2016年10月28日

「ランチタイム・スタディ」の第19問です。

「ランチタイム・スタディ」の主旨については、9月29日の佐藤塾ブログの
「ランチタイム・スタディ」開始のお知らせをご覧ください。

「ランチタイム・スタディ」の活用法については、10月22日の佐藤塾ブログの「ランチタイム・スタディの活用法」をご覧ください。


さて、19問目は、社会保険一般常識が、初登場です。
これで各科目最低1問は出そろいました。

正答率74%の問題です。


<問題(選択式社一C)>


児童手当の一般受給資格者が死亡した場合において、その死亡した者に支払うべき児童手当(その者が監護していた C に係る部分に限る。)で、まだその者に支払っていなかったものがあるときば当該 C にその未支払の児童手当を支払うことができる。



step1 できれば、選択肢を見ない状態で、答を紙に書いてみてください。
(選択肢を見てできればOKです。選択肢なしで書ければすごい!)
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step2 次の選択肢の中から答を選んでください。




⑤ 18歳に達する日以後の最初の3月31日までの児童であった者

⑧ 小学校修了前の児童であった者

⑬ 中学校修了前の児童であった者 

⑲ 満20歳に満たない者




-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step3 正解は・・・



⑬ 中学校修了前の児童であった者 (法12条1項)



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step4 コメント

・選択式社一のCは、児童手当法からの出題でした。児童手当に関しては、平成21年、平成26年、平成27年と、近年は選択式での出題が目立っています。テキストを読む際は、対象となる児童の“年齢”を意識して押さえておきましょう。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step4 プラスα(一読しておこう)

未支払の児童手当(法12条)

① 児童手当の一般受給資格者死亡した場合において、その死亡した者に支払うべき児童手当(その者が監護していた中学校修了前の児童であった者に係る部分に限る。)で、まだその者に支払っていなかったものがあるときは、当該中学校修了前の児童であった者にその未支払の児童手当を支払うことができる。

② 中学校修了前の施設入所等児童が第3条第3項各号に掲げる児童に該当しなくなった場合において、当該中学校修了前の施設入所等児童が委託されていた施設等受給資格者又は当該中学校修了前の施設入所等児童が入所若しくは入院をしていた障害児入所施設等に係る施設等受給資格者に支払うべき児童手当(当該中学校修了前の施設入所等児童であった者に係る部分に限る)で、まだその者に支払っていなかったものがあるときは、当該中学校修了前の施設入所等児童であった者にその未支払の児童手当を支払うことができる。

③ 前項の規定による支払があったときは、当該施設等受給資格者に対し当該児童手当の支給があったものとみなす。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step5 練習問題(チャレンジしてみよう!)


未支払の児童手当(法12条)

① 児童手当の一般受給資格者が A した場合において、その A した者に支払うべき児童手当(その者が B していた C 修了前の児童であった者に係る部分に限る。)で、まだその者に支払っていなかったものがあるときは、当該 C 修了前の児童であった者にその未支払の児童手当を支払うことができる。

②  C 修了前の施設入所等児童が第3条第3項各号に掲げる児童に該当しなくなった場合において、当該 C 修了前の施設入所等児童が D されていた
 E 又は当該 C 修了前の施設入所等児童が入所若しくは入院をしていた障害児入所施設等に係る E に支払うべき児童手当(当該 C 修了前の施設入所等児童であった者に係る部分に限る)で、まだその者に支払っていなかったものがあるときは、当該 C 修了前の施設入所等児童であった者にその未支払の児童手当を支払うことができる。

③ 前項の規定による支払があったときは、当該 E に対し当該児童手当の支給があったものとみなす。



 

step6 選択肢はありません。答を紙に書いてみてください。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step7 練習問題の解答



A →  死亡
B →  監護
C →  中学校
D →  委託
E →  施設等受給資格者



来週もがんばりましょう。


☞ 次の【ランチタイム・スタディ 20 】をご覧になりたい方はこちら



2016年10月27日

みなさん、こんにちは。
佐藤としみです。

以前、名古屋でガイダンス(2016本試験詳細解説)を行った際(9月19日)、名古屋本校にお越しいただいた方へのアンケートに、「名古屋でお薦めの食べ物(店の名前)、観光名所等がありましたら教えてください。」という質問を入れさせていただきました。

