2019年05月16日

どうやら、70歳雇用へ企業に努力義務を課すようです。
今日の新聞(朝刊)では、日経、産経、毎日が1面トップで報じていました。

それとともに、公的年金の受給開始年齢を70歳以降でも可能になるようです。
ただ、原則65歳となっている公的年金の支給開始年齢は引き上げないとされています。

今年の本試験でも、「高齢化」にかかわる調査や法令は、多少、念入りに目を通しておいた方がいいかもしれません。

70歳雇用へ企業に努力義務 政府、起業支援など7項目<日本経済新聞>

70歳まで継続雇用 企業に努力義務 政府会議が方針示す<毎日新聞>

希望者が“70歳まで”働き続けられる制度案 政府が取りまとめ<NHK NEWS WEB>


参考までに・・・



「ランチタイム・スタディ 2019統計数値」の51日目は、「平成30年障害者雇用状況の集計結果」から「障害者の雇用状況」の推定予想問題1です。


「ランチタイム・スタディ 2019統計数値」の主旨については、2月21日の佐藤塾ブログの『ランチタイム・スタディ 2019統計数値」開始のお知らせ(ブログの記事のご案内)』をご覧ください。


<推定予想問題(障害者の雇用状況)>

〔問〕 障害者の雇用状況に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

A 民間企業(45.5人以上規模)における全体の障害者の実雇用率は2.25%で、過去最高を更新している。

B 法定雇用率を達成している企業の割合は65.9%と対前年比で4.1ポイント増加している。

C 民間企業に雇用されている障害者の内訳としては、身体障害者が最も多く、全体の約2分の1を占め、次いで知的障害者、精神障害者の順である。いずれも前年より増加しており、特に知的障害者の伸び率が大きい。

D 平成30年の法定雇用率未達成企業のうち、不足数が0.5人または1人である企業(1人不足企業)が、64.0.%と過半数を占めている。

E 障害者を1人も雇用していない企業(障害者雇用ゼロ企業)の未達成企業に占める割合は、37.8%となっている。




-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step1 正解は・・・



D



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step2 解説

A ☓ (平成30年 障害者雇用状況の集計結果) 民間企業(45.5人以上規模)における全体の障害者の実雇用率は「2.05%」で、過去最高を更新している。

B ☓ (平成30年 障害者雇用状況の集計結果) 法定雇用率を達成している企業の割合は「45.9%」と対前年比で4.1ポイント「減少」している。

C ☓  (平成30年 障害者雇用状況の集計結果) 民間企業に雇用されている障害者の内訳としては、身体障害者が最も多く、全体の約「3分の2」を占め、次いで知的障害者、精神障害者の順である。いずれも前年より増加しており、特に「精神障害者」の伸び率が大きい。


D 〇 (平成30年 障害者雇用状況の集計結果) 本肢のとおりである。

E ☓ (平成30年 障害者雇用状況の集計結果) 障害者を1人も雇用していない企業(障害者雇用ゼロ企業)の未達成企業に占める割合は、「57.8%」となっている。





---------------------------------------------------------------------------------------
step3 コメント


・「平成30年障害者雇用状況の集計結果」から「障害者の雇用状況」の択一式問題です。Aの数字に関しては、民間企業全体における障害者の実雇用率は2.05%と2%台に乗り、過去最高を更新していますので正確に押さえておきたいものです。本肢のように障害者の実雇用率が2.25%とあるのは、民間企業の法定雇用率2.2%を超えていますので、そんなはずはないと考えてください。

・Bについては、民間企業全体における障害者雇用者数も障害者雇用率も過去最高を更新しているにもかかわらず、法定雇用率を達成している企業の割合は45.9%と対前年比で4.1ポイント減少しているのは、平成30年4月1日から、法定雇用率が改定され、民間企業の場合は、2.0%から2.2%となったためです。ここでは、「障害者雇用者数も障害者雇用率も過去最高」につられて、「法定雇用率を達成している企業の割合も過去最高」とひっかからないように気を付けておきましょう。

・Cは、細かいところになりますのでやや難解になりますが、2か所の誤りがありますので、どちらかで見抜いてほしいところです。増加幅が大きいのは精神障害者(対前年比34.7%増)になります(身体障害者(対前年比3.8%増)、知的障害者(対前年比7.9%増))。これは、精神障害者は平成18年4月1日から実雇用率に算定されることとなっていて、最後に加わっていることもあり、このところの人手不足も絡んで採用が進んでいることや、元の人数が少ないため、増加率も高くなる傾向になることを含んでおきましょう。



明日もがんばりましょう。



こんな記事がありました。

要注意! 効率の悪いNG勉強法4選

思い当たるものがある人はいませんでしたか?
この中のひとつあるいはいくつか、思い当たることがある方は、気を付けましょう。
これからの学習で陥らないだけでもかなりの収穫になるはずです。

参考までに・・