2016年12月15日

「ランチタイム・スタディ」の第51問です。

「ランチタイム・スタディ」の主旨については、9月29日の佐藤塾ブログの
「ランチタイム・スタディ」開始のお知らせをご覧ください。

「ランチタイム・スタディ」の活用法については、10月22日の佐藤塾ブログの「ランチタイム・スタディの活用法」をご覧ください。


さて、51問目は、択一式の健康保険法です。

正答率54%&合否を分けた問題です。

※「合否を分けた問題」とは、「合格者だけの正答率」と「全体の正答率(ただし、全体正答率65%以下)」とで、20%以上差が開いた問題で、「2016年本試験 合否を分けた12問」(ガイダンス)で取り上げた問題です。


<問題(択一式 健保 問5)>


〔問〕 健康保険法に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

A 保険医又は保険薬剤師の登録及び登録取消に係る厚生労働大臣の権限は、地方厚生局長又は地方厚生支局長に委任されている。

B 適用事業所の事業主が納期限が5月31日である保険料を滞納し、指定期限を6月20日とする督促を受けたが、実際に保険料を完納したのが7月31日である場合は、原則として6月1日から7月30日までの日数によって計算された延滞金が徴収されることになる。

C 健康保険法では、保険給付を受ける権利は2年を経過したときは時効によって消滅することが規定されている。この場合、消滅時効の起算日は、療養費は療養に要した費用を支払った日の翌日、高額療養費は診療月の末日(ただし、診療費の自己負担分を診療月の翌月以後に支払ったときは、支払った日の翌日)、高額介護合算療養費は計算期間(前年8月1日から7月31日までの期間)の末日の翌日である。

D 被保険者が副業として行う請負業務中に負傷した場合等、労働者災害補償保険の給付を受けることのできない業務上の傷病等については、原則として健康保険の給付が行われる。

E 被保険者が産前産後休業をする期間について、基本給は休業前と同様に支給するが、通勤の実績がないことにより、通勤手当が支給されない場合、その事業所の通勤手当の制度自体が廃止されたわけではないことから、賃金体系の変更にはあたらず、標準報酬月額の随時改定の対象とはならない。




-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step1 正解は・・・



C


   

-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step2 解説


A 〇 (法205条1項、則159条)本肢のとおりである。

B 〇 (法181条1項)本肢のとおりである。延滞金の額は、納期限の翌日から徴収金完納又は財産差押えの日の前日までの期間の日数に応じて、計算される。

C ☓ (法193条、昭48.11.7保険発99号、庁保険発21号)高額療養費における消滅時効の起算日は、「診療を受けた月の翌月の1日」である。なお、療養費及び高額介護合算療養費の時効の起算日についての記述は正しい。

D 〇 (法1条)本肢のとおりである。健康保険は、業務外の事由による傷病等に関して保険給付を行うだけでなく、被保険者又は被扶養者の業務上の傷病等について、労災保険の給付対象とならない場合についても、原則として、健康保険の給付対象としている。

E 〇 (法43条1項、平25.5.31事務連絡)本肢のとおりである。随時改定は、固定的賃金の変動又は賃金体系の変更があった場合に行われるため、本肢の場合には、随時改定の対象とならない。なお、「賃金体系の変更」とは、日給制から月給制、月給制から年俸制等へ変更された場合や、新たに住宅手当・家族手当等が支給されることとなった場合が該当する。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step3 コメント

・択一式の健康保険法問5は、A~Dについてはそれほど難しくないと思われますが、Eが実務的な内容でやや難解でしたので解答に迷った方もいるのではないでしょうか。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step4 プラスα(一読しておこう)

目的(法1条)

この法律は、労働者又はその被扶養者の業務災害(労働者災害補償保険法第7条1項1号に規定する業務災害をいう)以外の疾病負傷若しくは死亡又は出産に関して保険給付を行い、もって国民の生活の安定福祉の向上に寄与することを目的とする。



