2016年09月17日

厚生労働省は9月15日、世帯ごとの所得格差などを示す2014年の「所得再分配調査」の結果を発表しました。

所得格差を表す「ジニ係数」は、税金などを支払う前の所得(公的年金などの給付を除く)にあたる「当初所得」で0.5704(前回比0.0168ポイント増)となり、過去最大を更新し所得格差が広がりました。
厚生労働省は「高齢者と単身世帯の増加」が要因であるとしています。

所得などの分布の均等度を示す指標として、最もよく用いられるものに「ジニ係数」がありますが、社労士試験では、厚生労働白書にもよく登場する語句です。
せっかくの機会ですので、ここでは、ジニ係数の意味を押さえておきましょう。

<ジニ係数の求め方>
世帯(又は世帯員)を所得の低い順に並べて、世帯数(又は人数)の累積比率を横軸に、所得額の累積比率を縦軸にとってグラフを書く(この曲線を「ローレンツ曲線」という。)。

全世帯の所得が同一であれば、ローレンツ曲線は原点を通る傾斜45 度の直線に一致する。
これを「均等分布線」という。
逆に、所得が不均等でバラツキが大きければ大きいほどローレンツ曲線は均等分布線から遠ざかる。

仮に、1世帯が所得を独占し、他の世帯の所得がゼロである完全不均等の場合には、ローレンツ曲線は「ABC線」になる(図参照)。
ジニ係数は、ローレンツ曲線と均等分布線とで囲まれる弓形の面積が均等分布線より下の三角形部分の面積に対する比率をいい、0から1までの値をとる。

0に近いほど所得格差が小さく、1に近いほど所得格差が大きいということになる。

ジニ係数の図


再分配所得:当初所得から税金、社会保険料を控除し、社会保障給付(現金、現物)を加えたもの

ジニ係数の求め方や細かい内容を社労士試験で問われることは考えにくいのですが、厚生労働白書でジニ係数が取り上げられることはよくありますので、選択式で「ジニ係数」という語句自体が抜かれることは考えられます。

また、「ジニ係数は0に近いほど所得格差が小さく、1に近いほど所得格差が大きい」「ジニ係数は過去最大を更新し所得格差が広がっている」ことは覚えておいて損はありません。

この機に押さえておきましょう。




2016年09月16日

次のようなご質問が届きました。

[質問]
「過去問分析答練」、「プレミアム答練」、「過去問総合答練」はそれぞれどのような違いがあるのでしょうか?



[回答]
この3つの答練を、①講座の時期、②問題数・時間数等の構成、③出題内容等 に分けて違いをお伝えいたします。


「過去問分析答練」
①インプット講義の各編(労働法編、労働保険編、社会保険編、年金編)が終了する時期に合わせて実施します。
②基本的に、選択式10問、択一式20問で構成しており、演習時間は2時間、解説時間は2時間半です。
③択一式は出題頻度の高い範囲の過去10年からの過去問を中心に、間違いやすい問題・誤った理解をしがちな問題をピックアップし出題しています。
したがって、難易度の高い2割の問題(難問と言われるもの)と、難易度の低い2割の問題(誰もが正解できる超基本問題)を抜いて、難易度的には真ん中6割からの出題です。
択一式では基本事項が理解できたかを問う内容ですが、組合せ問題、個数問題も適度に入れ込んでいます。
選択式は、過去に出題された択一式・選択式問題を焼き直して出題しています。


「過去問総合答練」
①来年5月以降に実施します。
②選択式8問、択一式35問で構成しており、演習時間は2時間、解説時間は2時間半です。
③択一式は、難易度の低い2割の問題(誰もが正解できる超基本問題)を抜いて、難易度の高い2割の問題(難問と言われるもの)も散りばめ、多少やっかいな箇所からも出題しています。
労働科目、社会保険科目と分けて実施しますので、いわば、「ハーフ模試」的位置づけです。
ここでは、過去問がどの程度、解けるようになったかをチェックしていただく意味合いがあります。
選択式は、過去に出題された(10年分だけとは限りません。)択一式・選択式問題を焼き直して出題しています。
たとえば、労働科目の方の過去問総合答練であれば、「労基・安衛」「労災」「雇用」「労一」が各2問ずつで、本試験で狙われるのではないかと予想される箇所からの出題としています。


「プレミアム答練」
①直前期(来年6月以降)に実施します。
②選択式5問、択一式10問で構成しており、演習時間は50分、解説時間は1時間半です。
③過去問以外の問題で構成しています。
改正箇所を意識した内容であり、選択式、択一式ともに、最終ラインで必ずつかんでおかなければならない箇所を重点的に出題しています。
難易度は多少高いものの、問題を解き解説をお聴きいただくことで、自然に力が付いてきます。
復習しがいのある問題を多く取り扱っていますので、ここを乗り越えると合格が見えてきます。




2016年09月09日

第1回大分析会に参加していただいた方から、次のようなご質問が届きました。

「大分析会は計4回実施されますが、内容は同じでしょうか。」
というものです。

次のように回答させていただきました。

基本的にお話をする内容に変わりはありません。

ただ、講師が変わるので、
「今年の選択式のポイント解説」は、違ってきます。

また、「本試験の合格ラインの予測とその根拠」に関しても、
みなさんからいただいた本試験の際の解答データに基づくことから、
1回目の時点から変更となる可能性もあります。
(たとえば、択一式試験の合格ラインの得点や、選択式の救済科目など)

お時間があるようでしたら、再度、お越しいただければ幸いです。