固い項目の質問が並ぶ中で、急にこのような質問があって、びっくりした方もいらっしゃったのではないでしょうか。

以前のブログの中でもご紹介すると言っておきながら、なかなかお伝えできませんでしたが、本日、ご紹介させていただきますね。
☞以前のご紹介するとお伝えしたブログはこちら

ちなみに、この記事の中で掲載している写真は、各店からブログに掲載することの了承をいただいています。



Aさんのお薦め

きしめん ひつまぶし 名古屋城 徳川美術館

ひつまぶしは、熱田神宮にある「蓬莱軒」で食べたことがあります。
私はあまり鰻は食べないのですが、その時はとてもおいしかったです。

蓬莱軒

                              (蓬莱軒ホームページより)

「徳川美術館」もあるんですね。
知りませんでした。



Bさんのお薦め

名駅西口地下 みそ煮込みうどん「山本屋


「名駅西口地下」とあるのは、エスカのことでよかったんですよね?
エスカはいろいろなお店が入っていて、新幹線にも近くて便利なので、よく立ち寄っています。

そういえば、ここに紹介されている「山本屋」のみそ煮込みうどんも、エスカで食べたことがあります。
名古屋ならではという感じがしますね。
冬の寒い日には、身体があたたまりそう。


山本屋

                                   (山本屋ホームページより)


Cさんのお薦め

あんかけスパゲティ(チャオ

あんかけスパゲッティは、1960年代に名古屋で誕生したスパゲッティ料理だったんですね。
知りませんでした。

いろんな種類があるんですね。
どれがお薦めですか?

チャオ

                                   (チャオホームページより)


Dさんのお薦め

ピュア菜(おそうざいバイキングの店 栄にある)

ピュア菜


                                   (ぴゅあ菜ホームページより)

雰囲気よさそうなお店ですね。
栄なら帰りがけに寄ることもできそうです。




Eさんのお薦め

名古屋城 トヨタ産業技術記念館 みそカツ 手羽先 名古屋コーチン

手羽先は、風来坊で買って、食べたことがあります。


風来坊1

                                   (風来坊ホームページより)

風来坊さんのホームページに手羽先のおいしい食べ方が載っていました。
こうやって食べると、あっさり食べることができそうです。

風来坊2

                                   (風来坊ホームページより)


みそカツは、「矢場とん」のみそカツを食べたことがあります。
その時は、ヒレカツを食べました。

「トヨタ産業技術記念館」は、おもしろそうですね。
今度、行ってみようかな・・・




あるぴんさんのお薦め

①「
岩月」というあんかけスパゲティ屋さんで、八田駅から500mぐらいの場所です。名古屋のあんかけスパ屋さんに相当数行きましたが、一番オススメのお店です。

そうなんですね。
チェックしておきます。


②「コンパル」という喫茶店もオススメです。サンドイッチが有名なお店ですが、エビフライサンドがイチオシです。天むすとか、普通のエビフライよりもこっちの方が美味しいと思います。


「コンパル」のサンドイッチはおいしいですよね。
こんなにおいしいエビフライサンドは今まで食べたことがありませんでした。
また食べたい!!

コンパル

                                   (コンパルホームページより)

そういえば、今、ドラマで「三人兄弟2」をやっていますが、「三人兄弟1」で、「コンパル」が出てきたような気がするのですが・・



名古屋のみなさん、ガイダンスなどがある際には、ぜひ、お越しください。
また、そのとき、おいしいお店など、教えてくださいね。

学習の方も頑張ってください。
応援しています。



「ランチタイム・スタディ」の第18問です。

「ランチタイム・スタディ」の主旨については、9月29日の佐藤塾ブログの
「ランチタイム・スタディ」開始のお知らせをご覧ください。

「ランチタイム・スタディ」の活用法については、10月22日の佐藤塾ブログの「ランチタイム・スタディの活用法」をご覧ください。


さて、18問目は、択一式の雇用保険法です。

正答率74%の問題です。




<問題(択一式雇用問2)>


〔問〕 傷病手当に関する次の記述のうち、正しいものの組み合わせはどれか。

ア 労働の意思又は能力がないと認められる者が傷病となった場合には、疾病又は負傷のため職業に就くことができないとは認められないから、傷病手当は支給できない。

イ 求職の申込後に疾病又は負傷のために公共職業安定所に出頭することができない場合において、その期間が継続して15日未満のときは、証明書により失業の認定を受け、基本手当の支給を受けることができるので、傷病手当は支給されない。

