2020年10月21日

「ランチタイム・スタディ 2020本試験」の第21問です。

21問目は、択一式の労働安全衛生法です。

正答率78%の問題です。



<問題( 択一式 安衛 問8 )>

〔問〕 労働安全衛生法第66条の8から第66条の8の4までに定める面接指導等に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

A 事業者は、休憩時間を除き1週間当たり40時間を超えて労働させた場合におけるその超えた時間が1月当たり60時間を超え、かつ、疲労の蓄積が認められる労働者から申出があった場合は、面接指導を行わなければならない。

B 事業者は、研究開発に係る業務に従事する労働者については、休憩時間を除き1週間当たり40時間を超えて労働させた場合におけるその超えた時間が1月当たり80時間を超えた場合は、労働者からの申出の有無にかかわらず面接指導を行わなければならない。

C 事業者は、労働基準法第41条の2第1項の規定により労働する労働者(いわゆる高度プロフェッショナル制度により労働する労働者)については、その健康管理時間(同項第3号に規定する健康管理時間をいう。)が1週間当たり40時間を超えた場合におけるその超えた時間が1月当たり100時間を超えるものに対し、労働者からの申出の有無にかかわらず医師による面接指導を行わなければならない。

D 事業者は、労働安全衛生法に定める面接指導を実施するため、厚生労働省令で定めるところにより、労働者の労働時間の状況を把握しなければならないが、労働基準法第41条によって労働時間等に関する規定の適用が除外される労働者及び同法第41条の2第1項の規定により労働する労働者(いわゆる高度プロフェッショナル制度により労働する労働者)はその対象から除いてもよい。

E 事業者は、労働安全衛生法に定める面接指導の結果については、当該面接指導の結果の記録を作成して、これを保存しなければならないが、その保存すべき年限は3年と定められている。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step1 正解は・・・



C
   


-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step2 解説

A × (法66条の8第1項、則52条の2) 面接指導の対象とされる労働者は、休憩時間を除き1週間当たり40時間を超えて労働させた場合におけるその超えた時間が1月当たり「80時間」を超え、かつ、疲労の蓄積が認められる者とされる。

B × (法66条の8の2第1項、則52条の7の2第1項) 研究開発業務に従事する労働者については、休憩時間を除き1週間当たり40時間を超えて労働させた場合におけるその超えた時間が1月当たり「100時間」を超えた場合は、労働者からの申出の有無にかかわらず、面接指導を行わなければならない。

C 〇 (法66条の8の4第1項、則52条の7の4第1項) 本肢のとおりである。なお、健康管理時間とは、対象労働者が事業場内にいた時間と事業場外において労働した時間との合計の時間をいう(労基則34の2第7項)。

D × (法66条の8の3) 労働時間の状況を把握する対象者には、労働基準法41条によって労働時間等に関する規定の適用が除外される労働者(管理監督者等)も含まれる。なお、高度プロフェッショナル制度対象労働者については、対象から除かれている。

E × (法66条の8第3項、則52条の6第1項) 面接指導の結果の記録については、「5年間」保存しなければならないとされている。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step3 コメント

・択一式の労働安全衛生法の問8は、面接指導等に関する問題でした。面接指導は、近年、試験で問われやすい箇所でもあり、丹念に学習していたことと思います。今回、A、B、C、Eは数字が論点で、Dは基本事項でしたので、まとめて押さえていれば、正解することは比較的、容易だったと思われます。



明日もがんばりましょう。




10月21日は、白熱電球を完成させた(発明した)日であることから、「エジソンの日」とされています。

エジソンは「発明王」として知られますが、発明家であるとともに、事業家として成功したことから、これほど知られた存在になりました。

子どもの頃は、「どうして2+2は4なの?」とか、「風はどうして吹くの?」などと、先生にあまりに質問することから問題児として学校を退学させられてしまい、母親といっしょにいろいろな実験をして過ごしたようです。

思いついたことをその都度、ノートに残し、一生の間になんとそのノートが3,500冊にもなりました。

「10日にひとつ小さな発明、半年にひとつ大きな発明」を目標に実践していったとのことです。


【エジソンの残した言葉】
・天才とは1%の才能と99%の努力である。
・成功するために一番確実な方法は、かならずもう一度だけ試してみることだ。
・99回の失敗のあとに、やっと1回成功すればいいほうである。
・すばらしい発明だからといっても、自然に広まってはくれない。
・毎日18時間私は働く。これだけ働いたら、人の倍成功しても当たり前だろう。
・本当の偉人とは、多くの心配事を持ちながらも弱音をはかない人である。


社労士受験の学習のモチベーションアップにもなりますね。
参考にしてください。




2020年10月20日

「ランチタイム・スタディ 2020本試験」の第20問です。

20問目は、択一式の社会保険一般常識です。

正答率79%の問題です。



<問題( 択一式 社一 問9 )>

〔問〕 社会保険審査官及び社会保険審査会法に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

A 審査請求は、政令の定めるところにより、文書のみならず口頭でもすることができる。

B 審査請求は、代理人によってすることができる。代理人は、各自、審査請求人のために、当該審査請求に関する一切の行為をすることができる。ただし、審査請求の取下げは、特別の委任を受けた場合に限り、することができる。

C 社会保険審査官は、原処分の執行の停止又は執行の停止の取消をしたときは、審査請求人及び社会保険審査官及び社会保険審査会法第9条第1項の規定により通知を受けた保険者以外の利害関係人に通知しなければならない。

D 審査請求人は、社会保険審査官の決定があるまでは、いつでも審査請求を取り下げることができる。審査請求の取下げは、文書のみならず口頭でもすることができる。

E 健康保険法の被保険者の資格に関する処分に不服がある者が行った審査請求に対する社会保険審査官の決定に不服がある場合の、社会保険審査会に対する再審査請求は、社会保険審査官の決定書の謄本が送付された日の翌日から起算して2か月を経過したときは、することができない。ただし、正当な事由によりこの期間内に再審査請求をすることができなかったことを疎明したときは、この限りでない。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step1 正解は・・・



D
   


-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step2 解説

A 〇 (法5条1項) 本肢のとおりである。

B 〇 (法5条の2) 本肢のとおりである。

C 〇 (法10条5項) 本肢のとおりである。

D × (法12条の2) 前段部分は正しいが、審査請求の取下げは、「文書」でしなければならない。

E 〇 (法32条1項) 本肢のとおりである。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step3 コメント

・択一式の社会保険一般常識の問9は、社会保険審査官及び社会保険審査会法からの出題でした。Cの難易度が高かったと思われますが、正解肢であるDは基本事項でしたので、正解できた人が多かったように思われます。



明日もがんばりましょう。