2017年02月02日

「ランチタイム・スタディ」の第80問です。

「ランチタイム・スタディ」の主旨については、9月29日の佐藤塾ブログの
「ランチタイム・スタディ」開始のお知らせをご覧ください。

「ランチタイム・スタディ」の活用法については、10月22日の佐藤塾ブログの「ランチタイム・スタディの活用法」をご覧ください。


さて、80問目は、選択式の労働一般常識です。

正答率37%&26%の問題で、難問です。
※選択式労一D=37%、E=26%で、Dは正答率がEより高いものの同じカテゴリーですので、Eの正答率に合わせここで掲載しています。
※難問とは、合格者でも正答率が50%を割ってしまっている問題を指します。



<問題( 選択式 労一DE )>


政府は、毎年6月30日現在における労働組合数と労働組合員数を調査し、労働組合組織率を発表している。この組織率は、通常、推定組織率と言われるが、その理由は、組織率算定の分母となる雇用労働者数として「  D  」の結果を用いているからである。
労働組合の組織及び活動の実態等を明らかにするために実施されている「平成25年労働組合活動等に関する実態調査(厚生労働省)」によると、組合活動の重点課題として、組織拡大に「取り組んでいる」と回答した単位労働組合の割合は  E  になっている。




-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step1 次の選択肢の中から答を選んでください。




Dの選択肢
① 雇用動向調査         ② 賃金構造基本統計調査
③ 毎月勤労統計調査      ④ 労働力調査

Eの選択肢
① 約4分の1  ② 約3分の1  ③ 約半数    ④ 約3分の2




-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step2 正解は・・・



D → ④ 労働力調査(平成27年労働組合基礎調査の概況)

E → ② 約3分の1(平成25年労働組合活動等に関する実態調査)





-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step4 コメント

・選択式の労働一般常識のD及びEに関しては、A~C以上に難易度が高く、かなり学習を積んでいたとしても、正解を導くことは困難であり、難問であったといえます。




今日は練習問題はありません。

来週もがんばりましょう。

☞ 次の【ランチタイム・スタディ 81 】をご覧になりたい方はこちら



2017年02月01日

「ランチタイム・スタディ」の第79問です。

「ランチタイム・スタディ」の主旨については、9月29日の佐藤塾ブログの
「ランチタイム・スタディ」開始のお知らせをご覧ください。

「ランチタイム・スタディ」の活用法については、10月22日の佐藤塾ブログの「ランチタイム・スタディの活用法」をご覧ください。


さて、79問目は、択一式の労働者災害補償保険法です。

正答率27%の問題で、難問です。

※難問とは、合格者でも正答率が50%を割ってしまっている問題を指します。
※択一式&選択式の労災保険法の問題の中で一番難しかった問題であり、労災保険法はこれが最後の問題となります。



<問題( 択一式 労災 問7 )>


〔問〕 特別支給金に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

A 休業特別支給金の支給の申請に際しては、特別給与の総額について事業主の証明を受けたうえでこれを記載した届書を所轄労働基準監督署長に提出しなければならない。

B 休業特別支給金の額は、1日につき算定基礎日額の100分の20に相当する額とされる。

C 傷病特別支給金は、受給権者の申請に基づいて支給決定されることになっているが、当分の間、事務処理の便宜を考慮して、傷病補償年金または傷病年金の支給を受けた者は、傷病特別支給金の申請を行ったものとして取り扱って差し支えないこととされている。

D 特別給与を算定基礎とする特別支給金は、特別加入者には支給されない。

E 障害補償年金前払一時金が支給されたため、障害補償年金が支給停止された場合であっても、障害特別年金は支給される。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step1 正解は・・・



B


   

-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step2 解説


A 〇 (特支則12条1項)本肢のとおりである。なお、この届出は最初の休業特別支給金の支給の申請の際に行えば、以後は行わなくてもよいものとされている。また、この届出を行った者が障害特別年金、障害特別一時金又は傷病特別年金の支給の申請を行う場合及びこの届出を行った者の遺族が遺族特別年金又は遺族特別一時金の支給の申請を行う場合には、申請書記載事項のうち、特別給与の総額については記載する必要がない。

B ☓ (特支則3条1項)休業特別支給金の額は、1日につき「休業給付基礎日額」の100分の20に相当する額である。

C 〇 (特支則5条の2第2項、昭56.6.27基発393号)本肢のとおりである。特別支給金支給規則においては、傷病特別支給金の支給の申請は、所定の事項を記載した申請書を所轄労働基準監督署長に提出して行うものとされているが、当分の間、事務処理の便宜を考慮し、傷病補償年金又は傷病年金の支給決定を受けた者は、傷病特別支給金の申請を行ったものとして取り扱われる。

