2017年03月26日


平成27年度厚生年金保険・国民年金事業の概況」が3月に発表されました。

何回かに分けて、みなさんにお伝えいたします。

第1回~第7回は次のような構成としています。

1回:内容1 → 「公的年金制度の概況」
2回:内容2 → 「公的年金の給付状況」、「厚生年金保険の状況」
3回:内容3 → 「国民年金の状況」
第4回:過去問 → 「平成27年度厚生年金保険・国民年金事業の概況」に関連する過去問
・第5回:練習問題1 → 「公的年金制度の概況」の練習問題
第6回:練習問題2 → 「公的年金の給付状況、厚生年金保険の状況」の練習問題
・第7回:練習問題3 → 「国民年金の状況」の練習問題





第1回は、「公的年金制度の概況」です。


1 公的年金制度の概況

公的年金被保険者数は、平成27年度末現在で6,712万人となっており、前年度末に比べて1万人(0.0%)減少している。


 [公的年金被保険者数の内訳]

・ 国民年金の第1号被保険者数(任意加入被保険者を含む)は、平成27年度末現在で1,668万人となっており、前年度末に比べて74万人(4.3%)減少している。

厚生年金被保険者数(第1~4号)は、平成27年度末現在で4,129万人(うち第1号3,686万人第2~4号443万人)となっており、前年度末に比べて89万人(2.2%)増加している。

国民年金の第3号被保険者数は、平成27年度末現在で915万人となっており、前年度末に比べて17万人(1.8%)減少している。

公的年金被保険者数の推移


[ポイント]
・おおまかな数値と、増減は押さえておきましょう。




コメントする

名前
URL
 
  絵文字