2017年08月09日

「第3次ランチタイム・スタディ」の第21問です。

「第3次ランチタイム・スタディ」の主旨については、7月10日の佐藤塾ブログの『第3次「ランチタイム・スタディ」開始のお知らせ(ブログの記事のご案内)』をご覧ください。


さて、21問目は、労働安全衛生法です。

正答率69%の問題です。


<問題( 選択式 安衛 D )>

労働安全衛生法第66条の5においては、健康診断実施後の措置に関し、事業者は、健康診断の結果についての医師又は歯科医師の意見を勘案し、「その必要があると認めるときは、当該労働者の実情を考慮して、就業場所の変更、作業の転換、労働時間の短縮、深夜業の回数の減少等の措置を講ずるほか、作業環境測定の実施、施設又は設備の設置又は整備、当該医師又は歯科医師の意見の D 又は労働時間等設定改善委員会(労働時間等の設定の改善に関する特別措置法第7条第1項に規定する労働時間等設定改善委員会をいう。)への報告その他の適切な措置を講じなければならない。」と規定されている。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step1 次の選択肢の中から答を選んでください。



① 安全委員会若しくは衛生委員会
④ 衛生委員会
⑤ 衛生委員会若しくは安全衛生委員会
⑨ 産業医



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step2 正解は・・・


D → ⑤ 衛生委員会若しくは安全衛生委員会 (労働安全衛生法66条の5)


-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step3 コメント

・平成26年の労働安全衛生法の選択式Dは、法律条文からの出題でもあり、難易度はそれほど高くなかったものと思われます。



明日もがんばりましょう。
☞ 次の【第3次ランチタイム・スタディ 22】をご覧になりたい方はこちら




コメントする

名前
 
  絵文字