2017年02月05日

若干、先の話になりますが、2月25日(土)の大阪本校の講義(社一③④)の講義の開始時刻は、都合により、11時半からとなります。

したがって、2月25日(土)の大阪本校のLIVE講義の時間割は、次のとおりです。
・11:30~14:00 社一③
・15:00~17:30 社一④

お間違えの無いようにお越しください。



2017年02月04日

おはようございます!

2月に入りました、昨日は節分でしたね~。 今年の恵方は「北北西」、巻き寿司の丸かじりで福を呼び込みましたか?(^0^) これから受験日まではいろんな福を呼び込んでくださいね。



ところで最近電車の中でも、過去問集を開いて勉強している人を時々見かけます。

見つけると思わず、頑張って!と声をかけたくなりますね~ 


10155455_655151234565520_7053827882305618700_n



私も受験生時代、電車では必ず座り(始発駅から乗る)、車内での日課は過去問でした。

先日、見かけた人は、専用の解答用紙を過去問に挟み込んでやっていましたが、
用紙には〇か×しか書いていないようでした。

私の場合は専用の解答用紙を作るときは、必ず論点を書き込める枠を入れてましたね。

×ならどうして×なのかの理由を書く。(自分がわかればいいので簡単に) 
また間違えたときはどうして間違えたのかをしっかり確認。

単なるケアレスミスなのか? 別の法令などと勘違いしてそう思ったのかなど。

たとえば厚年の年金給付を労災の給付と勘違いしていた!
なんてパターンですね(・◇・)ゞ

電車の中でも気にせず書き込んでいましたよ(*゚∀゚)っ


〇×のみでやると早く進むけれど問題そのものを覚えてしまい、勉強している感はあるんだけど、
実は論点がずれたままで覚えてしまい実際に答練や模試に出たら解けなかった! 
なんてことにもなりかねません。

そして今後、新たな問題として出題されるときは、X問が〇で、〇問がX問で出題されることも
あるので〇問もX問で作るなら、この辺りかな?とか思いながら解いていくと、
過去問の知識が活きてくると思いますv( ̄∇ ̄)v


受験生時代、 先生に最終的には過去問一冊を最初から最後まで一気にやったとして、
「労働編」なら2~3時間、 「社会編」なら4~5時間で回せるように~♪ 

と言われていました   (もちろんその時は〇✖のみですけどね^^)

実際に最終的にはそれをクリアして、受験会場に行きましたよ(*゚∀゚)っ
1冊一気にやるのはちょっと大変ですが、集中力をつける練習にもなって
良かったと思ってます。

みなさんもまずは過去問の論点がしっかり使える知識となるよう、
取り組んでみてくださいね

最近は初見の問題も多く出てきてるようですが、やはり先ずは過去問の知識から~ 

ですよね~

12523171_977819505632023_1084574979104607535_n




2017年02月03日

「ランチタイム・スタディ」の第81問です。

「ランチタイム・スタディ」の主旨については、9月29日の佐藤塾ブログの
「ランチタイム・スタディ」開始のお知らせをご覧ください。

「ランチタイム・スタディ」の活用法については、10月22日の佐藤塾ブログの「ランチタイム・スタディの活用法」をご覧ください。


さて、81問目は、択一式の国民年金法です。

正答率25%の問題で、難問です。

※正答率25%ということは、4人に1人しか、正解できなかった問題です。
※難問とは、合格者でも正答率が50%を割ってしまっている問題を指します。



<問題( 択一式 国年 問8 )>


〔問〕 障害基礎年金及び遺族基礎年金の保険料納付要件に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

A 20歳に到達した日から第1号被保険者である者が、資格取得時より保険料を滞納していたが、22歳の誕生月に国民年金保険料の全額免除の申請を行い、その承認を受け、第1号被保険者の資格取得月から当該申請日の属する年の翌年6月までの期間が保険料全額免除期間となった。当該被保険者は21歳6か月のときが初診日となるけがをし、その後障害認定日において当該けがが障害等級2級に該当していた場合、障害基礎年金の受給権が発生する。