ウ 広域延長給付に係る基本手当を受給中の受給資格者が疾病又は負傷のために公共職業安定所に出頭することができない場合、傷病手当が支給される。

エ 傷病手当の日額は、雇用保険法第16条の規定による基本手当の日額に100分の80を乗じて得た額である。

オ 傷病の認定は、天災その他認定を受けなかったことについてやむを得ない理由がない限り、職業に就くことができない理由がやんだ日の翌日から起算して10日以内に受けなければならない。


A (アとイ)  B (アとオ)  C (イとオ)
D (ウとエ)  E (エとオ)




-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step1 正解は・・・



A


  

-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step2 解説


ア 〇 (法37条1項、行政手引53002)本肢のとおりである。なお、求職の申込みの時点においては疾病又は負傷にもかかわらず職業に就くことができる状態にあった者が、その後疾病又は負傷のため職業に就くことができない状態になった場合には、傷病手当の支給要件に該当する。

イ 〇 (法37条1項、行政手引53003)本肢のとおりである。傷病手当は、疾病又は負傷のため継続して「15日以上」職業に就くことができないときに支給される。

ウ ☓ (法37条4項、行政手引53004)傷病手当は、基本手当の所定給付日数から既に基本手当を支給した日数を差し引いた日数を限度として支給されるため、延長給付に係る基本手当を受給中の受給資格者については、傷病手当は支給されない。

エ ☓ (法37条3項)傷病手当の日額は、雇用保険法16条の規定による基本手当の日額に相当する額である。

オ ☓ (法37条2項、則63条1項)傷病の認定は、天災その他認定を受けなかったことについてやむを得ない理由がない限り、職業に就くことができない理由がやんだ後における最初の支給日(口座振込受給資格者にあっては、支給日の直前の失業の認定日とし、支給日がないときは、受給期間の最後の日から起算して1箇月を経過した日)までに受けなければならない。





-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step3 コメント

・雇用保険法の傷病手当に関する問題でした。傷病手当は比較的、試験で狙われやすい箇所でもあり、受験生の対策もなされているため、容易に正解を導くことが可能であったと思われます。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step4 プラスα(一読しておこう)

傷病手当 (法37条)

① 傷病手当は、受給資格者が、離職後公共職業安定所に出頭し、求職の申込みをした後において、疾病又は負傷のために職業に就くことができない場合に、基本手当の受給期間内の当該疾病又は負傷のために基本手当の支給を受けることができない日(疾病又は負傷のために基本手当の支給を受けることができないことについての認定を受けた日に限る)について、支給する。

② 前項の認定は、厚生労働省令で定めるところにより、公共職業安定所長が行う。

③ 傷病手当の日額は、基本手当の日額に相当する額である。

④ 傷病手当を支給する日数は、所定給付日数から当該受給資格に基づき既に基本手当を支給した日数を差し引いた日数とする。

⑤ 雇用保険法の給付制限の規定により基本手当を支給しないこととされる期間については、傷病手当を支給しない。

⑥ 傷病手当が支給されたときは、雇用保険法の規定の適用については、当該傷病手当が支給された日数に相当する日数分の基本手当が支給されたものとみなされる。

⑦ 傷病手当は、傷病の認定を受けた日分を、当該職業に就くことができない理由がやんだ後最初に基本手当を支給すべき日(当該職業に就くことができない理由がやんだ後において基本手当を支給すべき日がない場合には、公共職業安定所長の定める日)に支給する。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step5 練習問題(チャレンジしてみよう!)


傷病手当 (法37条1項・2項)

① 傷病手当は、受給資格者が、離職後公共職業安定所に出頭し、 A をした後において、疾病又は B のために職業に就くことができない場合に、 C の受給期間内の当該疾病又は負傷のために C の支給を受けることができない日(疾病又は負傷のために C の支給を受けることができないことについての D を受けた日に限る)について、支給する。

② 前項の認定は、厚生労働省令で定めるところにより、 E が行う。

 



step6 選択肢はありません。答を紙に書いてみてください。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step7 練習問題の解答



A → 求職の申込み (法37条1項)
B → 負傷 (法37条1項)
C → 基本手当 (法37条1項)
D → 認定 (法37条1項)
E → 公共職業安定所長
(法37条2項)



明日もがんばりましょう。

☞ 次の【ランチタイム・スタディ 19 】をご覧になりたい方はこちら