基本的理念(法2条)

健康保険制度については、これが医療保険制度の基本をなすものであることにかんがみ、高齢化の進展疾病構造の変化社会経済情勢の変化等に対応し、その他の医療保険制度及び後期高齢者医療制度並びにこれらに密接に関連する制度と併せてその在り方に関して常に検討が加えられ、その結果に基づき、医療保険の運営の効率化、給付の内容及び費用の負担の適正化並びに国民が受ける医療の質の向上を総合的に図りつつ、実施されなければならない。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step5 練習問題(チャレンジしてみよう!)

目的(法1条)

この法律は、 A 又はその被扶養者の業務災害(労働者災害補償保険法第7条1項1号に規定する業務災害をいう)以外の疾病、負傷若しくは死亡又は出産に関して保険給付を行い、もって国民の生活の安定と福祉の向上に寄与することを目的とする。



基本的理念(法2条)

健康保険制度については、これが医療保険制度の基本をなすものであることにかんがみ、高齢化の進展、 B 構造の変化、社会 C 情勢の変化等に対応し、その他の医療保険制度及び後期高齢者医療制度並びにこれらに密接に関連する制度と併せてその在り方に関して常に検討が加えられ、その結果に基づき、医療保険の D の効率化、給付の内容及び費用の負担の適正化並びに国民が受ける医療の E の向上を総合的に図りつつ、実施されなければならない。



step6 選択肢はありません。答を紙に書いてみてください。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step7 練習問題の解答



A → 労働者
B → 疾病
C → 経済
D → 運営
E → 質



明日もがんばりましょう。
☞ 次の【ランチタイム・スタディ 52 】をご覧になりたい方はこちら




2016年12月14日

実務講座の2日目のご案内です。

2日目は、「労働保険【適用/労災給付】」 「 社会保険【適用/給付」 
を行います。(各3時間)

東京本校実施のLIVE講義の日時は次の通りです。
[4] 「労働保険【適用/労災給付】」 1月7日(土) 10:00~13:00
[5] 「 社会保険【適用/給付】」      1月7日(土) 14:00~17:00
※Web受講、VB受講も実施しています。



<2日目の講義内容や特長等>

[4]  「労働保険【適用/労災給付】」 
   小室由利先生

・事務所名 : 小室社会保険労務士事務所
・専門分野 : 公的年金・就業規則
・開業年月 : 平成24年1月

労働保険の適用や給付の届出や申請は、従業員を雇えば肝になる重要なものです。それらの手続や制度についての概要を丁寧にわかりやすく解説します。これから開業を検討していらっしゃる方にとっては、手続代行の知識は必須です。現在、社労士の受験勉強をされている方にとっては、学習実務の予備知識に触れてみるよい機会となるのではないでしょうか。


① この業務の醍醐味は何ですか?
事業所を設立したら、従業員を雇ったら、そして退職する従業員が発生したら、と入口出口に必要になる大切な手続がたくさんあります。特に規模の小さい事業所では、総務の役割を担う人材が不足しており、社会保険労務士が一連の手続きに関与することで、「役に立っている」という実感が得られることです。


② この業務を行う上で、辛い点や大変なことはありますか?
退職をめぐっては、円満退社ばかりではなく、トラブルがあって退職する従業員のかたもいらっしゃいます。離職票の作成にあたっては退職事由をよく確認して作成することになり、気を遣う場面です。きちんとした手続を行うためには、クライアントからの情報伝達とその確認は欠かせません。


③ 開業するきっかけを教えてください。
もともと会社勤めでした。社会保険労務士の資格を取りたくて、はたらきながら勉強してやっとのことで合格したものの、しばらくは決心がつかずにいました。東日本大震災があったときに「開業せずに後悔するなら、開業してから後悔した方がいい」と思い、開業しました。


