2018年01月30日

「ランチタイム・スタディ」の第80問です。

「ランチタイム・スタディ」の主旨については、10月1日の佐藤塾ブログの『「ランチタイム・スタディ2017」開始のお知らせ(ブログの記事のご案内)』をご覧ください。



さて、80問目は、選択式の健康保険法です。

正答率70&43%の問題です。

※選択式健保B=70%、C=43%(Bは正答率がCより高いものの同じカテゴリーですので、Cの正答率に合わせここで掲載しています。)



<問題( 選択式 健保 BC )>

健康保険法第160条第4項の規定によると、全国健康保険協会(以下、本問において「協会」という。)は、都道府県別の支部被保険者及びその被扶養者の B と協会が管掌する健康保険の被保険者及びその被扶養者の B との差異によって生ずる療養の給付等に要する費用の額の負担の不均衡並びに支部被保険者の C と協会が管掌する健康保険の被保険者の C との差異によって生ずる財政力の不均衡を是正するため、政令で定めるところにより、支部被保険者を単位とする健康保険の財政の調整を行うものとされている。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step1 次の選択肢の中から答を選んでください。



B及びCの選択肢
⑤ 1人当たり保険給付費    ⑧ 財政収支
⑩ 所得階級別の分布状況   ⑪ 所要財源率
⑫ 総報酬額の平均額      ⑬ 年齢階級別の分布状況
⑯ 平均標準報酬月額      ⑲ 保険料率


-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step2 正解は・・・



B → ⑬ 年齢階級別の分布状況 (法160条4項)

C → ⑫ 総報酬額の平均額 (法160条4項)



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step3 コメント

・選択式の健康保険法のB及びCについては、都道府県単位保険料率の決定に係る財政の調整(法160条4項)からの出題でした。条文からの出題でしたが、学習を避けがちな細かい項目でしたので、条文内容が読み取れないなど、難易度は高かったようです。Bを「⑤1人当たり保険給付費」、Cを「⑩所得階級別の分布状況」としてしまった人が多く、選択肢に惑わされてしまったように思われます。



明日もがんばりましょう。




2018年01月29日

「ランチタイム・スタディ」の第79問です。
少々、混乱してアップが遅くなりました。

「ランチタイム・スタディ」の主旨については、10月1日の佐藤塾ブログの『「ランチタイム・スタディ2017」開始のお知らせ(ブログの記事のご案内)』をご覧ください。



さて、79問目は、選択式の雇用保険法です。

正答率43&79%の問題です。

※選択式雇用D=43%、E=79%(Eは正答率がDより高いものの同じカテゴリーですので、Dの正答率に合わせここで掲載しています。)



<問題( 選択式 雇用 DE )>

雇用保険法第64条の2は、「雇用安定事業及び能力開発事業は、被保険者等の D を図るため、 E の向上に資するものとなるよう留意しつつ、行われるものとする。」と規定している。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step1 次の選択肢の中から答を選んでください。



Dの選択肢
① 雇用及び生活の安定 ② 職業生活の安定 
③ 職業の安定 ④ 生活の安定


Eの選択肢
① 経済的社会的地位 ② 地位 
③ 労働条件 ④ 労働生産性


-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step2 正解は・・・



D → ③ 職業の安定(法64条の2)

E → ④ 労働生産性(法64条の2)



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step3 コメント

・選択式の雇用保険法のD及びEについては、改正事項からの出題でしたので、改正点を学習していたか否かで差が付いたと思われます。特にDは、約4人に1人が「①雇用及び生活の安定」を選び、約3人に1人が「②職業生活の安定」を選んでいました。紛らわしい選択肢が多かったため、多くの受験生が迷ってしまったようです。選択式対策のためには条文を読むことが重要ですが、そこに出てくる単語を意識して読み込みをする必要があります。



明日もがんばりましょう。




「ランチタイム・スタディ」の第77問です。
(1月25日アップ分を再アップしてしまいました。すみません。本日分はこのあとアップします。)

「ランチタイム・スタディ」の主旨については、10月1日の佐藤塾ブログの『「ランチタイム・スタディ2017」開始のお知らせ(ブログの記事のご案内)』をご覧ください。



さて、77問目は、選択式の厚生年金保険法です。

正答率47&75%の問題です。

※選択式厚年D=47%、E=75%(Eは正答率がDより高いものの同じカテゴリーですので、Dの正答率に合わせここで掲載しています。)



<問題( 選択式 厚年 DE )>

厚生年金保険法第78条の2の規定によるいわゆる合意分割の請求は、離婚等をした日の翌日から起算して2年を経過したときは、原則として行うことはできないが、離婚等をした日の翌日から起算して2年を経過した日前に請求すべき按分割合に関する審判の申立てがあったときであって、当該按分割合を定めた審判が離婚等をしたときから2年を経過した後に確定したときは、当該確定した日 D を経過する日までは合意分割の請求を行うことができる。
また、合意分割で請求すべき按分割合は、当事者それぞれの対象期間標準報酬総額の合計額に対する、 E の範囲内で定められなければならない。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step1 次の選択肢の中から答を選んでください。



Dの選択肢
⑤ から起算して1か月 
⑥ から起算して3か月
⑮ の翌日から起算して1か月 
⑯ の翌日から起算して3か月


Eの選択肢
⑪ 第1号改定者の対象期間標準報酬総額の割合を超え2分の1以下
⑫ 第1号改定者の対象期間標準報酬総額の割合を超え第2号改定者の対象期間標準報酬総額の割合以下
⑬ 第2号改定者の対象期間標準報酬総額の割合を超え2分の1以下
⑭ 第2号改定者の対象期間標準報酬総額の割合を超え第1号改定者の対象期間標準報酬総額の割合以下



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step2 正解は・・・



D → ⑮ の翌日から起算して1か月 (法78条の2、則78条の3第2項)

E → ⑬ 第2号改定者の対象期間標準報酬総額の割合を超え2分の1以下 (法78条の3第1項)



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step3 コメント

・選択式の厚生年金保険法のD及びEについては、離婚時の年金分割の問題でした。選択式では初の出題でしたが、Eについては、択一式でも問われたことのある問題でしたので、正答率は比較的高くなりました。離婚時の年金分割については、合意分割と3号分割の共通点・相違点を整理しておくことが大切です。




明日もがんばりましょう。