2021年02月09日

「ランチタイム・スタディ2021統計数値」の27日目は、「平成30年就労条件総合調査」から「退職給付」の推定予想問題です。


<推定予想問題(退職給付)>


〔問〕 退職給付に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

A 退職給付(一時金・年金)制度がある企業数割合を産業別にみると、複合サービス事業が最も高く、次いで鉱業,採石業,砂利採取業、電気・ガス・熱供給・水道業となっている。

B 退職一時金制度がある企業について、支払準備形態(複数回答)別の企業割合をみると、「特定退職金共済制度」が57.0%、「中小企業退職金共済制度」が44.0%、「社内準備」が11.5%となっている。

C 過去3年間に退職一時金制度の見直しを行った企業割合、過去3年間に退職年金制度の見直しを行った企業割合共に1割未満である。

D 退職給付(一時金・年金)制度がある企業について、平成29年1年間における勤続20 年以上かつ45歳以上の退職者がいた企業割合は、26.6%となっている。

E 退職給付(一時金・年金)制度がある勤続20 年以上かつ45歳以上の退職者がいた企業について、退職事由別の退職者割合をみると、「定年」が64.3%、「定年以外」では「会社都合」が5.4%、「自己都合」が22.8%、「早期優遇」が7.5%となっている。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step1 正解は・・・


B


-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step2 解説

A 〇 (平成30年就労条件総合調査結果の概況) 本肢のとおりである。退職給付(一時金・年金)制度がある企業数割合を産業別にみると、複合サービス事業が96.1%と最も高く、次いで鉱業,採石業,砂利採取業(92.3%)、電気・ガス・熱供給・水道業(92.2%)となっている。

B ☓ (平成30年就労条件総合調査結果の概況) 退職一時金制度がある企業について、支払準備形態(複数回答)別の企業割合をみると、「社内準備」が57.0%、「中小企業退職金共済制度」が44.0%、「特定退職金共済制度」が11.5%となっている。

C 〇  (平成30年就労条件総合調査結果の概況) 本肢のとおりである。退職一時金制度について、過去3年間に見直しを行った企業割合は9.3%であり、退職年金制度について、過去3年間に見直しを行った企業割合は5.1%となっている。


D 〇 (平成30年就労条件総合調査結果の概況) 本肢のとおりである。

E 〇 (平成30年就労条件総合調査結果の概況) 本肢のとおりである。





-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step3 コメント


・「平成30年就労条件総合調査結果の概況」から「退職給付」の択一式問題です。このテーマでは、前回の過去問焼き直し問題のA~Cが重要ですので、再度、確認しておいてください。



明日もがんばりましょう。



2021年02月08日

みなさん、こんにちは。
佐藤としみです。

2月28日(日)は東京本校において、無料体験を実施いたします。
科目は、社会保険一般常識①(10:30~13:00)になります。
講義では、「国民健康保険法」と「高齢者医療確保法」を取り上げます。
「健康保険法」との比較で押さえてくださいね。

講義は、私、佐藤としみが担当します。
☞佐藤としみ講師の講義の特長はこちら


19satou_ki



2月もこの日で終わりになります。
LIVE講義は現在、健康保険法に入り、社会保険科目がスタートしています。

労働科目ではうまく学習できていなかったという方も、社会保険の方で学習がはかどれば挽回できます。

社会保険科目だけでも予備校を利用してみようかと考えている方や、学習を自分なりに進めてきたけど、うまくはかどっていないなどという方は、ぜひ、お越しください。

独学で学習している方も、他の予備校を利用している人も、健保・国年・厚年だけ、あるいは、一般常識科目だけ、佐藤塾を利用してみる手もあります。
あるいは、社会保険パックという、労働科目の講義時間を圧縮又はゼロにしたコースもあります。

どのような講義なのか、どんなテキストを使用するのかなど、わからない方は、ぜひ参加してみてください。

予約は不要ですので、当日、直接、お越しください。
(2021年試験向けの講義で、今まで無料体験に参加された方でも今回は特別に参加を可とします。)

プレミアムテキスト社会保険一般常識①は、中綴じのものをお渡しいたしますので、国民健康保険法と高齢者医療確保法の範囲の部分はお持ち帰りしていただいて構いません。
☞プレミアムテキストの特長はこちら

講義を受講しようと決めていなくても、試しにどんなものか、視聴するだけでもいいので、来てください。
少なくとも勉強になりますし、きっと有意義な時間になることでしょう。


それでは、お待ちしています!!




