2016年09月27日

次のようなご質問をいただきました。

[質問]

佐藤塾は白書に強いと聞きました。
どのような点で強いといえるのでしょうか。

次のように回答させていただきました。

[回答]

佐藤塾の特長は大きくいえば3つです。
①択一式の得点が大きく伸びる
②選択式を意識したテキストが評判
③白書・統計数値に強い

①②に関しては、9月15日付けブログの「他の予備校との違いは何ですか?【講座に関するご質問】」をご覧ください。

③に関してですが、今年の本試験選択式の労一のABCの問題はできましたか?
・現金給与額が労働費用総額に占める割合は約 A である。 A=8割
・現金給与以外の労働費用に占める法定福利費の割合は約 B になった。 B=6割
・法定福利費の中で最も大きな割合を占めているのが C である。 C=厚生年金保険料

白書第1分冊46ページ
佐藤塾では、この3問は白書講座のテキストに掲載(白書テキスト46ページ)し、講義でも詳しく解説をしています。
(白書テキスト46ページを添付しておきます。赤線や赤の囲みは該当箇所をわかりやすくするために入れています。)

なぜならば、平成23年の就労条件総合調査という、かなり古い調査ではあるものの、「労働費用」は、とても大切な項目だと認識していたからです。

また、該当箇所の過去問をテキストに掲載し、狙われる可能性が高いと注意喚起するようにしています。





その後の2016年向け弱点克服講義では、白書絡みの問題を演習問題として解いていただいたあとで解説を行いましたが、演習問題の択一式全24問中の1肢に出題し、白書講座でその箇所をぼんやりと受け流してしまったとしても、しっかりフォローしています。

さらに、オプションではありますが、総仕上げ講座では、持ち帰っていただく資料として、「労働統計数値POINTチェック」(全9ページ)と「厚生労働白書POINTチェック」(全14ページ)の中にも掲載していましたので、万全の態勢で臨むことができたと思います。

佐藤塾生は、今年の本試験の選択式は、対策を講じていたため、あまり苦戦しなかったように思います。
事実、選択労一が4点取れている方もいらっしゃいます。

このように、白書・統計数値対策講座では、出題される可能性のある項目は、極力テキストに掲載し(その割にはページ数はそれほど多くはありません。)、講義でその意味合いを的確にお伝えしていますので、選択式・択一式にかかわらず、白書の苦手意識を払しょくすることができます。

白書・統計数値対策講座は、直前期に行われますので、まだ先のことですが、インプット講義の中でも重要な統計資料が発表された際には、受講しているみなさんに随時、お伝えしていきますので、試験直前で慌てることなく、白書・統計数値の問題に対処することが可能となります。



2016年09月26日

9月25日(日)の相談会でご相談をお受けしたところ、
合格に遠回りな学習方法を選択しているのではないかと
思われるケースが見受けられました。

再度、10月1日(土) に、相談会を実施します。
前回、ご都合がつかなかった方は、この機会にぜひお申し出ください。


今回は、大阪本校で受けさせていただきます。
お一人様40分で先着7名様限定とさせていただきますので、
学習の仕方等で悩みやご相談のある方は予約をしてください。


大阪本校に来所いただくか、電話でお話をするかのいずれでも結構です。

(大阪近郊でお越しいただける方は、できるだけお越しください。)
(大阪近郊でない方もお申し出ください。
お電話でお話しができますので、遠慮なくお申し出ください。)

講座責任者の右田(社会保険労務士・CFP)が対応させていただきます。


時間割ですが、相談開始時刻で、①~⑦の設定としています。(1枠40分)

10月1日(土)  ①10:35~、②11:25~、③12:15~
④13:05~(10月1日(土)大阪本校の無料体験参加者限定(昼休み時間にて))
⑤14:05~、⑥14:55~、⑦15:45~ 
※当日は大阪本校のLIVE講義の開講日で2コマ連続無料体験を実施しています。
大阪近郊の方はできれば講義視聴(無料体験)を優先させてください。


[手順]

・06-6311-0400(辰巳法律研究所大阪本校)に電話をしていただき、
予約をしていただきます。

・「氏名、性別、電話番号、受験回数、今年の得点状況、来所か電話か、
枠(①~⑦)の希望」をお伝えください。

・来所の方は、その時刻までに大阪本校へお越しください。

・電話の方は、その時刻に電話がかかってくるのをお待ちください。

 (3分過ぎても電話が無い場合はお手数ですが、電話でその旨、
大阪本校まで連絡をお願いします。)

どのように学習すれば合格できるかをアドバイスさせていただきます。
疑問や不安や心配事は、今のうちに解決してしまいましょう。
方向性を定めることができるだけでも、この先の学習の進捗が違ってきます。
※相談は、講座に既にお申込みいただいている方でも、
講座に申し込む気が今のところ無いという方でも構いません。



2016年09月25日

みなさん、こんにちは。
佐藤としみです。

「2016本試験詳細解説」のliveが昨日、終了しました。

DSC_0574


9月19日、名古屋のみなさん、教室の椅子がほぼ埋まるくらい来ていただきとてもうれしく思いました。

9月22日、大阪のみなさん、木田先生の改正法セミナー連動で長時間、お聴きいただき、感謝しています。

※名古屋、大阪のみなさんへのアンケートには、個人的にお聞きしたくて今回、特別に「ご当地での名産や観光地」をお聞きする項目を設けています。
かしこまったアンケートの中に、そういう項目があって驚いた方もいらっしゃったと思いますが、せっかくなので、後日、お書きいただいたことをこのブログで紹介させていただきますね。

9月24日、東京、そして、大阪、横浜、名古屋、京都での同時中継でお聴きいただいたみなさん、早苗俊博先生の大分析会後、昼食の時間も取れなかったと思いますが、熱心にお聴きいただきありがとうございます。


今回の択一式試験の特徴は次のとおりです。

①労働基準法・安衛法の10問に関しては、最初の5問は比較的易しかったものの、後半5問の難易度が高く、特に問6のような実務系の問題が出題され、例年より平均点を押し下げた。

②国民年金法の問8、問9にみられるような事例問題が出題され、難易度が高く長文で、解答するのに時間がかかったと思われる。
そのため、択一式の国民年金法の平均点は最も低い結果となった。
こういった事例問題の出題は健康保険法でも同様な傾向がある。

③厚生年金保険法では、得点分布が3点~8点に広がっている。これは、被用者年金一元化法などの改正の対策がしっかりなされたかどうかで、大きく差が開いたものと思われる。

④一般常識は、昨年同様、白書・統計数値の問題が労働一般に2問、社保一般に2問出題され、幅広い分野での出題がなされた。


来年も同じような傾向が続くと思われます。
対策としては次の3点が挙げられます。
①労働では実務系の問題、社保では事例問題への対応を図る。
②ここ2年の法改正の対策は必須。
白書・統計数値絡みの問題は避けて通ることはできない。
 (選択式でも出題される可能性が高いため。)



今後は、「平成28年度本試験、合否を分けた問題はこれだ!」のガイダンスを合格発表後の11月に実施します。

ここでは、今回、取り上げなかった問題を取り上げることになりますので、その時も、ぜひ、お越しくださいね。

また、お会いできることを楽しみにしています!!