④ 開業して良かったことは何ですか?
自分の考えや意思が業務に直結するので、上手くいったときの達成感や充実感がより得られることです。


⑤ 先生のモットーを教えてください。
「正面突破」です。まず「やってみる」「行ってみる」「きいてみる」の気持ちで、人と向き合うことが、最終的には解決につながると信じています。


⑥ 先生の今後の展望(目標)を教えてください。
特に秀でた才能のないことは自覚しているので、今やれることをどんどんやっていくことです。これからは「得意分野」を見つけ、その分野に特化した社会保険労務士になりたいと考えています。


⑦ これから社労士を目指す人へのメッセージ
この仕事はぶつかる壁や経験が多ければ多いほど、成長すると思います。また、それらの経験が「自分のネタ」になるでしょう。プロになるからには経験や失敗も自分の糧にする、いつかは笑い話にするくらいの気持ちでやってみてはいかがでしょうか。


<講師プロフィール>

小室由利先生

大学卒業後、新幹線の車内販売としてアルバイト入社。その後契約社員を経て社員となり、社員登用後3年で営業所所長に抜擢される。所長時代はアルバイト、契約社員、社員など総勢100名以上の部下を抱え、自ら考案した「アルバイトの評価システム」を運用するなどの労務管理を手掛ける。傍ら、社会保険労務士試験に挑戦し合格。その後、社会保険労務士として独立開業。開業後はライフワークとして年間に400件以上の年金相談、労務相談をこなす。自らの経験やノウハウを活かし、中小企業事業主のアドバイザーとして頼れる社会保険労務士として活躍している。


趣味:
ゴルフと旅行。特に温泉が好きで、「時間ができれば温泉に行きたい」とつい思ってしまうほどの温泉好き。





[5]  「社会保険【適用/給付】」 日隈久美子先生

・事務所名 : 社会保険労務士法人NACマネジメント研究所
・専門分野 : 労務相談、労働社会保険諸法令にもとづく諸手続及びそれに伴う相談、給与計算、人事・給与制度等の構築に関するアドバイス、若者・女性・高齢者活躍推進に関する執筆やセミナーなど
・開業年月 : 平成21年7月


社会保険の適用と給付の講義をいたします。皆さんご存じのとおり、試験勉強と実務は似て非なるところがたくさんあります。今、実務ではこういうやり方をしているとか、こういう風にやるとよい、みたいな経験も交えた、皆さんが「実務をぜひやってみたい!」と思っていただけるようなお話をしていくことで、合格者の方にも受験生の方にも飽きさせない講義をしていきます。



① この業務の醍醐味は何ですか?
企業、個人問わず、国の制度を活用したいがどうやって申請したらわからなくて困っている人に、わかりやすく教えてあげることによって、制度が使え、給付が受けられたりするときにやりがいを感じます。

② この業務を行う上で、辛い点や大変なことはありますか?
いくつもの案件を抱えているので、やり忘れを防いだり、締切を守ったりするのが大変です。

③ 開業するきっかけを教えてください。
娘の中学受験をきっかけに、家庭と仕事の両立をきちんと図れるようにしたかったからです。

④ 開業して良かったことは何ですか?
③の続きですが、自分のペースで仕事ができるので、家庭と仕事の両立が図れること。あとは自分の責任において仕事を進めていけるので、モチベーションや責任感があがったことです。

⑤ 先生のモットーを教えてください。
誠実、丁寧、迅速、正確さを常に心がけています。

⑥ 先生の今後の展望(目標)を教えてください。
今後は企業様とのお付き合いだけではなく、広く社会貢献をしていきたいと思っております。そのために、今自分が携わっている分野だけではなく、今までやったことのない
分野にも取り組み、より幅広く仕事ができる社労士になりたいと思っております。


