2017年10月05日

「ランチタイム・スタディ」の第4問です。

「ランチタイム・スタディ」の主旨については、10月1日の佐藤塾ブログの『「ランチタイム・スタディ2017」開始のお知らせ(ブログの記事のご案内)』をご覧ください。



さて、4問目は、選択式の労働安全衛生法です。

正答率95%の問題です。



<問題( 選択式 安衛 D )>

労働安全衛生法第28条の2では、いわゆるリスクアセスメントの実施について、「事業者は、厚生労働省令で定めるところにより、建設物、設備、原材料、ガス、蒸気、粉じん等による、又は作業行動その他業務に起因する D (第57条第1項の政令で定める物及び第57条の2第1項に規定する通知対象物による、 D を除く。)を調査し、その結果に基づいて、この法律又はこれに基づく命令の規定による措置を講ずるほか、労働者の危険又は健康障害を防止するため必要な措置を講ずるように努めなければならない。」と定めている。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step1 次の選択肢の中から答を選んでください。


⑥ 危害を防止するための法基準の遵守状況
⑦ 危険性又は有害性等
⑩ 災害事例における原因
⑪ 災害に関する統計情報



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step2 正解は・・・


D → ⑦ 危険性又は有害性等(法28条の2)

   

-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step3 コメント


・労働安全衛生法の選択式のDは、事業者の行うべき危険性又は有害性の調査(リスクアセスメント)からの出題でした。「危険性又は有害性等」という語句は、この条文の中の中心となる用語であることや、今年の改正点であること、平成19年の選択式でも出題実績があることなどから、正答率は高くなりました。



明日もがんばりましょう。



コメントする

名前
URL
 
  絵文字