D 〇 (特支則19条)本肢のとおりである。特別加入者には算定基礎年額の算定の基礎となるボーナス等の特別給与がないため、ボーナス特別支給金は支給されない。

E 〇 (特支則7条)本肢のとおりである。障害特別年金には前払一時金制度は設けられていないため、障害補償年金前払一時金が支給された場合であっても、障害特別年金は支給停止されない。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step3 コメント

・択一式の労災保険法の問7は、特別支給金からの出題でした。正解肢となるBは、どうしても数字である「100分の20」に目がいってしまうため、ひっかけ問題とも言える出題でした。多くの人がBを正しいと判断してしまった結果、他の選択肢にまんべんなく解答が分かれることになってしまったようです。



今日は練習問題はありません。

明日もがんばりましょう。
☞ 次の【ランチタイム・スタディ 80 】をご覧になりたい方はこちら



2017年01月31日

「ランチタイム・スタディ」の第78問です。

「ランチタイム・スタディ」の主旨については、9月29日の佐藤塾ブログの
「ランチタイム・スタディ」開始のお知らせをご覧ください。

「ランチタイム・スタディ」の活用法については、10月22日の佐藤塾ブログの「ランチタイム・スタディの活用法」をご覧ください。


さて、78問目は、択一式の労働保険徴収法です。

正答率29%の問題で、難問です。

※正答率29%となり、3割を割りました。
※難問とは、合格者でも正答率が50%を割ってしまっている問題を指します。
※平成28年本試験択一式&選択式の徴収法の問題の中で一番難しかった問題であり、徴収法はこれが最後の問題となります。



<問題( 択一式 徴収 災問10 )>


〔問〕 労災保険のいわゆるメリット制に関する次の記述のうち、誤っているものの組合せは、後記AからEまでのうちどれか。なお、本問において「メリット増減幅」とは、メリット制による、労災保険率から非業務災害率を減じた率を増減させる範囲のことをいう。

ア メリット制が適用される事業の要件である①100人以上の労働者を使用する事業及び②20人以上100人未満の労働者を使用する事業であって所定の要件を満たすものの労働者には、第1種特別加入者も含まれる。

イ メリット制とは、一定期間における業務災害に関する給付の額と業務災害に係る保険料の額の収支の割合(収支率)に応じて、有期事業を含め一定の範囲内で労災保険率を上下させる制度である。

ウ メリット収支率を算定する基礎となる保険給付の額には、第3種特別加入者に係る保険給付の額は含まれない。

エ 継続事業(建設の事業及び立木の伐採の事業以外の事業に限る。)に係るメリット制においては、所定の要件を満たす中小企業事業主については、その申告により、メリット制が適用される際のメリット増減幅が、最大40%から45%に拡大される。

オ メリット収支率を算定する基礎となる保険給付の額には、特定の業務に長期間従事することにより発症する一定の疾病にかかった者に係る保険給付の額は含まれないが、この疾病には鉱業の事業における粉じんを飛散する場所における業務によるじん肺症が含まれる。

A (アとウ)  B (イとウ)  C (イとオ)
D (ウとエ)  E (工とオ)




-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step1 正解は・・・



C


   

-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step2 解説


ア 〇 (法12条3項、則17条、昭40.11.1基発1454号、平25.11.18基発1118第2号)本肢のとおりである。メリット制の適用にあっては、その事業について特別加入した第1種特別加入者も労働者数に算入される。

イ ☓ (法12条3項、法20条)メリット制とは、継続事業については、労災保険率を一定の範囲内で上下させる制度であるが、有期事業については、「確定保険料の額を上下させる」ことによって負担の調整を行う制度である。

ウ 〇 (法12条3項、則18条の2)本肢のとおりである。第3種特別加入者に係る保険給付及びこれに係る特別支給金については、収支率の計算から除かれる。

エ 〇 (法12条の2)本肢のとおりである。継続事業のメリット制が適用される事業において、中小事業主が、労働者の安全又は衛生を確保するための特別の措置を講じた場合であって、特例メリット制の適用を申告しているときは、労災保険率から非業務災害率を減じた率の増減幅が、最大40%から45%に拡大される。これを、「特例メリット制」という。

オ ☓ (法12条3項、則17条の2)「鉱業の事業」ではなく、「建設の事業」における粉じんを飛散する場所における業務によるじん肺症にかかった者については、メリット収支率の算定から除外する厚生労働省令で定める疾病(特定疾病)に該当する。なお、前段の記述は正しい。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step3 コメント

・択一式の徴収法の災問10は、メリット制の問題でした。アとオの正誤判断が難しかったためか、解答はすべてにまんべんなく割れていました。

・仮に、ア、エ、オの正誤判断が付かなくても、イが誤りで、ウが正しいとわかれば、組合せ問題のくくりから正解が導き出せました。このように、組合せ問題は、正解を導きやすくなる場合もあり得ますので、落ち着いて対処してください。



今日は練習問題はありません。

明日もがんばりましょう。
☞ 次の【ランチタイム・スタディ 79 】をご覧になりたい方はこちら