⑦ これから社労士を目指す人へのメッセージ
社労士は資格ができてからまだ50年弱しかたっていない、後発の国家資格です。そのために、世間の認知度は上がってきたとはいえ、まだまだ我々を知らない人もたくさんいます。皆さんもかかわったお客様に誠心誠意で向き合っていって、この人に本当に頼んでよかったと思ってもらえるような社労士になっていってください。そして、一人でも多くの方に社労士ってこんなに良い資格なんだと思ってもらえるように、頑張って仕事をしていってください。私達先輩がついています。わからないことはどんどん聞いてくださいね。



<講師プロフィール>

日隈久美子先生

特定社会保険労務士。社会保険労務士法人NACマネジメント研究所パートナー社員。2004年、社会保険労務士資格取得。航空会社勤務の経験を生かし、労使双方にとってより良い労働環境の向上のための制度づくりや顔の見える労務相談等を得意とする。 また、女性活躍推進や就労支援に関するコラムを書いたり、企業や大学にて講演を多数おこなっている。一般財団法人女性労働協会認定講師。医療労務コンサルタント。

〔主な編著書〕
『NewsLetter第26号』 (NPO法人女性医療ネットワーク、2015年2月号)
『会報』(東京都社会保険労務士会、2015年3月号)
『KINZAIファイナンシャル・プラン』(一般財団法人金融財政事情研究会、2015年8月号)
『シニア社員の戦力を最大化するマネジメント』(共著)(第一法規株式会社、2016年10月)




2日目は実務バリバリで、合格者の方にも受験生の方にも役に立つ内容です。
ご期待ください!


☞次の「実務講座の3日目のご案内」をご覧になりたい方はこちら



実務講座の1日目のご案内です。

初日は、「年度更新業務」 「 算定業務」  「給与計算」を行います。(各2時間)

東京本校実施のLIVE講義の日時は次の通りです。
[1] 「年度更新業務」 12月23日(金・祝) 10:00~12:00
[2] 「 算定業務」      12月23日(金・祝) 13:00~15:00
[3] 「給与計算」          12月23日(金・祝) 15:30~17:30
※Web受講、VB受講も実施しています。
 


<初日の講義の内容や特長等>

[1]  「年度更新業務」   大畑 美栄子先生

・事務所名 : おぉみ労務経営事務所
・専門分野 : 各種社会保険手続き、就業規則作成、給与計算等
・開業年月 : 平成20年6月


初心者向けに「賃金集計の手順」、「申告書の記載方法」をわかりやすく解説します。事例を用意し、実際の「労働保険確定申告書」の記入の仕方を身に付けていただきますので、合格者の方にはすぐに役に立つ内容となり、受験生の方には徴収法がより身近に感じる科目になること間違いなしです。


① この業務の醍醐味は何ですか?
例えば、労働者の増減や支払賃金の増減でお客様の経営状況を推し量ることが出来る等、単に集計をするだけの単調な作業ではないところは、面白味のある業務です。


② この業務を行う上で、辛い点や大変なことはありますか?
年度更新は、単に1年間の賃金を合計するだけではありません。役員であれば労災の対象となる兼務役員であるか、雇用保険の被保険者であるか否か等、まずは対象労働者であるかを判断し、次に労災保険と雇用保険それぞれで集計し、合算して労働保険料を算出します。この一連の作業の中で、ヒアリングがきちんと出来ていないと正しい労働保険料が計算できないことになります。


③ 開業するきっかけを教えてください。
いったん社労士法人に勤務しましたが、勤務社労士では自分の代行印を作ることが出来ませんでした。社会保険労務士となったからには、やはり自分の名でお客様に様々なサービスを提供したいと思い、開業しました。


④ 開業して良かったことは何ですか?
直接お客様は感謝の言葉を聞けることです。また、指示に従って仕事をしていた勤務時代と違い、仕事の幅が広がりました。


⑤ 先生のモットーを教えてください。
身近な専門家でありたいと考え、専門用語は一般の人でもわかる言葉に置き換えるなど、わかりやすく社労士としての知識を伝えるよう心がけています。


