2017年03月28日

「第2次ランチタイム・スタディ」の第24問です。

「第2次ランチタイム・スタディ」の主旨については、2月21日の佐藤塾ブログの『第2次「ランチタイム・スタディ」開始のお知らせ(ブログの記事のご案内)』をご覧ください。


さて、24問目は、選択式の国民年金法です。

正答率71%の問題です。


<問題( 選択式 国年 E )>

平成25年7月1日において時効消滅不整合期間となった期間が保険料納付済期間であるものとして老齢基礎年金又は厚生年金保険法に基づく老齢給付等を受けている特定受給者が有する当該時効消滅不整合期間については、 E までの間、当該期間を保険料納付済期間とみなす。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step1 次の選択肢の中から答を選んでください。




⑧ 後納保険料納付期限日である平成27年9月30日

⑨ 後納保険料納付期限日である平成37年6月30日

⑮ 特定保険料納付期限日である平成30年3月31日

⑯ 特定保険料納付期限日である平成38年3月31日




-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step2 正解は・・・




E → ⑮ 特定保険料納付期限日である平成30年3月31日(法附則9条の4の4)


   

-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step3 コメント


・選択式の国民年金法のEは、時効消滅不整合期間の取扱いについての問題でした。ここは、前年の択一式でも出題されていたこともあり、押さえておかなければならない箇所であるといえます。



今日は練習問題はありません。

明日もがんばりましょう。
☞ 次の【第2次ランチタイム・スタディ 25 】をご覧になりたい方はこちら




コメントする

名前
 
  絵文字