2017年08月01日

「第3次ランチタイム・スタディ」の第15問です。

「第3次ランチタイム・スタディ」の主旨については、7月10日の佐藤塾ブログの『第3次「ランチタイム・スタディ」開始のお知らせ(ブログの記事のご案内)』をご覧ください。


さて、15問目は、労働基準法です。

正答率89&81%の問題です。
※選択式労基B=89%、C=81%(Bは正答率がCより高いものの同じカテゴリーですので、Cの正答率に合わせここで掲載しています。)


<問題( 選択式 労基 BC )>

小売業、飲食業等において、いわゆるチェーン店の形態により相当数の店舗を展開して事業活動を行う企業における比較的小規模の店舗においては、店長等の少数の正社員と多数のアルバイト・パート等により運営されている実態がみられるが、この店舗の店長等については、十分な権限、相応の待遇等が与えられていないにもかかわらず労働基準法第41条第2号に規定する「監督若しくは管理の地位にある者」(以下「管理監督者」という。)として取り扱われるなど不適切な事案も見られることから、平成20年9月9日付け基発第0909001号通達「多店舗展開する小売業、飲食業等の店舗における管理監督者の範囲の適正化について」が出されており、同通達によれば、これらの店舗の店長等が管理監督者に該当するか否かについて、職務内容、責任と権限、勤務態様及び賃金等の待遇を踏まえ、総合的に判断することとなるとされており、このうち「賃金等の待遇」についての判断要素の一つとして、「実態として長時間労働を余儀なくされた結果、 B において、店舗に所属するアルバイト・パート等の賃金額に満たない場合には、管理監督者性を否定する C となる」ことがあげられている。




-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step1 次の選択肢の中から答を選んでください。



Bの選択肢
⑩ 時間単価に換算した賃金額
⑭ 総賃金額
⑰ 平均賃金額
⑳ 役職手当額


Cの選択肢
⑦ 考慮要素
⑧ 参考
⑬ 重要な要素
⑱ 補強要素



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step2 正解は・・・


B → ⑩ 時間単価に換算した賃金額 (平20.9.9基発0909001号)

C → ⑬ 重要な要素 (平.20.9.9基発0909001号)


  

-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step3 コメント

・平成26年の労働基準法の選択式B及びCは、チェーン店等における管理監督者性の判断基準を示した平成20年通達からの出題でした。選択肢から解答を絞り込める内容でしたので、比較的容易に解答できたと思われます。



明日もがんばりましょう。
☞ 次の【第3次ランチタイム・スタディ 15】をご覧になりたい方はこちら




コメントする

名前
 
  絵文字