B 厚生年金保険の被保険者期間中にけがをし、障害等級3級の障害厚生年金の受給権者(障害等級1級又は2級に該当したことはない。)となった者が、その後退職し、その時点から継続して第3号被保険者となっている。その者が、退職から2年後が初診となる別の傷病にかかり、当該別の傷病に係る障害認定日において、当該障害等級3級の障害と当該別の傷病に係る障害を併合し障害等級2級に該当した。この場合、障害等級2級の障害基礎年金の受給権が発生する。なお、当該別の傷病に係る障害認定日で当該者は50歳であったものとする。

C 平成2年4月8日生まれの者が、20歳に達した平成22年4月から大学を卒業する平成25年3月まで学生納付特例の適用を受けていた。その者は、卒業後就職せず第1号被保険者のままでいたが、国民年金の保険料を滞納していた。その後この者が24歳の誕生日を初診日とする疾病にかかり、その障害認定日において障害等級2級の状態となった場合、障害基礎年金の受給権が発生する。

D 20歳から60歳まで継続して国民年金に加入していた昭和25年4月生まれの者が、65歳の時点で老齢基礎年金の受給資格期間を満たさなかったため、特例による任意加入をし、当該特例による任意加入被保険者の期間中である平成28年4月に死亡した場合、その者の死亡当時、その者に生計を維持されていた16歳の子が一人いる場合、死亡した者が、死亡日の属する月の前々月までの1年間に保険料が未納である月がなくても、当該子には遺族基礎年金の受給権が発生しない。

E 平成26年4月から障害等級2級の障害基礎年金を継続して受給している第1号被保険者が、平成28年4月に死亡した場合、その者の死亡当時、その者に生計を維持されていた16歳の子がいた場合、死亡した者に係る保険料納付要件は満たされていることから、子に遺族基礎年金の受給権が発生する。なお、死亡した者は国民年金法第89条第2項の規定による保険料を納付する旨の申出をしていないものとする。





-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step1 正解は・・・



A


   

-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step2 解説


A ☓ (法30条1項、法90条1項、平26厚労告第191号)本肢の者は、22歳の誕生月に全額免除の申請を行い、資格取得月から申請日の属する年の翌年6月までの期間が保険料全額免除期間となったわけだが、当該期間を保険料全額免除期間に算入することができるのは、「申請のあった日以後」(22歳の誕生月以後)である。したがって、21歳6か月のときに障害の初診日があり、その後障害等級に該当していたとしても、障害基礎年金の受給権は発生しない。

B 〇 (法30条の3第1項)本肢のとおりである。本肢の場合は、基準障害による障害基礎年金(2級)の受給権が発生する。基準障害による障害基礎年金は、①基準傷病に係る初診日において、初診日要件を満たしていること、②基準傷病に係る障害認定日以後、65歳に達する日の前日までの間において、基準障害と他の障害とを併合して、初めて、障害等級1級又は2級に該当する程度の障害の状態に該当するに至ったこと、③基準傷病に係る初診日の前日における保険料納付要件を満たしていること、の3つの要件を満たす必要があるが、本肢の者は「退職後継続して第3号被保険者である」ことから、初診日要件及び保険料納付要件を満たしており、また②の要件も満たしているため、基準障害による障害基礎年金が支給される。

C 〇 (法30条1項)本肢のとおりである。本肢の者は、20歳から23歳までが学生納付特例の適用を受けた期間、23歳から24歳までが国民年金保険料の滞納期間となるが、初診日前日において、原則の保険料納付要件(3分の2要件)を満たしているため、障害基礎年金の受給権が発生する。

D 〇 (法37条1項、昭60法附則20条2項)本肢のとおりである。本肢の者は、死亡日において65歳以上であるため、保険料納付要件の特例(直近1年間の特例)が適用されない。したがって、保険料納付要件を満たしていないため、子に遺族基礎年金の受給権は発生しない。

E 〇 (法37条1項、法89条1項)本肢のとおりである。障害等級2級の障害基礎年金を受給している第1号被保険者は、法定免除の対象となることから、本肢の者は、保険料納付要件を満たすことになる。したがって、当該子に遺族基礎年金の受給権が発生する。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step3 コメント

・択一式の国民年金法の問8は、事例問題であり、問題文が長く、正誤の判断はかなり難しいといえます。解答は、おおよそA、C、Dに割れていました。



今日は練習問題はありません。

来週もがんばりましょう。
☞ 次の【ランチタイム・スタディ 82 】をご覧になりたい方はこちら