「ランチタイム・スタディ2021統計数値」の26日目は、「平成30年就労条件総合調査」から「退職給付」の過去問焼き直し問題です。

<過去問(退職給付)>

〔問〕 「退職給付」に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

A 退職給付(一時金・年金)制度がある企業割合は約5分の4であり、企業規模別にみると、規模が大きいほど退職給付(一時金・年金)制度がある企業割合が高くなっている。

B 退職給付(一時金・年金)制度がある企業について、制度の形態別にみると、「退職一時金制度のみ」が最も多く、次いで「両制度併用」、「退職年金制度のみ」の順になっている。

C 退職年金制度がある企業について支払準備形態(複数回答)をみると、厚生年金基金が最も多く、確定拠出年金(企業型)と確定給付企業年金(キャッシュ・バランス・プランを含む。)がほぼ同じ割合である。

D 退職一時金制度のみの企業のうち、支払準備形態が社内準備のみの企業について、保全措置の有無をみると、保全措置を講じている企業割合は2割に満たない水準になっている。

E 退職一時金制度がある企業で、支払準備形態に社内準備を採用している企業について、算定基礎額の種類(複数回答)をみると、「退職時の賃金」が最も高くなっている。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step1 正解は・・・



C



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step2 解説

A 〇 (平成30年就労条件総合調査) 本肢のとおりである。退職給付(一時金・年金)制度がある企業数割合は、80.5%で、企業規模別にみると、1,000人以上が92.3%、300~999人が91.8%、100~299人が84.9%、30~99人が77.6%と規模が大きいほど退職給付(一時金・年金)制度がある企業数割合が高くなっている。(H26-5B改)

B 〇 (平成30年就労条件総合調査) 本肢のとおりである。退職給付(一時金・年金)制度がある企業について、制度の形態別にみると、「退職一時金制度のみ」が73.3%、「退職年金制度のみ」が8.6%、「両制度併用」が18.1%となっている。(H26-5A)

C ☓ (平成30年就労条件総合調査) 退職年金制度がある企業について、支払準備形態(複数回答)別の企業割合をみると、「厚生年金基金(上乗せ給付)」が20.0%、「確定給付企業年金(CBPを含む)」が43.3%、「確定拠出年金(企業型)」が47.6%となっている。(H26-5E)


D 〇 (平成25年就労条件総合調査) 本肢のとおりである。退職一時金制度のみの企業のうち、支払準備形態が社内準備のみの企業について、保全措置の有無をみると、保全措置を講じている企業割合は16.7%となっている。(H26-5D)

E 〇 (平成25年就労条件総合調査) 退職一時金制度がある企業で、支払準備形態に社内準備を採用している企業について、算定基礎額の種類(複数回答)をみると、算定基礎額を「退職時の賃金」とする企業割合が55.6%、「別に定める金額」が44.6%となっている。(H26-5C改)



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step3 コメント

・「平成30年(平成25年)就労条件総合調査結果の概況」から「退職給付」の過去問です。Aのように、就労条件総合調査では、「80.5%」となっているのに、本試験では、本肢のように「5分の4」とか、「8割」という表現が用いられたりします。「80.5%」という数字が頭にあると、とっさには「5分の4」という表現に戸惑うかもしれませんが、表現の違いは置きかえて考えるようにしてください。

・A~Cは平成30年、D及びEは平成25年就労条件総合調査からの問題で、最新の令和2年就労条件総合調査の問題ではありません。就労条件総合調査は、毎年、行われている調査で、社労士試験対策上、最重要といえるほど出題されている統計調査ですが、毎年の調査項目は必ずしも同じではありません。最新の令和2年就労条件総合調査では、退職給付については取り上げられていませんでしたので、退職給付に関して出題されるとすれば、平成25年又は平成30年の調査で取り上げられた項目が出題されることになります。ただ、平成25年と平成30年の退職給付の調査項目は、多くは同じものですが、前回は取り上げられていたものが、今回は取り上げられていないこともあります。D及びEは、平成30年の調査項目にはなく平成25年にはあった項目です。以前の調査内容で塗り替えられていない調査項目に関しては、現在も活きていると考えられますので、ここも試験範囲となりますが、あまりに古い調査項目は現行のものと一致しているかどうかが判断しにくくなりますので、試験問題としてふさわしいかどうかとなると出しにくいはずです。



明日もがんばりましょう。