2017年11月03日

平成29年版過労死等防止対策白書」が公表されています。

今回は、リリースより抜粋しておきます。

過労死等防止対策白書」は、過労死等防止対策推進法の第6条に基づき、国会に毎年報告を行う年次報告書です。2回目となる今回の白書のポイントは以下のとおりです。厚生労働省では、「過労死をゼロにし、健康で充実して働き続けることのできる社会」の実現に向け、引き続き過労死等防止対策に取り組んでいきます。


 「過労死等」とは…業務における過重な負荷による脳血管疾患もしくは心臓疾患を原因とする死亡、もしくは業務における強い心理的負荷による精神障害を原因とする自殺による死亡またはこれらの脳血管疾患、心臓疾患、精神障害をいう。


「過労死等防止対策白書」のポイント


1.「労働時間を正確に把握すること」が「残業時間の減少」に繋がるとする分析や、過労死等が多く発生していると指摘のある自動車運転従事者や外食産業を重点業種とする分析など、企業における過労死等防止対策の推進に参考となる調査研究結果を報告。


2.「『過労死等ゼロ』緊急対策」(平成28年12月26日「長時間労働削減推進本部」決定)や「働き方改革実行計画」(平成29年3月28日「働き方改革実現会議」決定)など、昨年度の取組を中心とした施策の状況について詳細に記載。


3.過労死等防止対策に取り組む企業、民間団体、国、地方公共団体の活動をコラムとして紹介。


■目次

・第1章 労働時間やメンタルヘルス対策等の状況

・第2章 過労死等の現状

・第3章 過労死等をめぐる調査・分析結果

・第4章 過労死等の防止のための対策の実施状況

※平成28年版の目次の並びとは変わっています。

内容に関しては、後日、掲載いたします。



コメントする

名前
URL
 
  絵文字