2019年06月16日

こんなニュースがありました。

残業時間の上限規制、「良くないと思う」企業が3割 特に多い業種は……

改正の学習をしている方も多いと思いますが、残業時間の上限規制については、なんと3割の企業が「良くない」と考えているとのことです。


参考までに・・・



2019年06月15日

こんなニュースがありました。

日本男性、制度1位も育休取らず 国連が指摘

試験に出題される傾向が高くなるのは、
①政府が積極的に推進している。
②話題になっている。
③試験委員自身が興味・関心(危機感)を持っている。
ことなどが挙げられますから、国連に指摘されたというのは、「②話題になっている。」の要素が高まっていることを意味します。

また、男性の育休は、「①政府が積極的に推進している。」ことにも当たりますから、気を付けておきたいものです。

それにしても、制度が1位なんですね。


参考までに・・・



2019年06月13日

「ランチタイム・スタディ2019統計数値」の71日目は、「平成30年職業能力開発基本調査」から「職業能力開発」の調査記載内容1です。

「ランチタイム・スタディ 2019統計数値」の主旨については、2月21日の佐藤塾ブログの『ランチタイム・スタディ 2019統計数値」開始のお知らせ(ブログの記事のご案内)
』をご覧ください。


職業能力開発1

【平成30年職業能力開発基本調査】

(1)重視する教育訓練

正社員に対して、「OJT」を重視する又はそれに近いとする企業は73.6%「OFF-JT」を重視する又はそれに近いとする企業は24.5%となっている。

正社員以外に対しては、「OJT」を重視する又はそれに近いとする企業が76.8%「OFF-JT」を重視する又はそれに近いとする企業は20.0%となっている。


(2)OFF-JTの実施状況

正社員または正社員以外に対して平成29年度にOFF-JTを実施した事業所は77.2%である。

その内訳を見ると、
・正社員と正社員以外の両方に対してOFF-JTを実施した事業所は35.4%
正社員のみに対してOFF-JTを実施した事業所は40.2
正社員以外に対してのみOFF-JTを実施した事業所は1.6%
であった。


(3)人材育成に関する問題点

能力開発や人材育成に関して何らかの「問題がある」とする事業所は76.8%と前回と比べると増加している。

問題点の内容(複数回答)は、「指導する人材が不足している」(54.4%)が最も高く、以下、「人材を育成しても辞めてしまう」(53.5%)、「人材育成を行う時間がない」(47.8%)と続いている。



明日もがんばりましょう。