2016年12月23日


初めまして。

今回から時々「佐藤塾で勉強して社労士試験に合格した者」として、ブログを書くことになりました。


今年もあっという間に年末ですね、

合格発表から1ヶ月強が経ち、再チャレンジに燃えている人、来年度から初めてチャレンジの人、まだもう少しやる気モードにならない人など色々だと思いますが、私も何回かそういう思いを乗り越えて合格したので、少しでもやる気になってもらえることなどが書ければいいなと思っています。 


取りあえず、クリスマスや年末で周囲もばたばたワイワイしている中での受験生^^;


こういう時期一番つらいのですが、それでも基本の学習を淡々と進めて行きましょう。
毎日することを決めて、それをクリアしたらこの時期ですから少しは遊んでもいいかもしれません。

でもやらなければいけないことを仕上げたら!

ですよ~(^0^)


1959254_646931665387477_6270786296616360860_n



2016年12月22日

「ランチタイム・スタディ」の第56問です。

「ランチタイム・スタディ」の主旨については、9月29日の佐藤塾ブログの
「ランチタイム・スタディ」開始のお知らせをご覧ください。

「ランチタイム・スタディ」の活用法については、10月22日の佐藤塾ブログの「ランチタイム・スタディの活用法」をご覧ください。


さて、56問目は、択一式の健康保険法です。

正答率53%の問題です。

※正答率52%~58%辺りの5割ちょっと超えの問題はかなり多いです。この辺りの問題が正解できるかどうかが正念場とも言えそうです。



<問題(択一式 健保 問8)>


〔問〕 保険給付に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

A 傷病手当金は、その支給期間に一部でも報酬が支払われていれば支給額が調整されるが、当該支給期間以前に支給された通勤定期券の購入費であっても、傷病手当金の支給期間に係るものは調整の対象になる。

B 被保険者が妊娠4か月以上で出産をし、それが死産であった場合、家族埋葬料は支給されないが、出産育児一時金は支給の対象となる。

C 傷病手当金の支給要件として継続した3日間の待期期間を要するが、土曜日及び日曜日を所定の休日とする会社に勤務する従業員が、金曜日から労務不能となり、初めて傷病手当金を請求する場合、その金曜日と翌週の月曜日及び火曜日の3日間で待期期間が完成するのではなく、金曜日とその翌日の土曜日、翌々日の日曜日の連続した3日間で待期期間が完成する。

D 健康保険法第104条の規定による資格喪失後の傷病手当金の支給を受けるには、資格喪失日の前日まで引き続き1年以上被保険者(任意継続被保険者、特例退職被保険者又は共済組合の組合員である被保険者を除く。)である必要があり、この被保険者期間は、同一の保険者でなければならない。

E 被保険者が死亡し、その被保険者には埋葬料の支給を受けるべき者がいないが、別に生計をたてている別居の実の弟が埋葬を行った場合、その弟には、埋葬料の金額の範囲内においてその埋葬に要した費用に相当する金額が支給される。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step1 正解は・・・



D


   

-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step2 解説


A 〇 (法108条1項)本肢のとおりである。通勤手当(通勤定期券)は報酬に該当するため、傷病手当金との調整の対象とされる。

B 〇 (法113条、法101条、昭23.12.2保文発898号、昭27.6.16保文発2427号)本肢のとおりである。死産児は被扶養者に該当しないため、家族埋葬料は支給されないが、妊娠4か月以上の出産については、生産、死産、流産(人工流産を含む)又は早産を問わず、出産に関する保険給付が支給される。

C 〇 (法99条1項、昭2.2.5保理659号)本肢のとおりである。待期期間は、労務に服することができない状態になった日から起算する。また、待期期間中に公休日が含まれていても、待期は3日間で完成する。

D ☓ (法104条、昭27保文発3532号)資格喪失後の傷病手当金の継続給付の支給要件に係る「引き続き1年以上」とは、必ずしも同一の事業所や保険者である必要はなく、資格得喪があっても法律上の被保険者としての資格が連続、すなわち同日得喪していればよい。なお、1日でも空白期間があれば通算されない。

E 〇 (法100条2項)本肢のとおりである。被保険者が死亡したときは、その者により生計を維持していた者であって、埋葬を行うものに対し、埋葬料(5万円)が支給されるが、埋葬料の支給を受けるべき者がない場合には、埋葬を行った者に対し、埋葬料の金額の範囲内においてその埋葬に要した費用に相当する金額(埋葬費)が支給される。




