2020年08月06日

「ランチタイム・スタディ2020統計数値」の130日目は、「平成26年就業形態の多様化に関する総合実態調査」から「就業形態の多様化」の調査記載内容です。


就業形態の多様化

【平成26年就業形態の多様化に関する総合実態調査】

(1)正社員以外の労働者を活用する理由

正社員以外の労働者がいる事業所について、正社員以外の労働者の活用理由(複数回答)をみると、「賃金の節約のため」が38.6%と最も高く、次いで「1日、週の中の仕事の繁閑に対応するため」が32.9%、「即戦力・能力のある人材を確保するため」が30.7%の順となっている。

主な正社員以外の就業形態別にみると、
①「契約社員(専門職)」では「専門的業務に対応するため」49.9%が最も高く、次いで「即戦力・能力のある人材を確保するため」38.7%、
②「嘱託社員(再雇用者)」では「高年齢者の再雇用対策のため」78.7%が最も高く、次いで「即戦力・能力のある人材を確保するため」39.0%、
③「パートタイム労働者」では「賃金の節約のため」41.5%が最も高く、次いで「1日、週の中の仕事の繁閑に対応するため」39.5%
④「派遣労働者(受け入れ)」では「即戦力・能力のある人材を確保するため」34.5%が最も高く、次いで「正社員を確保できないため」33.0%
となっている。

<ポイント>
・「契約社員(専門職)」、「嘱託社員(再雇用者)」、「パートタイム労働者」、「派遣労働者(受け入れ)」の中では、最も多くを占めるのは、「パートタイム労働者」ですから、「パートタイム労働者」の活用理由の1番目、2番目にくる理由が、そのまま全体の1位、2位を占め、「契約社員(専門職)」、「嘱託社員(再雇用者)」の2番目にくる理由が合わさり、全体の3番目にきていることになります。


(2)正社員以外の労働者を活用する上での問題点

正社員以外の労働者がいる事業所について、活用する上での問題点(複数回答)をみると、「良質な人材の確保」が53.8%と最も高く、次いで「定着性」49.1%、「仕事に対する責任感」が48.6%などとなっている。

就業形態別にみると、
①「派遣労働者(受け入れ)」、「契約社員(専門職)」、「臨時労働者」では「良質な人材の確保」がそれぞれ60.1%、59.3%、59.3%と最も高く、
②「パートタイム労働者」では「定着性」が50.1%、
③「嘱託社員(再雇用者)」では「仕事に対する向上意欲」が36.0%
とそれぞれ最も高くなっている。



明日もがんばりましょう。



2020年08月05日

「ランチタイム・スタディ2020統計数値」の129日目は、「平成29年就労条件総合調査結果の概況」から「賞与」の調査記載内容です。


賞与

【平成29年就労条件総合調査結果の概況】

(1) 賞与制度の有無及び支給実績

賞与制度がある企業割合90.1%となっており、そのうち、「賞与を支給した」が95.7%、「賞与を支給しなかった」が4.3%となっている。


(2) 賞与の算定方法

賞与制度がある企業のうち、賞与の算定方法がある企業割合は、管理職では81.0%管理職以外では83.8%となっている。

そのうち、算定方法別に企業割合をみると、管理職、管理職以外ともに「考課査定により算定(個人別業績)」(管理職55.6%、管理職以外62.3%)が最も多く、次いで「定率算定(基本給全体が対象)」(管理職53.1%、管理側以外56.7%)となっている。


(3) 個人業績の評価基準

賞与制度があり、賞与の算定方法において個人別業績を採用している企業における主たる評価基準別の企業割合をみると、管理職、管理職以外ともに「成果(目標)達成度」(管理職55.5%、管理職以外47.0%)が最も多く、次いで「職務遂行能力」(管理職24.5%、管理職以外25.1%)となっている。


(4) グループ業績の評価基準

賞与制度があり、賞与の算定方法においてグループ別業績を採用している企業について、主たる評価基準別の企業割合をみると、「目標達成度」が40.5%と最も多く、ついで「営業利益」が35.6%となっている。



明日もがんばりましょう。



2020年08月04日

最後の追い込みに励んでいると思います。

最後の最後にやっておかないといけないことは、今までやってきたことをひたすら「なぞる」ことです。
決して、今までやっていない「未学習の領域」に足を踏み入れてはいけません。

仮にも1年という間にそれなりの範囲を学習してきているにもかかわらず、手薄な範囲があったとしても、その範囲は捨ててもいい範囲だと思われます。

学習していない範囲の問題を得点できるようになることよりも、今までやってきたところを本試験で取りこぼさずに得点に結びつけることの方が肝心です。

また、択一式は時間との勝負ですから、時間をかけずにできればすぐに気が付く問題を多くしたいものです。

それには、本試験前に基本事項も含めて再度、見直しておくと、すぐに気付く問題が多くなります。
したがって、できるだけ多くの今まで学習してきた事項に万遍なく目を通しておきたいものです。

本試験直前のセオリーとして、「本試験直前に一瞬でも目を通したことは正解できる」ことが挙げられます。

もう少し詳しくお伝えすると、本試験直前に目を通したことは、おそらく即座に正解できるものの、目を通さなかった事項は、「正解できるものの解くのに時間がかかる」か、「正解できない」こととなります。

すなわち、択一式の試験の最重要要素である<時間>を失うことになってしまうのです。


また、「即座に正解できる」ということは、いわば「反応で解く」ということでもありますから、さほど疲れません。
しかし、「正解できるものの解くのに時間がかかる」場合は、いわば「頭で考える(頭から記憶をひねり出す)」ため、「脳」がそれなりに疲労します。

3時間半という長丁場の試験の場合、疲れは大敵です。
できるだけ疲れない状態で、後半の「見直し」に入りたいものです。

また、「記憶力が悪いのですぐ忘れてしまう」という方が多くいますが、それなら逆に直前に目を通しておけばいいということになります。
したがって、できるだけ、この1年間で学習してきたことを、テキストなり答練・模試・過去問なりで、なぞっていきましょう。

本試験直前になぞることができれば、本試験で出題された際には、時間をかけずに正解できる可能性が高くなります。
しかも、疲労も最小限にとどまります。

わずかな日数でも比較的多くの箇所をなぞることはできます。
がんばってください。