⑥ 先生の今後の展望(目標)を教えてください。
社労士法の目的にもあるように、会社の労働環境を良くすることで、働く人の福祉の向上に役立ちたいと思います。


⑦ これから社労士を目指す人へのメッセージ
社労士はやりがいのある仕事です。皆様が仲間になってくれる日を楽しみにしております。



<講師プロフィール>

・略歴:
特定社会保険労務士。9年間、特殊法人の人事・労務部門に勤務した後、社会保険労務士試験の資格を取得。社会保険労務士法人勤務を経て、2008年6月に開業。各種手続から人事評価制度の構築、助成金申請の代行業務等、幅広い業務をこなす。

・著書:
社会保険のセオリー ~ライフステージと社会保険手続の「なぜ」が理解できる~ 共著
東京都社会保険労務士会 実務修習講座「雇用保険適用編」「雇用保険給付編」

・講師歴:
東京都社会保険労務士会 実務修習講座「雇用保険適用編」
東京都委託職業訓練「社会保険」  他、自主開催セミナー、社員研修等




[2]  「算定業務」   藤本紀美香先生

・事務所名 : 社会保険労務士 藤本紀美香事務所
・専門分野 : 年金・労務管理・各種セミナー
・開業年月 : 平成24年


社労士試験に合格された方、おめでとうございます。ほっと一息といったところですが実はここからがスタートです。せっかく手に入れたライセンスですから、実践で活かしていきましょう。来年向けに学習をしている方は、この講義を糧に頑張ってください。何から始めればいいのか分からない方、試験対策としての手続きの確認をしたい方、開業社労士の話を聞いてみたい方、是非講義に参加してみて下さい。「算定業務」では、受験テキストからは読み取れないような実務に則した内容をふんだんに盛り込み、“ミ”のある講義を実施します。



① この業務の醍醐味は何ですか?
社労士業務の主柱の一つである算定・月変。基本中の基本ですが、被保険者の将来の給付に結び付く大切な業務です。

② この業務を行う上で、辛い点や大変なことはありますか?
賃金台帳に記載された数字の意味が分からない(計算の根拠が不明)時や、後から「交通費台帳」として別冊を出されたりすると、事業主に根気強く制度説明することはあります。

③ 開業するきっかけを教えてください。
東北で社労士事務所に勤務していましたが、東京に転居してきたので独立開業しました。

④ 開業して良かったことは何ですか?
「自分の資格」で仕事をしているという実感があります。もちろん勤務時代とはまた違う責任やプレッシャーはありますが、手ごたえのようなものは感じています。

⑤ 先生のモットーを教えてください。
「困っている人の役に立ちたい」と思っています。

⑥ 先生の今後の展望(目標)を教えてください。
これからも「困っている人の役に立ちたい」と思っています。

⑦ これから社労士を目指す人へのメッセージ
ある他士業の先生から「社労士は正義の味方ですね」と言われたことがあります。労働・社会保障分野を担う社労士は、事業主であれ従業員であれ人に密接にかかわる仕事です。「人のある所に社労士あり」です。


<講師プロフィール>

藤本紀美香先生


藤本紀美香(ふじもと・きみか)
特定社会保険労務士・年金アドバイザー 社会保険労務士藤本紀美香事務所所長
年金事務所相談員、労働基準監督署労働保険指導員、商工会議所労働相談員、区役所労働相談員。

講演・セミナー活動:
防衛省、地方自治体、独立行政法人農業者年金基金、各都道府県農業会議、公益社団法人各地方法人会、不動産会社などでセミナーを行うほか、社会貢献活動の一環として小学生や高校生に向けた社会保障の授業も行う。




[3]  「給与計算」   小島信一先生

・事務所名 : 小島経営労務事務所
・専門分野 : 労務相談コンサル、講師、1・2号手続、給与計算
・開業年月 : 平成19年4月1日


給与計算は顧問先とのつながりが深まる点で、お客様との関係づくりにおいて大変意義ある業務です。どうやってコンサルにつなげていくか、というノウハウも交えながら講義をしていきます。