-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step3 コメント

・択一式の健康保険法問8の保険給付の問題は、B~Eは過去にも出題された論点でしたが、Aが実務的な問題であり難易度が高かったため、解答が正解肢のDとA(解答率30%)に割れたことにより、正答率が下がってしまった問題といえます。



今日は練習問題はありません。


来週もがんばりましょう。
☞ 次の【ランチタイム・スタディ 57 】をご覧になりたい方はこちら




2016年12月21日

「ランチタイム・スタディ」の第55問です。

「ランチタイム・スタディ」の主旨については、9月29日の佐藤塾ブログの
「ランチタイム・スタディ」開始のお知らせをご覧ください。

「ランチタイム・スタディ」の活用法については、10月22日の佐藤塾ブログの「ランチタイム・スタディの活用法」をご覧ください。


さて、55問目は、択一式の厚生年金保険法です。

正答率53%の問題です。
※正答率52%~58%辺りの5割ちょっと超えの問題はかなり多いです。この辺りの問題が正解できるかどうかが正念場とも言えそうです。




<問題(択一式 厚年 問2)>


〔問〕 厚生年金保険法に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

A 障害手当金の受給要件に該当する被保険者が、当該障害手当金に係る傷病と同一の傷病により労働者災害補償保険法に基づく障害補償給付を受ける権利を有する場合には、その者には障害手当金が支給されない。

B 被保険者である障害厚生年金の受給権者が被保険者資格を喪失した後、被保険者となることなく1か月を経過したときは、資格を喪失した日から起算して1か月を経過した日の属する月から障害厚生年金の額が改定される。

C 厚生年金保険法第78条の14に規定する特定被保険者(以下本問において「特定被保険者」という。)が障害厚生年金の受給権者である場合、当該障害厚生年金の計算の基礎となった被保険者期間は、3号分割標準報酬改定請求により標準報酬月額及び標準賞与額が改定される期間から除かれる。

D 経過的寡婦加算が加算された遺族厚生年金の受給権者が国民年金法による障害基礎年金の支給を受ける場合には、遺族厚生年金の経過的寡婦加算の額に相当する部分の支給が停止される。

E 離婚をし、その1年後に、特定被保険者が死亡した場合、その死亡の日から起算して1か月以内に被扶養配偶者(当該特定被保険者の配偶者として国民年金法に規定する第3号被保険者であった者)から3号分割標準報酬改定請求があったときは、当該特定被保険者が死亡した日の前日に当該請求があったものとみなされる。




-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step1 正解は・・・



B


   

-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step2 解説


A 〇 (法56条)本肢のとおりである。同一の事由により労災保険の保険給付と社会保険の年金給付が支給される場合は、原則として、労災保険の保険給付を減額調整し、社会保険の年金給付は全額支給される。ただし、障害手当金に係る障害の程度を定めるべき日において、障害補償給付を受ける権利を有する者については、障害手当金は支給されない。

B ☓ (法51条)障害厚生年金の受給権者に対しては、退職時改定は行われない。なお、被保険者である老齢厚生年金の受給権者が被保険者の資格を喪失し、かつ、被保険者となることなくして被保険者の資格を喪失した日から起算して1月を経過したときは、退職時改定が行われる(法43条3項)。

C 〇 (法78条の14第1項、令3条の12の11)本肢のとおりである。3号分割は、被扶養配偶者の一方的な請求により標準報酬の分割を行う制度であるため、特定被保険者が障害厚生年金の被保険者であり、かつ、特定期間がその年金額の計算の基礎となっている場合には、3号分割によって障害厚生年金が減額されることのないよう、本肢の規定を設けている。

D 〇 (昭60法附則73条1項)本肢のとおりである。なお、経過的寡婦加算が加算された遺族厚生年金と国民年金法による老齢基礎年金が併給される場合には、遺族厚生年金の経過的寡婦加算は支給停止されない。

E 〇 (法78条の14第1項、令3条の12の14)本肢のとおりである。なお、合意分割についても同様の規定が置かれている(令3条の12の7)。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step3 コメント

・択一式の厚生年金保険法問2の問題は、Cがやや難易度が高く、Eの3号分割標準報酬改定請求の問題はかなり難しいものの、正解肢となるBが基本的な内容でしたので、正解できた方が多かったように思われます。




今日は練習問題はありません。

明日もがんばりましょう。
☞ 次の【ランチタイム・スタディ 56 】をご覧になりたい方はこちら