2019年03月15日

「ランチタイム・スタディ 2019統計数値」の14日目は、「平成29年雇用動向調査」から「入職、離職の動向」の推定予想問題です。


「ランチタイム・スタディ 2019統計数値」の主旨については、2月21日の佐藤塾ブログの『ランチタイム・スタディ 2019統計数値」開始のお知らせ(ブログの記事のご案内)』をご覧ください。



<推定予想問題(入職、離職の動向)>

〔問〕 入職、離職の動向に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

A 平成29年1年間の年齢階級ごとの入職者に占めるパートタイム労働者の女性の年齢階級ごとの割合は、20~24歳以降おおむね年齢が上がるとともに高くなり、35~39歳で5割を超え、55~59歳で7割を超えている。

B 平成29年1年間の年齢階級ごとの入職者に占めるパートタイム労働者の男性の年齢階級ごとの割合は、25~29歳から50~54歳まで1~2割程度と低く、55~59歳、60~64歳で3~4割程度、65歳以上で6割を超えている。

C 平成29年1年間の転職入職者の雇用形態間の異動状況をみると、「雇用期間の定めなしから雇用期間の定めなしへ移動」した割合は49.3%で最も多く、次いで「雇用期間の定めありから雇用期間の定めありへ移動」した割合が23.0%などとなっている。

D 平成29年1年間の転職入職者が前職を辞めた理由をみると、女性は「その他の理由(出向等を含む)」を除くと「労働時間、休日等の労働条件が悪かった」が最も高く、次いで「職場の人間関係が好ましくなかった」となっている。

E 女性について平成29年1年間の出産・育児を理由とする離職率を年齢階級別にみると、25~29歳で最も高くなっている。就業形態別にみると、25歳以上でパートタイム労働者より一般労働者の方が離職率が高くなっている。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step1 正解は・・・



E



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step2 解説

A 〇 (平成29年雇用動向調査結果の概況) 本肢のとおりである。

B 〇 (平成29年雇用動向調査結果の概況) 本肢のとおりである。

C 〇 (平成29年雇用動向調査結果の概況) 本肢のとおりである。なお、「雇用期間の定めなしから雇用期間の定めありへ移動」した割合は15.7%、「雇用期間の定めありから雇用期間の定めなしへ移動」した割合は10.0%である。

D 〇 (平成29年雇用動向調査結果の概況) 本肢のとおりである。なお、平成29年1年間の転職入職者が前職を辞めた理由について、男性は「その他の理由(出向等を含む)」を除くと「定年・契約期間の満了」が最も高く、次いで「労働時間、休日等の労働条件が悪かった」となっており、前年と比べると、上昇幅が最も大きいのは、男女とも「労働時間、休日等の労働条件が悪かった」である。

E ☓ (平成29年雇用動向調査結果の概況) 女性について平成29年1年間の「結婚」を理由とする離職率を年齢階級別にみると、25~29歳で最も高くなっている。就業形態別にみると、25歳以上でパートタイム労働者より一般労働者の方が離職率が高くなっている。なお、女性について平成29年1年間の出産・育児を理由とする離職率を年齢階級別にみると、30~34歳で最も高くなっている。就業形態別にみると、25~29歳から35~39歳までの各年齢階級で一般労働者よりパートタイム労働者の方が離職率が高くなっている。




-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step3 コメント

・「平成29年雇用動向調査」から「入職、離職の動向」の択一式問題でしたが、問題で取り上げた箇所を中心に、ここでは特に男女の比較で押さえておいてください。



来週もがんばりましょう。



2019年03月14日

「ランチタイム・スタディ 2019統計数値」の13日目は、「平成29年雇用動向調査結果の概況」から「入職、離職の動向」の過去問です。遅くなり、すみません。過去問の焼き直しに手間取りました。

「ランチタイム・スタディ 2019統計数値」の主旨については、2月21日の佐藤塾ブログの『ランチタイム・スタディ 2019統計数値」開始のお知らせ(ブログの記事のご案内)
』をご覧ください。


<問題(入職、離職の動向)>

〔問〕 入職、離職に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

A 離職率は、男女ともに、年齢が上がるにしたがって必ず低下しているが、60歳代前半になると、定年制の影響を受けて、男女ともに50歳代よりも上昇している。

B 入職者に占めるパートタイム労働者の割合は、どの年齢層をとっても、男性よりも女性の方が高い。

C 入職者に占めるパートタイム労働者の割合は、30歳代後半以降の女性の場合は、パートタイム労働者の割合が7割を超えている。

D 平成29年1年間の離職率を離職理由別にみると、「個人的理由」(「結婚」「出産・育児」「介護・看護」及び「その他の個人的理由」の合計)によるものは0.9%であり、「事業所側の理由」(「経営上の都合」「出向」及び「出向元への復帰」の合計)によるものは11.1%である。