① この業務の醍醐味は何ですか?
お客様をがっちりつかむことができ、頼りにされるところでしょうか…。
 
② この業務を行う上で、辛い点や大変なことはありますか?
納期が絶対なので、健康管理は必要です。また、ミスが許されない業務なので、神経をすり減らします。

③ 開業するきっかけを教えてください。
28歳まで、お酒の営業をしていましたが、ある日酒屋を訪問していて銀行の人が営業に来たのですが、私は商談途中で打ち切られ、追い出されてしまいました。そのとき、「自分の仕事って重要じゃないんだあ~」と大変虚しく感じました。もっと重要なことがやりたい、もっと責任の強い仕事をしたい、…。社労士を知り。絶対この資格で食っていくぞ、と決意しました。

④ 開業して良かったことは何ですか?
人脈が広がったことや社労士の仲間がたくさんできたことです。サラリーマンでは到底経験できないことや、到底出会えないような人とも会うことができます。経済面でも良くなりました。また、人間的にも成長できました。

⑤ 先生のモットーを教えてください。
信頼され、尊敬され、役に立つこと、人から好かれることです。

⑥ 先生の今後の展望(目標)を教えてください。
業界人としては、後輩の育成です。あと、スキル面では、さらなる的を射た、心に刺さるアドバイスができるようになることです。

⑦ これから社労士を目指す人へのメッセージ
まずは手続き、給与計算など社労士としての基本業務はきっちりマスターしてください。その先に3号業務があります。


<講師プロフィール>

小島信一先生写真略歴:
大学卒業後、大手酒類・食品卸会社営業職を経て平成8年小嶋経営労務事務所入所し、そこで社労士業務を11年間修行し、その後平成19年4月小島経営労務事務所所長として独立開業した。現在、中小企業から東証1部上場企業に至るまで多くの規模・業種の会社、非営利法人などを顧問とし、就業規則の作成、労務相談、人事制度の設計・アドバイス、業務改革等のコンサルタント業務や社会保険の手続、助成金の申請、給与計算等の業務を行っている。また、都内をはじめ全国各地で講演活動も行い、ビジネス書・ビジネス雑誌の執筆も多数ある。


主な著書:
『使用人兼務取締役をめぐる法律と税務』(新日本法規出版 )
(共著含) 『わかりやすい有限会社の経営手引き』」(新日本法規出版 )
『こうすればできる!定年前後の手続き』(自由国民社 )
『小さな会社の事務がなんでもこなせる本』(日本実業出版社)
『社労士 合格ノート』(東京法経学院 監修)


主なビジネス雑誌:
『歯科医院経営』(クイーンテッセンス出版)
「スタッフの定着率を高めることがコストを下げる」
『企業実務』(日本実業出版社)
「過労死・通勤災害、業務災害認定されるかどうかの分岐点」
『月刊経理ウーマン』(研修出版)
「わかりやすい「有給残日数一覧表」の作り方教えます!」
『月刊非営利法人 「職員規程の雛形と労務管理」12回シリーズ連載中』  他多数                      


主な講演先:
りそな総研 「パート・派遣、契約社員の雇用管理」 「マイナンバーの実務」
産業能率大学の企業研修 ビジネス文書作成(ロジカルライティング)
東京商工会議所    「社会保険の実務」
全国各地の法人会   「法改正を踏まえた就業規則の整備」など多数


趣 味:魚釣り(鯛、イカ、メジナ、かわはぎ などの海釣り)、旅行
性 格:明るい、よく笑う
家 族:妻、長男・長女の4人家族



初日から豪華メンバーが登場します。
お楽しみに!


☞次の「実務講座の2日目のご案内」をご覧になりたい方はこちら