2017年05月03日

平成27年度厚生年金保険・国民年金事業の概況」の第1回~第7回は次のような構成としています。

1回:内容1 → 「公的年金制度の概況」
2回:内容2 → 「公的年金の給付状況」、「厚生年金保険の状況」
3回:内容3 → 「国民年金の状況」
第4回:過去問 → 「平成27年度厚生年金保険・国民年金事業の概況」に関連する過去問
・第5回:練習問題1 → 「公的年金制度の概況」の練習問題
第6回:練習問題2 → 「公的年金の給付状況、厚生年金保険の状況」の練習問題
・第7回:練習問題3 → 「国民年金の状況」の練習問題




第4回目は、過去問です。
1肢だけですので、正しいか誤っているかを答えてください。
また、誤っていると思った場合には、どこが誤っているのかを考えてみましょう。



<過去問>

「平成25年度厚生年金保険・国民年金事業の概況(厚生労働省)」によると、国民年金の第1号被保険者数(任意加入被保険者を含む。)は、平成25年度末現在で1,805万人となっており、前年度末に比べて3.1%増加し、第1号被保険者数は、対前年度末比において5年連続増加となっている。(H27-10C)



[解答]



☓  (平成25年度厚生年金保険・国民年金事業の概況) 第1号被保険者数(任意加入被保険者を含む)は1,805万人であり、前年度末に比べて58万人(3.1%)「減少」している。なお、第3号被保険者数は945万人であり、前年度末に比べて15万人(1.5%)減少しており、被用者年金被保険者数(厚生年金保険及び共済組合の加入者数)は3,967万人(うち厚生年金保険3,527万人、共済組合439万人)と、前年度末に比べて55万人(1.4%)増加している。厚生年金保険の被保険者数は、過去最多となっている。



いかがでしたでしょうか。
第1号被保険者と第3号被保険者は減少傾向で、第2号被保険者は増加傾向でしたね。
それぞれのおおまかな数値も押さえておきましょう。

次回は、練習問題にチャレンジです。






コメントする

名前
 
  絵文字