2017年07月31日

「第3次ランチタイム・スタディ」の第14問です。

「第3次ランチタイム・スタディ」の主旨については、7月10日の佐藤塾ブログの『第3次「ランチタイム・スタディ」開始のお知らせ(ブログの記事のご案内)』をご覧ください。


さて、14問目は、厚生年金保険法です。

正答率81%の問題です。


<問題( 選択式 厚年 D )>

障害手当金の額は、厚生年金保険法第50条第1項の規定の例により計算した額の100分の200に相当する額とする。ただし、その額が障害等級3級の障害厚生年金の最低保障額に D を乗じて得た額に満たないときは、当該額とする。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step1 次の選択肢の中から答を選んでください。



① 1.25   ② 1.5
③ 2     ④ 3



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step2 正解は・・・


D → ③ 2(法57条)


  

-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step3 コメント

・平成26年の厚生年金保険法の選択式Dは、障害手当金の額を問う問題でした。基本事項を問うものでしたので、容易に正答できる内容でした。



来週もがんばりましょう。
☞ 次の【第3次ランチタイム・スタディ 15 】をご覧になりたい方はこちら




コメントする

名前
 
  絵文字