週15時間で大丈夫ということではありません。「最低」ととらえてください。)

この2つのことが守られるかどうかだけでもかなりの力が付き、他の受験生との差が開きます。
要するに、1日当たり、1週当たりのムラを無くすということです。

がんばってくださいね!
応援しています。