E 転職入職者が前職を辞めた理由(「その他の理由」を除く)として最も多いのは、男性の場合は「定年・契約期間の満了」、女性の場合は「労働時間、休日等の労働条件が悪かった」である。




-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step1 正解は・・・


E


-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step2 解説

A ☓   (平成29年雇用動向調査結果の概況) 離職率は、男女ともに、年齢が上がるにしたがって概ね低下する傾向にあるが、必ず低下している訳ではない。男性の30~34歳の離職率は10.9%であるが、35~39歳は12.5%となり、上昇している。(H23-1C)

B ☓  (平成29年雇用動向調査結果の概況) 平成29年の入職者に占めるパートタイム労働者の割合は、20~24歳以外の年齢層においては男性よりも女性の方が高いが、20~24歳に関しては男性(34.3%)の方が、女性(30.6%)よりも高くなっている。(H23-1E改)

C ☓  (平成29年雇用動向調査結果の概況) 入職者に占めるパートタイム労働者の割合は、30歳代後半以降の女性の場合は、パートタイム労働者の割合が「5割」を超えている。7割を超えるのは、55歳以上の女性の場合である。(H23-1E改)

D ☓ (平成29年雇用動向調査結果の概況) 平成29年1年間の離職率を離職理由別にみると、「個人的理由」によるものは「11.1%」であり、「事業所側の理由」によるものは「0.9%」である。(H22-3D改)

E 〇  (平成29年雇用動向調査結果の概況) 本肢のとおりである。(H22-3E)


-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step3 コメント

・「平成29年雇用動向調査結果の概況」からの入職、離職の動向に関する問題です。本問は、かなり難しかったと思われますので、できなくてもあまり気にしないでください。



明日もがんばりましょう。



2019年03月13日

「ランチタイム・スタディ2019統計数値」の12日目は、「平成29年雇用動向調査結果の概況」から「入職・離職の動向」の調査記載内容(後半)です。


「ランチタイム・スタディ 2019統計数値」の主旨については、2月21日の佐藤塾ブログの『ランチタイム・スタディ 2019統計数値」開始のお知らせ(ブログの記事のご案内)』をご覧ください。



入職・離職の動向

【平成29年雇用動向調査結果の概況】


(5)転職入職者が前職を辞めた理由

平成29年1年間の転職入職者が前職を辞めた理由をみると、男性は「その他の理由(出向等を含む)」23.4%を除くと「定年・契約期間の満了」17.8%が最も高く、次いで「労働時間、休日等の労働条件が悪かった」12.4%となっている。

女性は「その他の理由(出向等を含む)」22.9%を除くと「労働時間、休日等の労働条件が悪かった」14.7%が最も高く、次いで「職場の人間関係が好ましくなかった」13.0%となっている。

前年と比べると、上昇幅が最も大きいのは、男女とも「労働時間、休日等の労働条件が悪かった」で男性は2.9ポイント、女性は2.4ポイント上昇した。

<ポイント>
・「労働時間、休日等の労働条件が悪かった」が上昇幅が最も大きくなってきていることに留意しておきましょう。昨年と動き(違い)が見られる部分です。


(6)転職入職者の賃金変動状況

平成29年1年間の転職入職者の賃金変動状況をみると、前職の賃金に比べ「増加」した割合は36.2%、「減少」した割合は33.0%、「変わらない」の割合は29.2%となっている。

<ポイント>
・増加した人がやや多いという程度の認識でよいと思われます。


(7)結婚、出産・育児を理由とする離職率(女性)

女性について平成29年1年間の結婚を理由とする離職率を年齢階級別にみると、25~29歳で最も高くなっている。
就業形態別にみると、25歳以上でパートタイム労働者より一般労働者の方が離職率が高くなっている。

出産・育児を理由とする離職率を年齢階級別にみると、30~34歳で最も高くなっている。
就業形態別にみると、25~29歳から35~39歳までの各年齢階級で一般労働者よりパートタイム労働者の方が離職率が高くなっている。

<ポイント>
・結婚を理由とする離職率は、パートタイム労働者より一般労働者の方が離職率が高いのに対し、出産・育児を理由とする離職率は、一般労働者よりパートタイム労働者の方が離職率が高くなっていることに気を留めておいてください。正社員では結婚で仕事を辞める人が多いのに対し、パートタイム労働者は結婚では仕事を辞めずに出産や育児で仕事を辞めている状況が読み取れます。


(8)介護・看護の理由による離職率

平成29年1年間の介護・看護の理由による離職率を性、就業形態、年齢階級別にみると、男性ではパートタイム労働者の60~64歳女性ではパートタイム労働者の55~59歳は他の年齢階級に比べ高くなっている。

<ポイント>
・介護や看護の理由で離職する人は、男女ともに「パートタイム労働者」の高年齢者層が高くなっています。年齢に関しては、自分の親が要介護状態となってしまうことを考えれば、こういった年齢層が高くなることにうなずけます。



明日もがんばりましょう。