2016年12月25日

「過去10年分問題集」の活用法の第2弾です。

あまり知られていないようですが、過去問4冊には、読者プレゼントが付いています。

読者プレゼント



各4冊の過去問のどの部分を解説しているかというと、主要6科目(労基・労災・雇用・健保・国年・厚年)の冒頭の第1章~第2章程度を収録しています。

過去問に目を通すことが大事であることがわかっていても、実際に過去問を開く習慣がないとなかなか前へ進めない人も多いと思います。
その場合、まず、解説講義を視聴することから始めてみてはいかがでしょうか。
その後に第3章以降を自分で取り組んでみてください。

各科目の最初にくる第1章~第2章の過去問が調子よく進むことができれば、その後もその勢いで学習していくことが可能となるはずです。

それぞれ解説時間は、約1時間程度(前後します。)となります。
担当講師は、社労士本試験第1回目の過去問から熟知している早苗俊博講師です。

現在、労働科目の労基、労災、雇用に関しては、既にアップされていますので、「応募方法」の手順に従って視聴してください。
(健保、国年、厚年は、年明けにアップ予定です。)


まずは視聴してみてください。



2016年12月24日

メリー・クリスマス!
佐藤としみです。

クリスマス・イブをみなさんはどのようにお過ごしですか?
私は明日、佐藤塾の講義があり、その準備でクリスマス・イブを楽しんでいる余裕がありません。(-"-)
(東京本校、大阪本校のLIVE講義出席のみなさん、すみません! こんな日にスケジュールを入れてしまって・・・)


池袋の事務所の近くに立教大学があります。
正門をくぐったキャンパス内には、高さ25mを超えるヒマラヤ杉が2本あり、この時期、クリスマス・ツリーに飾り付けられて、とてもきれいなんですよ。

立教大学クリスマスツリー2



この時期、たくさんの人でにぎわっています。

立教大学クリスマスツリー1





サンタさんからの素敵なプレゼントがあるといいですね。



2016年12月23日


初めまして。

今回から時々「佐藤塾で勉強して社労士試験に合格した者」として、ブログを書くことになりました。


今年もあっという間に年末ですね、

合格発表から1ヶ月強が経ち、再チャレンジに燃えている人、来年度から初めてチャレンジの人、まだもう少しやる気モードにならない人など色々だと思いますが、私も何回かそういう思いを乗り越えて合格したので、少しでもやる気になってもらえることなどが書ければいいなと思っています。 


取りあえず、クリスマスや年末で周囲もばたばたワイワイしている中での受験生^^;


こういう時期一番つらいのですが、それでも基本の学習を淡々と進めて行きましょう。
毎日することを決めて、それをクリアしたらこの時期ですから少しは遊んでもいいかもしれません。

でもやらなければいけないことを仕上げたら!

ですよ~(^0^)


1959254_646931665387477_6270786296616360860_n