2017年03月06日

「第2次ランチタイム・スタディ」の第9問です。

「第2次ランチタイム・スタディ」の主旨については、2月21日の佐藤塾ブログの『第2次「ランチタイム・スタディ」開始のお知らせ(ブログの記事のご案内)』をご覧ください。


さて、9問目は、択一式の労働安全衛生法です。

正答率82%の問題です。

<問題( 択一式 安衛 問10 )>

〔問〕 労働安全衛生法に定める健康診断に関する次のアからオまでの記述のうち、正しいものの組合せは、後記AからEまでのうちどれか。

ア 常時使用する労働者に対して、事業者に実施することが義務づけられている健康診断は、通常の労働者と同じ所定労働時間で働く労働者であっても1年限りの契約で雇い入れた労働者については、その実施義務の対象から外されている。

イ 事業者は深夜業を含む業務に常時従事する労働者については、当該業務への配置替えの際及び6月以内ごとに1回、定期に、労働安全衛生規則に定める項目について健康診断を実施しなければならない。

ウ 事業者は、高さ10メートル以上の高所での作業に従事する労働者については、当該業務への配置替えの際及び6月以内ごとに1回、定期に、労働安全衛生規則に定める項目について健康診断を実施しなければならない。

エ 事業者は、労働安全衛生規則に定める健康診断については、その結果に基づき健康診断個人票を作成して、その個人票を少なくとも3年間保存しなければならない。

オ 健康診断の受診に要した時間に対する賃金の支払について、労働者一般に対し行われるいわゆる一般健康診断の受診に要した時間については当然には事業者の負担すべきものとされていないが、特定の有害な業務に従事する労働者に対し行われるいわゆる特殊健康診断の実施に要する時間については労働時間と解されているので、事業者の負担すべきものとされている。


A (アとウ) B (アとエ) C (イとエ)
D (イとオ) E (ウとオ)




-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step1 正解は・・・



D


   

-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step2 解説

ア ☓  (法66条、平5.12.1基発663号) 一般健康診断の対象となる労働者には、期間の定めのある労働契約により使用されている労働者であって、「1年以上」使用されることが予定される者が含まれる。したがって、1年限りの契約で雇い入れた労働者は一般健康診断の対象となる。

イ 〇  (法66条1項、則45条1項、則13条1項2号) 事業者は、特定業務に常時従事する労働者に対し、当該業務への配置替えの際及び6月以内ごとに1回、定期に、所定の検査項目について医師による健康診断を行わなければならないが、「深夜業を含む業務」は、当該特定業務に含まれている。

ウ ☓  (法66条1項、則45条1項、則13条1項2号) 高さ10メートル以上の高所での作業は特定業務に該当しないため、設問の労働者は、特定業務従事者に対する健康診断の対象とはならない。したがって、1年以内ごとに1回の定期健康診断で足りる。

エ ☓  (法66条の3、則51条) 健康診断個人票は、「5年間」保存しなければならない。

オ 〇  (法66条、昭47.9.18基発第602号) 労働者一般を対象とする一般健康診断は、一般的な健康の確保を図ることを目的として事業者にその実施を義務づけたものであり、業務遂行との関連において行われるものではないので、その受診に要した時間については、当然には事業者の負担とすべきものではなく、労使協議して定めるべきものであるが、特殊健康診断は、事業の遂行に絡んで当然実施されなければならない性格のものであり、所定労働時間内に行われるのを原則とする。また、特殊健康診断の実施に要する時間は労働時間と解されるので、当該特殊健康診断が時間外に行われた場合には、当然割増賃金を支払わなければならない。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step3 コメント

・択一式の労働安全衛生法の問10は、健康診断に関する組合せ問題でした。オを軸に正解を導けたと思われます。



今日は練習問題はありません。

明日もがんばりましょう。
☞ 次の【第2次ランチタイム・スタディ 10 】をご覧になりたい方はこちら




2017年03月05日

みなさん、こんにちは。
佐藤としみです。

3月11日(土)は大阪本校で、12日(日)には東京本校において、無料体験を実施いたします。
科目は、国民年金法①(10:30~13:00)になります。

大阪本校の担当講師は、実務に精通し、選択式を意識した講義で定評のある木田麻弥講師です。
姉御肌でとっても面倒見のいい先生ですから、いろいろ相談したりして頼ってください。

東京本校は、私、佐藤としみが担当いたします。

いよいよ残すは、最重要科目ともいえる国年、厚年の年金2科目です。
予約は不要ですので、当日、直接、お越しください。

今回に関しては、2017年向け講座の無料体験に今まで一度も参加したことがない方(2017年向け佐藤塾の講義に初めて参加される方)が対象です。

テキストは、中綴じのものをお渡しいたしますので、国民年金法①の範囲の部分はお持ち帰りしていただいて構いません。



それでは、お待ちしています!!



2017年03月04日

いよいよ3月になり春はすぐそこなので、タイトルを英語にしてみました^^

昨日は「ひな祭り」女性にとっては、いくつになってもわくわくする感じがあるのですが受験生の皆さんはそれどころではないかもですね。

そして明日は年金アドバイザー試験の日。社労士受験生の中にも受ける人たくさんいるかな?

私も3級は受験したのですが2級は受けていなくて、年に一度しかないので今回は受験しようかとも思っていたのですが 結局やらずじまいです^^;

なので毎日毎日ずっと勉強している皆さんは本当に偉い

そして勉強癖のある時に色々チャレンジするのも、とても効率がいいですよね、
ちょっと離れるとなかなか大変で、読書すらあまりしなくなりましたから~

でもこの前出版された村上春樹著 「騎士団長殺し」㊤㊦は初日に買ったのだけれどまだ読み始めてなくて、これを書いていたらだんだん読む気になってきました


もし、なかなかモチベーションの上がらない人、やる気はあるけどだんだん不安が大きく押し寄せてきている人の為に、力を貸してくれる言葉、勇気づけられる言葉を集めてみました

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

できると思えばできる、できないと思えばできない。これは、ゆるぎない絶対的な法則である。                                 パブロ・ピカソ

精いっぱいの努力は心地よいもの。サボってしまった時のほうが、あれこれ考えていないか?か?                                   松岡修造

なんとかなる、それはやっている人のセリフ           ムーミン谷のリトルミィ

人はしょせん、自分で自分の背中を押すしかないのだ        カーク・ダグラス

配られたカードで勝負するっきゃないのさ、それがどういう意味であれ   スヌーピー

誰もが才能を持っている。でも能力を得るには努力が必要だ。   マイケル・ジョーダン

難しいからやる気がでないのではない。やる気がないから難しいのだ。  セネカ


さぁ、春になりました 仕切りなおして頑張って行きましょうか


17103703_1319142798166357_5472646134449971321_n