2024年02月21日

「ランチタイム・スタディ2024統計数値」の42日目は、「令和4年派遣労働者実態調査」から「派遣労働者の実態」の調査記載内容です。

派遣労働者の実態

【令和4年派遣労働者実態調査】

(14)今後の働き方の希望【派遣労働者調査】

派遣労働者について、今後の働き方に対する希望についてみると、「派遣労働者以外の就業形態で働きたい37.0%、「派遣労働者として働きたい34.2%となっている。

派遣労働者以外の就業形態で働きたい」派遣労働者について就業形態をみると、「正社員として働きたい」が74.3%、「パート等の正社員以外の就業形態で働きたい」が15.9%、となっている。


(15)派遣労働者として働いている理由【派遣労働者調査】【新規調査項目】

派遣労働者について、派遣労働者として働いている理由(複数回答)をみると、「自分の都合のよい時間に働きたいから」が30.8%、「正規の職員・従業員の仕事がないから」30.4%の割合が高くなっている。

これを性別にみると上位2つは女は全体と同様となっているが、は「正規の職員・従業員の仕事がないから」31.0%、「専門的な技能等をいかせるから」23.3%となっている。



令和4年派遣労働者実態調査は、統計数値の中でも、本試験出題の本命に当たるところです。

次回もがんばりましょう。



2024年02月20日

「ランチタイム・スタディ2024統計数値」の41日目は、「令和4年派遣労働者実態調査」から「派遣労働者の実態」の調査記載内容です。

派遣労働者の実態

【令和4年派遣労働者実態調査】

(12)諸手当等、各種制度の支給・実施状況【派遣労働者調査】

派遣労働者について、諸手当等、各種制度の支給・実施の状況をみると、通勤手当の「支給がある」は84.4%賞与・一時金の「支給がある」は31.9%昇給が「実施されている」は28.2%となっている。


(13)派遣労働者の要望【派遣労働者調査】

派遣労働者について、派遣元への要望の有無をみると、「要望がある」は47.8%となっている。

「要望がある」派遣労働者について、要望の内容(複数回答3つまで)をみると、「賃金制度を改善してほしい」が58.6%と最も高く、次いで「継続した仕事を確保してほしい」29.7%、「派遣先に対して、派遣先での直接雇用に切り替えるよう依頼してほしい」21.6%となっている。

派遣労働者について、派遣先への要望の有無をみると、「要望がある」は38.4%となっている。

これを性別にみると、33.4%42.4%女のほうが高くなっている。

「要望がある」派遣労働者について、要望の内容(複数回答3つまで)をみると、「派遣契約期間を長くしてほしい」が25.6%と最も高く、次いで「指揮命令系統を明確にしてほしい」17.8%となっている。




令和4年派遣労働者実態調査は、統計数値の中でも、本試験出題の本命に当たるところです。

次回もがんばりましょう。



2024年02月19日

「ランチタイム・スタディ2024統計数値」の40日目は、「令和4年派遣労働者実態調査」から「派遣労働者の実態」の調査記載内容です。

派遣労働者の実態

【令和4年派遣労働者実態調査】

(10)派遣元との労働契約の期間【派遣労働者調査】

派遣労働者について、現在の派遣元との労働契約の期間をみると、「期間の定めはない」が38.4%最も高く、次いで「2か月を超え3か月以下」17.6%となっている。

これを派遣の種類別にみると、登録型は「2か月を超え3か月以下」が21.7%と最も高く、登録型以外は「期間の定めはない」56.4%が最も高くなっている。


(11)時間給【派遣労働者調査】

派遣労働者について、現在就業中の賃金(基本給、税込みの時間給換算額をいう。以下同じ。)をみると、「1,250円~1,500円未満」が27.8%と最も高く、次いで「1,000円~1,250円未満」27.1%となっている。

平均賃金」は1,510円となっており、これを性別にみると、1,648円1,400円となっている。

派遣の種類別にみると、登録型1,364円登録型以外1,650円となっている。




令和4年派遣労働者実態調査は、統計数値の中でも、本試験出題の本命に当たるところです。

次回もがんばりましょう。