2017年05月28日

「いつも仕事が忙しく、仕事以外の時間が確保できないから、試験勉強は思い通りにいってない。どうしよう!」と、嘆いている方もいらっしゃることと思います。

ところで、「生まれてくるのがこの時代でなければ、仕事はもっとラクなのではないか。」なんて考えたことはありませんか。

「労働時間の適正な把握のために使用者が講ずべき措置に関するガイドライン」が、平成29年1月20日に策定されましたが、労働基準法に違反する過重な長時間労働や割増賃金の未払いは、現在の日本にとっては大きな問題です。

しかしながら、比較的仕事がラクではなかったかと思える平安時代も、一部の上層貴族を除いて、実はかなり過酷な労働だったようです。

「記事」はこちら → 平安貴族のお仕事、実はかなりブラックな労働環境だった?

平安貴族の中にも過酷な労働で心身に異常をきたす人がいたとは……今も昔も働くのは大変なんですね!!


自分だけが過酷ではない。
       ↓
仮に違う時代に生まれてきても同じだ。
       ↓
ならば、現在の自分でがんばるしかない。



なんて思って、一息いれて、学習に励んでください。
気持ちの持ちようで、今後の学習の進捗度合も変わってくるはずです。



コメントする

名前
URL
 
  絵文字