2017年05月07日

平成27年度厚生年金保険・国民年金事業の概況」の第1回~第7回は次のような構成としています。

1回:内容1 → 「公的年金制度の概況」
2回:内容2 → 「公的年金の給付状況」、「厚生年金保険の状況」
3回:内容3 → 「国民年金の状況」
第4回:過去問 → 「平成27年度厚生年金保険・国民年金事業の概況」に関連する過去問
第5回:練習問題1 → 「公的年金制度の概況」の練習問題
第6回:練習問題2 → 「公的年金の給付状況、厚生年金保険の状況」の練習問題
・第7回:練習問題3 → 「国民年金の状況」の練習問題



第7回は、練習問題3です。



<練習問題>

3 国民年金の状況

(1)全額免除者・申請一部免除者

・平成27年度末現在の全額免除者数は、 A 万人となっている。全額免除割合は B %であり、前年度末に比べて0.0 ポイント低下している。

・平成27年度末現在の申請一部免除者数は、 C 万人となっている。申請一部免除割合は2.9%であり、前年度末に比べて0.7 ポイント低下している。

(注)「全額免除割合」及び「申請一部免除割合」とは、全額免除者数及び申請一部免除者数が、それぞれ第1号被保険者数(任意加入被保険者を除く)に占める割合(%)である。


(2)被保険者の年齢構成

・平成27年度末現在の被保険者の年齢構成は、第1号被保険者(任意加入被保険者を含む)では、男女共に D の割合が最も高く、第3号被保険者では、男子は55~59歳、女子は40~44歳の割合が高くなっている。



(3)老齢基礎年金の受給者数及び平均年金月額

・老齢基礎年金の受給者数は、平成27 年度末現在で2,974 万人となっており、平均年金月額は E 万6千円となっている。




A、B、C及びEの選択肢
① 3       ② 5       ③ 9       ④ 11

⑤ 25     ⑥ 30     ⑦ 35     ⑧ 40

⑨ 47     ⑩ 97     ⑪ 147   ⑫ 197

⑬ 276   ⑭ 576   ⑮ 876   ⑯ 1,176


Dの選択肢
⑰ 20~24歳     ⑱ 40~44歳   ⑲ 55~59歳  ⑳ 60~64歳




[解答]



A → ⑭ 576
・全額免除者約500万人、申請一部免除者はその10分の1の50万人と押さえておきましょう。

B → ⑦ 35
・全額免除者の方が、申請一部免除者よりも圧倒的に多く、35%です。
 (第1号被保険者の約3人に1人以上が全額免除という衝撃的な数字です。)   
 
C → ⑨ 47
・免除者は、全額免除者・申請一部免除者共に低下傾向です。
    
D → ⑰ 20~24歳
・第1号被保険者の占める割合が高い年齢階層は、大学生が含まれる「20~24歳」になることは理解できると思います。

E → ② 5

老齢基礎年金の受給者数は約3,000 万人平均年金月額は約6万円と押さえておきましょう。



全7回、お疲れ様でした。

数字は正確に覚える必要はありません。
概数を押さえておき、大きくそれた数字の間違いをしなければ、試験でも仕事をする上でもなんとかなります。



2017年05月06日

みなさん、こんにちは。
佐藤としみです。

名古屋近郊にお住まいのみなさん! いよいよ明日、5月7日(日)は、名古屋で「佐藤としみの労働基準法“賃金&割増賃金”マスター」を開催します。

場所は辰已法律研究所名古屋本校で、時間は18時からです。
遅い時間になりますが、ご都合のつく方はぜひお越しくださいね。

辰已名古屋本校

当日は、「過去問①労働法編」をお持ちください。

過去問①表紙

お持ちでない方でも、貸し出し(使用する箇所だけ抜粋したもの)が可能ですので大丈夫です。
ただし、貸し出しになりますので、ご返却いただくことになりますが・・


それでは、お待ちしています!!




2017年05月05日

「過去問詳細解説」ですが、各科目(労基、労災、雇用、健保、国年、厚年)とも、冒頭の部分(第1章や第2章などの過去問の最初にくる部分)の解説は行っていませんが、これには理由があります。

冒頭の部分は、過去問をお買い上げいただいた方への読者プレゼントとして、ネットで視聴できるようにしていますので、そちらで解説講義を聴くことができます。

したがって、本講義では、その部分と重ならないように、第3章あたりから開始しています。

詳しくは、以前、ブログでご案内していますので、こちらでご確認ください。