2019年03月12日

「ランチタイム・スタディ2019統計数値」の11日目は、「平成29年雇用動向調査結果の概況」から「入職・離職の動向」の調査記載内容(前半)です。


「ランチタイム・スタディ 2019統計数値」の主旨については、2月21日の佐藤塾ブログの『ランチタイム・スタディ 2019統計数値」開始のお知らせ(ブログの記事のご案内)』をご覧ください。



入職・離職の動向

【平成29年雇用動向調査結果の概況】


(1)入職率、離職率

平成29年1年間の入職率(年初の常用労働者数に対する入職者数の割合)は16.0%離職率(年初の常用労働者数に対する離職者数の割合)は14.9%で、入職超過率は1.1ポイントの入職超過であった。


(2)性、年齢階級別の入職と離職

平成29年1年間の入職率と離職率を性、年齢階級別にみると、男女ともに入職率24歳以下が他の年齢階級に比べて高く離職率29歳以下に加えて、男性では60歳以上女性では30~34歳及び60歳以上も高くなっている。

入職率と離職率の大小関係をみると男女ともに24歳以下は入職率の方が高く、25~29歳から55~59歳までの各年齢階級でほぼ同率、60歳以上で離職率の方が高くなっている。

<ポイント>
・離職率が高いのは、20歳台と60歳以上、そして女性の30~34歳(結婚・子育て期間)となります。


(3)入職者に占めるパートタイム労働者の割合

平成29年1年間の年齢階級ごとの入職者に占めるパートタイム労働者の割合を性別にみると、男女とも19歳以下は高くなっており、20~24歳で大きく低下している。

女性の年齢階級ごとの割合は、20~24歳以降おおむね年齢が上がるとともに高くなり、35~39歳5割を超え、55~59歳7割を超えている。

男性の年齢階級ごとの割合は、25~29歳から50~54歳まで1~2割程度と低く、55~59歳、60~64歳3~4割程度、65歳以上6割を超えている。

<ポイント>
・女性の35~39歳は、子育てをしながら仕事に就くことが考えられますから、パートタイム労働者が多くなることが想定できます。
・男性の入職者に占めるパートタイム労働者の割合は、55歳以降で3~4割に跳ね上がり、65歳以上で更に跳ね上がることになります。


(4)転職入職者の雇用形態間の移動

平成29年1年間の転職入職者の雇用形態間の異動状況をみると、「雇用期間の定めなしから雇用期間の定めなしへ移動」した割合は49.3%、「雇用期間の定めなしから雇用期間の定めありへ移動」した割合は15.7%、「雇用期間の定めありから雇用期間の定めなしへ移動」した割合は10.0%、「雇用期間の定めありから雇用期間の定めありへ移動」した割合は23.0%となっている。

<ポイント>
・「期間の定めなし」で働いていた人は、再就職の際も、「期間の定めなし」が多く、「期間の定めあり」で働いていた人は、再就職の際も、「期間の定めあり」になる傾向が強いことになります。



明日もがんばりましょう。



2019年03月11日

佐藤塾で受講していただいている方を対象に「個別相談」3月16日(土)、17日(日)実施いたします。

お一人様25分で行います。

次のような方はご相談ください。
学習の方法等で悩みや相談のある方
モチベーションを高めたい
③今後の学習で巻き返しを図りたい


東京本校に来所いただくか、電話で話をするかのいずれでも結構ですので、予約をしてください。
お越しいただける方は、できるだけお越しください。
(お手元に「個別相談シート」がある方は、記載していただき、お話しをする当日にお持ちいただくか、電話でお話しする場合は事前に各本校にお渡しください。現在、お持ちでない方は、ナシで構いません。通信で受講の方には、本日(3月11日)の発送物に同封してあります。)

時間割ですが、3月16(土)は、相談開始時刻で、①~⑤の設定としています。(1枠25分)
①17:00~ ②17:35~ ③18:10~ ④18:45~ ⑤19:20~ 

3月17日(日)は、教室確保の都合上、⑥又は⑦の2枠のみとなります。
⑥10:35~ ⑦11:10~


先日、個別相談にお越しいただいた方は、お疲れ様でした。
どの方とも、早い段階で話ができて良かったというのが正直なところです。
というのも、今なら軌道修正することが可能だからです。

2回目の相談は、基本的に1回目の相談日から40日以上あけて、再度、お申し込みください。
(逆にいうと、相談日から40日経過すれば、2回目の相談可能となりますので、有効に活用してください。)
(佐藤塾パンフに掲載させていただいている合格者の方を含めて合格された多くの方は、個別相談を上手く活用されてきています。)
2回目以降の際は、個別相談シートは、ご提出いただいているので必要ありません。

 
[手順]
・03-3360-3371(辰已法律研究所東京本校)に電話をしていただき、予約をしてください。
・「氏名、電話番号、来所か電話か、枠(①~⑦)の希望」をお伝えください。

・東京本校にお越しいただける方は、その時刻までに東京本校へお越しください。
・電話の方は、その時刻に電話がかかってくるのをお待ちください。
 (3分過ぎても電話が無い場合はお手数ですが、東京本校に電話でその旨、連絡してください。)


今後の学習に関するアドバイスさせていただきます。
疑問や不安や心配事は、早いうちに解決してしまいましょう。



「ランチタイム・スタディ 2019統計数値」の10日目は、「労働力調査(基本集計)」から「若年層の失業の動向」の推定予想問題です。
なお、この分野の過去問も出題も若干ありますが、かなり以前のもので修復するのが難しいため、「B過去問」はカットします。


「ランチタイム・スタディ 2019統計数値」の主旨については、2月21日の佐藤塾ブログの『ランチタイム・スタディ 2019統計数値」開始のお知らせ(ブログの記事のご案内)』をご覧ください。



<推定予想問題(若年層の失業の動向)>

〔問〕 失業の動向に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

A 若年層(ここでは15~34歳とした。以下、同じ)の完全失業者は、2018年平均で60万人と、前年に比べ減少している。

B 若年層の完全失業率は3.4%となり、前年に比べ低下している。

C 若年層の完全失業者を年齢階級別にみると、15~24歳は21万人と4万人の減少、25~34歳は39万人と4万人の減少となった。若年層の完全失業率を年齢階級別にみると、15~24歳は3.6%と1.0ポイントの低下、25~34歳は3.4%と0.3 ポイントの低下となった。

D 若年無業者は、2018年平均で53万人となり、前年に比べ減少している。

E 若年無業者を年齢階級別にみると、25~29歳が17万人と最も多く、次いで30~34歳が15万人などとなっている。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step1 正解は・・・



E



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step2 解説

A 〇 (労働力調査(基本集計)平成30年平均(速報)結果の概要) 本肢のとおりである。

B 〇 (労働力調査(基本集計)平成30年平均(速報)結果の概要) 本肢のとおりである。

C 〇 (労働力調査(基本集計)平成30年平均(速報)結果の概要) 本肢のとおりである。

D 〇 (労働力調査(基本集計)平成30年平均(速報)結果の概要) 本肢のとおりである。

E ☓ (労働力調査(基本集計)平成30年平均(速報)結果の概要) 若年無業者を年齢階級別にみると、「30~34歳」が17万人と最も多く、次いで「25~29歳」が15万人などとなっている。




-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step3 コメント

・「労働力調査(基本集計)平成30年平均(速報)結果の概要」から「若年層の失業の動向」の問題です。若年層の完全失業者=60万人(低下)、若年層の完全失業率=3.4%(低下)を基本事項として、若年無業者の方に展開していきましょう。



明日もがんばりましょう。