2017年07月11日

「第3次ランチタイム・スタディ」の第1問です。

「第3次ランチタイム・スタディ」の主旨については、7月10日の佐藤塾ブログの『第3次「ランチタイム・スタディ」開始のお知らせ(ブログの記事のご案内)』をご覧ください。


さて、1問目は、雇用保険法です。

正答率94%の問題です。


<問題( 選択式 雇用 A )>

雇用保険法第10条の4第1項は、「偽りその他不正の行為により失業等給付の支給を受けた者がある場合には、政府は、その者に対して、支給した失業等給付の全部又は一部を返還することを命ずることができ、また、厚生労働大臣の定める基準により、当該偽りその他不正の行為により支給を受けた失業等給付の  A  以下の金額を納付することを命ずることができる。」と規定している。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step1 次の選択肢の中から答を選んでください。



選択肢
⑰ 額に相当する額 
⑱ 額の2倍に相当する額
⑲ 額の3倍に相当する額 
⑳ 額の4倍に相当する額



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step2 正解は・・・


A → ⑱ 額の2倍に相当する額(法10条の4第1項)



   

-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step3 コメント

・平成26年の雇用保険法の選択式Aは、不正受給に関する返還命令に関する問題でした。過去何度も択一式で問われた論点ですので、ここは正解できないといけません。




明日もがんばりましょう。
☞ 次の【第3次ランチタイム・スタディ 2 】をご覧になりたい方はこちら




コメントする

名前
 
  絵文字